つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

金を集めてより強力に身勝手かましたい―大阪市廃止目論む維新の狙い。

私は通常の社会人より仕事をする能力が劣り、できることをてこてこ行って収入を得ていますが、人並みの生活には遠い位置にいます。ほんで、そんな私のような人に対して「給与/社会保障はこれ以上増えない。だったら株投資しろ・トレーダーになれ」と言い、…

ある問題に際して。

1)片方の意見しか表に出ていない状況でなんとも言えません。「徹底してやりあう」ことも必要じゃないですか。多少「ケンカ」しないと先に言ったもの勝ちになる。 2)絡まった糸は丁寧に解さなければならないですが、そこに混ぜっ返しに来て嫌がらせ的に余…

嫌がらせ行為を「正義」に置換してしまう痴れ者たち。

入管行政、あるいは同職員の暴力。これに抵抗する方に対して■■投げつけるような行為をする痴れ者を見かけますが、その中でもっとも愚かなのが「どんな理由であろうが“母国”に送還しろ」というもの。 少し考えればわかりますね。母国に送還されることで命の危…

要介護5でも切り棄てていい…に唖然。「安倍が序章」にしていく気か。

週末は両親の入る墓の用事で大船渡行ってましたが、帰ってきて新聞見たら真っ青になりましたね。 ええとなんですか。新聞の見出しが「要介護5まで保険給付外し/制度改変の前提に疑い 赤旗 jcp.or.jp/akahata/」。「介護保険でない別な制度(総合事業)で見…

「抵抗手段そのものを潰す」これが今の支配層のやり口。

たったの3日で国会が終わってしまいました。コロナ禍の中にある中でその対応も必要なはずですが、審議という形でそれが行われることはありませんでした。 そんな中、元官僚を名乗るYouTuber氏が「野党の質問主意書提出で予定がパーになった」趣旨の発言をし…

ハラスメント政権という性質は変わらず…端から全快のようです(蔑)。

安倍政権と菅政権は「同一の性格・目的を持った政権」と認識しています。そのうち、性格で一番頭抱える部分は「ハラスメント―嫌がらせ―を平気でかます」部分。不信感は7年の間に充分降り積もり、その中軸をなしてきたメンバーが菅内閣の閣僚に名を連ねてい…

菅内閣の役目は「従わない者の駆除+露払い」。生きている内に潰す。

内閣の構成メンバーが総じて「市民へのハラスメントを嬉々として行う」面々。くびり殺す気満々でしょう。総選挙も10月にやると見せかけて「弾圧法制定→2月総選挙」で野党支持者を壊すとかしてくるんじゃないですか。 安倍政権8年でやりたかったこと防がれ…

Facebookページでの一件について。

私はFacebookもやっています(限定公開)が、過日スパムを踏んでしまい、つながりをもつ皆様には大変ご迷惑をおかけしました。9月14日10時35分にFacebook指定のセキュリティ対応を終えましたが、それでもまだスパムが飛んでくるようでしたらご一報ください。

「ネトウヨ・ネトサポ」の存在の危険性。殺戮の尖兵になる危うさ。

自民党総裁選で菅義偉氏が選出となりました。安倍政権の継承を訴える以上打倒する相手以外の何者でもありません。 それと別なところで気になるのは…「スポーツ選手と社会に対する発言」も気にはなりますが、これも置きます。 この件と併せて『現状の多数派に…

気に障ることが多すぎて。何処も彼処も「啓発セミナー」は息苦しい。

当方は一週間ぶりの更新になります。猛暑を埋め合わすかのように強烈な雨が降り、涼しくなったか思ったら昼間はガーッと気温が上がる。この三週間で頭痛おぼえること3回。楽ではないです。 近日中に野党新党や自民党次期体制が固まるのでしょうが、いささか…

必要な行為の再確認―「自民党政治に変わる道を示す」。

テレビなどマスコミは「安倍政権の次」で盛り上がっていますが、市民からの収奪・逆行政治でゆるくない思いをしたことを実感した人間にとっては報道で扱われている菅、岸田、石破各氏いずれも信頼に値する人ではありません。 そこで求められるのがタイトルに…

「混沌」としているときこそ「市井の生活守る政治」踊らず進む。

私は“時流”乗ることが得意じゃありませんで。人様に言えるほどは賢くありませんが、姿勢と行動で信頼をつくっていくしかないことは承知しています。変な煽りに振り回されんといきましょう。

関東大震災から97年―「虐殺」を再びやろうとする輩には厳しい指弾を。

1923年に起きた関東大震災では10万人を越える人が犠牲になりました。この震災で出された教訓は、その後に起きた同様の災害でクリアしつつ、そんでも新しい課題もまた起きて…の繰り返しです。 ところが、ひとつだけ教訓を否定し、あわよくば「再来」を目論む…

「何されても安倍さんに感謝しろ」はいい加減に。内戦をやりたいか?

