つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

“俗論”を以て生活保護受給者を貶める「下見て憂さ晴らし」を祓いに行く。【参院選2022】

『生活保護費引き下げは違法』の東京地裁判決。苛政を是認することが多いこの手の裁判ですが、それを跳ね返す判決が出たことには胸を撫で下ろす思いです。 もっとも、それができた時間は刹那的なものでしたが。 …それを報じるYahooニュースコメント欄、Twitt…

京都ウトロ放火犯「NoName」の犯行予告と支持する連中に喧嘩を売る日がやってきた。【至参院選2022】

私伊東は、京都ウトロやコリア学園に放火した輩の名前を記述しません。加害者に対しては“NoName”と記させていただきます。ある種の属性に対しその消滅を企てるような輩には1人間として見る価値はない、という意思を「NoName」に込めます。 で、その“NoName”…

大阪府議会ではじかれる議会内少数勢力―「少数派を敵視する多数派」が当然と見られる社会を警戒する《後》【至参院選2022】

朝に書いた「大阪府議会」記事の感想続き。 文中の「少数勢力の尊重」というキーワードに突っかかっている人が多く見られます。「多数者こそ尊重されるべきでしょう」と。こういう言い方が増えてきたのが気がかりです。 多数派というのはそのままで力持って…

大阪府議会ではじかれる議会内少数勢力―「少数派を敵視する多数派」が当然と見られる社会を警戒する《前》【至参院選2022】

毎日新聞に大阪府議会の現状を記された記事が。手っ取り早く内容語れば「少数会派にはなにもさせない府議会」。議会発言はろくすっぽできず、たまに機会を得られても維新勢力の胸先三寸でその機会を奪われる。自民分派勢力が「与党時代自分たちがそれに賛同…

猪瀬らによる維新「セクハラ」騒動は、「危害行為を黙らせる」ことに結ぶ危険なもの。【至参院選2022】

維新から立候補を予定している猪瀬直樹が、同党女性候補の体をベタベタ触りながら街頭演説をしていた、という報道。そこから「形だけの謝罪」「同僚による擁護」と並び、とどめは「被害者自ら擁護と許容」「批判者に対する攻撃」ときたものです。 「謝罪」「…

この間あったこと、様々/長いスパンで社会活動に関わってきて【至参院選2022】

※Facebook共通。 1)気がつけば、来週半ばに選挙戦がはじまり、その週末には野球の大会が始まります。後者の方は1試合見ることができれば上等でしょうか。前者については一日ひとつは用事があるので、任されたものはクリアしていきます。 2)金曜日、よう…

「苦しめる基と闘う力」を維持するのが当面の目標になります。時々の「今」を全力で。【至参院選2022】

通常国会が終わり、いよいよ参議院選挙の渦中に入っていきます。 日本共産党は市田忠義さんが議員引退します。長年の地方組織→国会議員団内でも中心的な役割を担ってきました。共闘行うにはに欠かせない存在ということで、引退を一度撤回して 再び参院議員の…

「左派を潰すことがこれからの選挙の目的」語る輩が何をしようとしているか。【至参院選2022】

※0時55分アップ分は不完全状態でした。再アップします。 ロシアのウクライナ侵攻から4か月経過。それを利用した軍拡論が巻き起こり、「問題解決を非戦でなすことを政府に命じた憲法九条」そして「軍事第一主義をとらないようにする数々の制約」が標的にさ…

一昔前の「一本化強要論」に似た響きを感じて―共産党から得票を奪おうとする動きに。【至参院選2022】

2015年以降、日本共産党は市民・野党の協力で各種選挙あるいは各種活動をしています。以前は選挙で独自の立場にいましたが、政権をとらなければ安倍政権が作り出した異常事態を転換させることができないので、行動を絞っての内閣作って対抗するという立場で…

「敵のやることの逆張りが正しい」から始める議論のやり口が国会にも―不信任案審議【至参院選2022】

立憲民主党が出した細田議長及び岸田内閣不信任案ですが、自民、公明はもとより国民民主、維新、れいわ各勢力が賛成せず圧倒的大差での否決。国民民主、維新が賛成しないことまでは予期していましたが、れいわまでもが賛成の立場に立たず。 何ですかね。 こ…

