つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

私の名前は伊東勉/名前の威を借るな。

私の名前は、この通り伊東勉でございます。 兄貴はオリンピックメダリストから名前を取りましたが、私の場合は「無事に生まれてくるとは思わなかった」という周りの認識で、名付け親になった祖父が「勉強ができればいい」から勉と名付けたようです。 この名…

産経新聞による共産党破壊工作、今回は田村智子議員に標的か。

産経新聞がいわゆる左派に厳しい態度を取るのはまぁ認識していましたが、最近は厳しいを通り越して壊しにかかるようなしぐさを見せることが多くなってきました。 田村智子議員をダシに使い、下衆の勘ぐり」入れて記事を作ったのもその一つ。政党として統一の…

「ゼロ」にできないから意思を表すし、諦めさせようとする目論みは見えたらへし折る。

今は拙稿のような意見を出すのに踏ん切りというものが必要で、あまりウケもよろしくないもの。それでも完全に誰も何も言わなくなってしまうと、その意見の存在はゼロになってしまう。 野球というスポーツもやってきたからわかりますが、抵抗する気力を失って…

「疑う」という言葉は悪いけど―市井から戦争回避に動くためにその行為もします。

土曜日の仕事は早朝勤のみ。日常の用事をして、あとは休養にあてています。とりあえず体力だけは万全に。オードリーのオールナイトニッポン聴いて、あと寝るばかりです。 普段の人付き合いでは信頼と信用を基本に相対していますが、社会の見方に関して、特に…

「敵者の意思」で自らの行動を決めていけない。

タイトルに書いたことばで言いたいこと全て述べました…で横着してだめですね。 最近の言論で「敵側に居る者」がおためごかしに“改善法”語る様子をよく見ますが、何はどうであれ「敵側」でしょ。少なくともその勢力が壊れてほしいと願っている人。その“改善法…

権威・事大主義に寄りかかり社会を壊した結果が「弱者は殺せ」容認の現況。これ、許すんか?

安倍政権が続いていた時、拙稿では「ここで苛政を止めなければ『安倍政権時代がプロローグだった』と言わせてしまう社会になってしまう。止めなければならない」と書いてきました。 残念ながら、その方向に進ませてしまっているのが今の社会。高齢者に対して…

明確になったこと、2つ。

気鋭の論者による「老害は集団自決」発言に 障害者の施策拡充要求の裁判報道に対しての「殺処分」発言 両者ともに乗ささる「同調者」。 「俺たち“普通の日本人”に至らず足を引っ張るやつは死ねor殺せ」と、この手の発言が闊歩しているのがいまの社会。 「手…

「闘う体制」壊しやしないか。

ある目的を目指す個々の結社と、多様な人が存在する社会と混ぜこぜにした議論が起きているのが気にかかる。窮地の焦りで、保ってきた「闘う体制」を壊さなければいいのですが。 激しく揺さぶられる社会の中にいる以上、無縁でいられないのは認識。だども、「…

①「俺たちの権力者」と「潰すべき弱者」に誘導された現況。軛を砕きたい②「ネガティブ思考」すら許さない権威主義者に。

1)…何かにつけて「“左”の反対にいればいい」という逆張り行為が加速している。「行きすぎじゃないか」というポイントをいくつもいくつもぶち壊して。ここまで来ると「知性そのものの破壊」すら望んでいるのか、という疑問がわく。 昼間に触れた高市早苗の…

高市早苗を「権力を振るう位置」につけてならない理由。

赤旗で高市早苗の「領収書差し替え」の件が報じられました。告発された該当の領収書を“罪から逃れるため”に差し替えるとは。 それだけでも呆れるところを、16日に「赤旗の報道はデマ・捏造」と騙り開き直り。一方で法的措置など対抗手段は「しても無駄」など…

ぞっとする。

安倍晋三でも大概と思ってきた。 だが、高市早苗の行動は、安倍や維新勢力の行動よりゾッとするのを覚える。 最大限まで警戒を。 高市に力を持たせるな。

成田悠輔の「集団自決」発言。一切の擁護を許さない上で見解+高市の開き直りにも見解。

不祥事案件があって、それに対しての意思表示を優先していましたが、ビリリと来ていた物事がもうひとつ。“新進気鋭の教授”とやらが話した「高齢者は集団自決しろ」。 これを「ものの例え」とか「問題を見てもらうために刺激的に発した」などと擁護される方が…

各々に「ついていけない」部分が―「キモい」論争。

ある問題・カテゴリひとつとっても、その中にいる方々個々の経験や環境によって見方があります。その中の“最大公約数”をもって行動していくのが社会活動ですが、「譲れない線」があるのも事実でしょう。 先週、Colaboに関しての擁護記事を記しました。これは…

個人の不祥事は個人が被るもの。“連帯責任”要るか?

同じ目的を持って行動する人が触法容疑で逮捕されました。必要な対応がされることのみ望みます。 団体の重職を持った人間のそれですから、予想通りというか「お前ら全員触法容疑者だ」と詰り、「連帯責任としてお前ら黙れ」とトーンポリシングをかます方がお…

今井るるを転向させるだけでは飽き足らず、同サポーターズメンバーをも折りに来る「今の社会」に。

今井るる離党問題、よそ様のことだから他人ごととして考えていたが、仮にも自民党の苛政を乗り越えようと思って行動していた人間であるならば、同志の人を切り捨てて自分だけ“美味しい所”に行くという行為はいかがなものか。 今井サポーターズクラブが声明を…