…タイトルで語り尽くしました。安倍政権のレガシーとやらを語るとすれば、些細な部分に至るまで殺意をはらむ分断を引き起こすのが当然という社会をつくらせてしまったことに尽きるのでは。多数者についていること自体でマウント噛ます行為は勘弁ですね。

安倍内閣退陣表明について。まだ権力の位置にいる以上緩めません。

金曜日に安倍首相が「退陣表明」しましたが、まだ権力の座に止まっているし、この会見すら出汁・演出で「続投」することもあると考えてます。いかな病気であろうがそれを「同情引きの手段」に使っているように見える時点で軽蔑の対象にしかなりえません。 こ…

◆◆野郎と同じ位置に居るな。

6月に東京の地方議会で請願提出者の個人情報をほのめかして、自身への「攻撃」をかわそうとした◆◆がいました。同調する者は一人もいなかったのだけ幸いですが、◆◆は悪びれずにヘラヘラしていた、その様子に形容しがたい怒りがわいたことを思い出します。 い…

安倍首相の状態がどうあろうと戦う相手は「反動・収奪の政治」を再確認。

安倍首相が28日に会見開くとか報じられていますが「別にどうとでも」しか感想ありません。 タイトルでは「反動・収奪」と5文字で済ましましたが、傷口に塩を塗り込む―なんて言葉が緩いくらいの苛政をこの政権はしてくれました。ただ苛政法をつくるだけでな…

虫の音色聞きながら。

昼が非常に暑く熱がたまってしんどいです。岩手はまだ夜は涼しくなるからどーにかなりますが、熱帯夜になる地域は…。なんにしても、ご無事で。 別カテゴリで厳しい結果突きつけられたんで一人反省会です。JR盛駅(大船渡市)みたいな夜でもイスある箇所ほ…

近況。

8月は元々忙しい月でありますが、加えて母の逝去、車の廃車による用事も加わり、それを体調の維持と併せて行うので記事製作のペースを落としています。何かの拍子でペースを取り戻すことはありますが、とりあえずこういう状況です。皆様もお身体お気をつけ…

安倍晋三氏の身体状況と政治がなすべきことの話。

1)安倍晋三氏の身体状況についての報道がありました。一個人としての安倍氏の健康状態は考慮した上で、氏が職務遂行に耐えられないのであれば代行をたてるなり職を辞するなりの対応をすることを検討するべきではないでしょうか。 2)氏の健康状態を利用し…

8月15日―大日本帝国では存在が許されなかった者より。

(写真は大船渡駅前の様子) 8月15日。 75年前、大日本帝国が行っていた戦争を終える昭和天皇の放送があった日。8月になると戦争に関する報道が増え「教訓をくみ取る機会が増えます。「何、こんなときばり」なんて声もありますが、思い返す機会があること…

「死んでいい」で考え埋めると「生きるため」の推進力を失わす―安楽死・尊厳死賛成者の議論に覚える不安。

2010年代から走り始めた安楽死・尊厳死賛同の議論。やまゆり園虐殺事件やALS患者殺人事件もこの空気が作り出したと言っていいでしょう。賛成者の中にいる制度反対者に対する攻撃性には鼻白むものがあります。意見の差異とは別の何かをぶつけられていて正…

香港運動者逮捕は他山の石ではない。我が身として捉えます。

8月6日広島に原爆投下されて75年、8月9日長崎に原爆投下されて75年。定型文を朗読に来た方以外は人間が犯しがちな誤り、それが生み出した惨事の歴史を認識し、それを繰り返さないと誓った日となりました。 人間が犯しがちな誤り。権力の肥大化も然りで、…

75回目の“8・6”。

惨状を忘れさせない 戦争がむごいものだ、というのを忘れさせない 当事者から渡された「教訓」のバトンは 「戦争を起こさせない」 「人間の弱さをくんで社会を営む」 実質の行動で果たしていきます。

教科書採択から見る世相。気を入れ直す箇所と自信持っていい箇所。

前回の教科書採択では反動右翼的な立ち位置をとる育鵬社の侵略を許してしまいました。80年代後半からの攻撃がそれを許す土壌をつくってしまったことに歯噛みする思いでいました。 しかし、今回の採択では逆転する箇所も。「受験に耐えられない」ところから来…

維新勢力の「尊厳死議論」の正体。殺される側にいる人間として看過しない。

「維新、尊厳死PT設置へ」jiji.com (記事中より)舩後靖彦参院議員が生きる権利の大切さを訴えるコメントを公表したことに関し、(馬場維新幹事長は)『議論の旗振り役になるべき方が議論を封じるようなコメントを出している。非常に残念だ』…」 多くの言…

生きることに難儀するのはその通りですが…それと殺処分は別な話。

予想外に早く車が再起不能になりまして、その代わりを探すのに四苦八苦しています。いやあ参った参った(泣) それにしても、安楽死議論ですか。 賛成者と反対者で認識だの前提が違うのはその通りでしょうが、「どうせ価値がない&無駄な存在だから死んでもい…

やまゆり園事件から4年。増殖する「除去は仕方ない」を打ち払う。

4年、経ちました。 2010年代は強化された自己責任論、社会福祉の弱体化を正当化するための「生産性」や「安楽死」論議―その極致がこのやまゆり園虐殺事件でした。 この愚行にたいして社会がどう見ているか。残念ながら「そういう事件が起きてもやむを得ない…

1000キロ走った終末+おまけ。

土曜日は久慈で行われた「東日本大震災復興9年のつどい」に行きました。例年3月に行われる行事ですが、コロナ禍もあり延期となったものです。影響は払拭されたわけでなく、議事進行などが例年の6割の時間。その中で久慈市長の遠藤氏による講演、商工業者…

安楽死という名の粛清を認めたら俺は生きてならない―同議論について。

今週、自民党元議員家族等による嘱託殺人が報じられました。普段は「犯罪は個々の人間の行動で、家族まで叩くのは間違いだ」という位置にいる私ですが、この一件に関してはその見方を外します。 何故か。 自民党の中心にいる勢力が、普段からしている行為は…