「富裕層&株主至上主義」でしょ、見直さなければならないのは。

富裕層と言われるお方々が、億円単位の金を転がして遊び、更に兆円単位の金を手前の影響下においてウハウハしている一方で、然るべき位置に回るはずのお金が回らなくなって、いままでできていた社会的な物事ができなくなっている。 そもそもとして。何故労働…

大阪府知事選・たつみコータローさん立候補表明。まず必要なのは行動、の局面です。

先の立憲若手候補だった人の一件については、昨晩アップ予定が「下書き」フォルダに止まっていました。遅れたことをお詫びします。 大阪府知事選挙にたつみコータロー氏が立候補を表明しました。これまで10数年の状況からネガティブな言ばかりタイムラインに…

立憲若手支部長の離党報道と雑感。

国政選挙で立憲民主党から立候補した人が、今年の統一地方選挙では自民党の庇護を受けて立候補するという報道がありました。私にとっては「他人ごと」なので、直接的に思うことはありませんが、ご自身が訴えてきたことと逆のことをしようとする勢力に降ると…

「Colabo」など、市井からの福祉活動中傷に対して回答あり。言いがかりと虐めを排して難儀さに相対しよう。

1、2日は「市井からの福祉活動者に対する攻撃」に対して一筆入れましたが、Colabo支援者から公式の発表があり、攻撃者の発言が誤っていたことが報じられました。そもそも文章の宛先を間違えて全く逆に絵図を描いた様子には呆れる他ありません。年末にColab…

2023年、年頭の挨拶。

改めて…2023年も始まりました。 年明け早々「市井からの福祉活動潰し」が激しく行われていたので、その対応を優先したことで、年頭の挨拶が遅れたことをお詫びします。 近隣の選挙戦で権威主義かつ市民からの搾取を行う勢力を勝たせてしまったことが、「難儀…

「福祉問題に取り組むNPO活動潰し」に対する見解。

1)難癖でしかない“抗議者”には一切与しない。 東京中心に若年女性の貧困救援の活動をしている「Colabo」や、貧困問題に取り組む藤田孝典氏に対し、「不正行為がある」と難癖をつけ、活動の足を止めさせる言動・行動が頻発しています。民間の社会福祉活動に…

「Colabo」壊し「貧困救援活動」潰す輩の目的は「都合いい消耗品の確保」。

未明や午後に書いた記述の通り、Colaboや貧困救援活動に憎悪・敵意が向けられています。向ける人たちの目論見は何ですかね。「女は俺たちに都合のいい存在であれ」ですか。 男性の貧困救援活動者の参入で標的を「救援活動そのものの敵視」に変えたようで。「…

敵対関係にある者の“猫撫で声”は、その後殺すためのエサ。応じるな。

昨晩触れた「Colabo」の問題もそうですし、もっと広く見れば「左」側の人間に対して、「つぶそうなどとはおもっていないんですよお」などと猫なで声述べているのいますが ① 対象物が心底屈服し、奴隷状態になってくれれば「つぶさない」だけで、そうならなけ…

「逆恨みの怖さ」の確認と、「それでも譲っていけない一線」―あえて「Colabo難詰案件」に見解。

表題に「あえて」とつけました。Colaboなど貧困に対応している方々を滅多打ちにしている行為が目にあまりまして、能はないが一緒に袋叩きに遭うことはできるか、と。 趣味を“詰られた”恨みの意趣返しに難癖つけて嫌がらせをしている、としか見えませんが、恨…

打ちのめされてもまた立ちあがる。何度でも―2022年を終えるにあたり。(3媒体共通)

1)2022年を終えるにあたり まずは、2022年もなんとか完走できることとなりました。歳を重ねる度に現れる変調に、社会の狭量化を目の当たりにして、都度都度「この先もこの場に居られるだろうか」と不安になりましたが、一方で「存在することの何が悪い」と…

埼玉飯能市の事件は他人事じゃないです。それでも自分が“堕ちない”のは。

年末進行もあるので、Facebookとブログ両方共通記述となります。 埼玉県飯能市で起きた事件。私の親戚も住んでるもので…以外にも他人ごとじゃない思いを持ちました。Facebook長くご覧なってる方は承知と思いますが、私も40代後半独身ですし、仕事も「拾って…

安楽死推進派の敵として。

今年後半から増殖してしまっているのが「安楽死推進」のご意見。反対派の意見については「納得より罵倒」を基礎に屁理屈で切って棄て「安楽死に反対する奴は邪魔」と言い続ければやがて陥落すると“期待”して、塗りつぶしにかかっている。いま安楽死を煽動し…

クリスマス…は無縁ですが、誰かを思いやれる社会には持っていきたい。

数年前からクリスマスとは無縁の生活をしています。12月24・25日といえば「ラジオチャリティミュージックソンの日」と思うことにしてまして。ま、どっちみち「誰かが誰かに益と想いを贈る日」には違いないようで。 だけども、「誰かに益を贈る」行為を嫌がる…

安倍政権の罪―「味方以外は敵」を徹底したがゆえに、反対(カウンター)勢力を壊したこと。

投稿できる条件があるときは1日複数回の投稿をします。 安倍政権以前、少なくとも小渕内閣あたりまでは、カウンター勢力の存在も「世の中に在るもの」として扱われ、全く無下にされることは年に一度くらいの「対立法案」いがいはあまり見ませんでした。 199…

「変化」という名で、防衛線を断ち切る行為があちこちに。「日本はひとつ」にはさせない。

ここ2年の国政選挙で結果を出すことができなかったことで大局的な視点を失い、目の前のエサを欲しがり、急進的に何かを変えようとする動きをあちこちに見る。 風見鶏のごとく「見栄え」さえ良ければいい、というやり方は俺は嫌いだ。 今月に入って、朝日新…