「京都ウトロ放火」「辻元氏襲撃」「コリア国際学園放火」は憎悪が産み出したもの。次には絶対進ますな!【至参院選2022】

昨日、在日朝鮮人が多く住まう京都ウトロ地区で放火した者の裁判があり、加害者有本匠吾が自分勝手な主張を展開。公式に否定された物事まで 蒸し返して「在日」に対する攻撃を続け、きょうは辻元清美前議員の事務所を襲撃した太刀川誠なる者が大阪のコリア国…

自然エネルギー施策叩き―左翼ヘイトによる誹謗の増幅…では、原発は?【至参院選2022】

2011年に起きた福島原発事故をきっかけに、自然エネルギーの存在がそれまでもより強く意識させられるようになっています。11年7月のラジオ番組で森永卓郎氏は「自然エネルギーの弱点」を批判的に紹介。これに反発を覚えた人もいましたが、自分は「これさえ…

「イコールでない」物事を=にして壊しにかかる人。自民改憲案の扱いについて。【至参院選2022】

自民党が2012年頃に出した憲法改悪案(以降“12年案”)は、あらゆる面から市民を締め付けるものでしかないから批判が起き、近年の憲法審査会では4項目に絞ったモノを「改憲案」(同“18年案”)としていますが、所詮は12年案の先行版でしかありません。 ところ…

「話し方」はより綿密に―厳しさを受け止められない現状に鑑み。【至参院選2022】

Twitterができていた頃は、あからさまに攻撃にかかっている言論に対しては強い口調で返していた。「貴様の言動でダメージを受けている」というのを分からせるために。そして、敵意を受けている人を守るために。 ただ、このような“強い意思の発意”をずっとし…

「俺たちを助けろ」は「他は殺せ」のトレードオフではないことを知りましょうか。【至参院選2022年】

先ず。 自分の役目をひとつ降ろしてきました。この様なので少しでも身体に障る出来事は辞退して楽にして、必要な物事に集中するスタンスをとっています。 さて、参院選の投票日まであと40日あまりですか。これまで10年の自公政権の苛政・圧政は間違いなく市…

「回転の早さ」に足下をすくわれて―「早さ」第一の世相を拒否する。【至参院選2022】

急に世の回転がガラガラと早くなり始め、それについていこう、ついていこうとギリギリになっている様子が目一杯に見えるように。携帯電話なんか25年前は「ポケベルから進化した最先端」思ったのが、いまやそれにパソコンが入っているような平べったい画面媒…

「弱者は“普通の人”のために死ね」に頷かない理由―数年の経過込みで。【至参院選2022】

※当初は4月にアップする予定でしたが延期していました。 ここ数年のブログ記事制作は、主に「生産性のない者は死ね」という攻撃への抵抗に費やしてきました。 最近、Twitter会社買収などで注目されたイーロンマスクが「出産率より死亡率の方が少ない社会は…

実業を疎かにしてきたツケ―愛知の農業水利の件から。

愛知県で農業用水の供給もままならない状態、という話を聞いた。この2〜3年、「ここまでは社会壊れないでしょう」と思ったことが次々と壊れ、機能不全になっている。 社会活動をしている時にポジションを問わず言われたのは「日常生活をどう守るか」。そこ…

高圧ガス保安法も「資料偽装」。いわぶち友議員の指摘と議会の意味。

国会の審議は自分たち市民・国民の生活の場に影響来るもので、恒常的な委員会だけでも10数カ所。新聞で目立つ“対立法案”以外にも一つの国会通常国会で100くらいの法案が審議されています。 今の政権与党・自民党と対極の位置にいるのは日本共産党ですが、そ…

「超党派によるAV新法」形成…の過程で思い出した「トラウマ」。

ある問題で「これまでの壁を越えた画期的な法律」だから全会一致の賛成で成立してほしい、というご意見を見た。 当事者はそう思うものだから別にかまいませんが、この数日の動きで「ビリリ」とくるものがあった。「別の問題点も必要じゃないか」と異議を申し…

禅問答。

ウクライナへのロシア侵略以来、色々な“座標軸”が壊れて、一つ一つのやり取りが機能しなくなっている。これまで壊れない、と思った方が壊れる様子も。ひとつの立ち位置を維持するのも、以前に増して大変になってきた。 ささくれだって、荒れる様子も。これま…

3・11にも、メーデーにも何も書けなかったわけ

活動の必要性、重要性は認識し、不利な状況にあるなら好位置にくるまで踏ん張り続けることが肝心なのはわかっていますが、自分自身から記事を書いていく、という力が激しく減退しています。 生きるのに精一杯なせいもありますが…これ以上は、言葉に出させな…

人間の“業”が目を曇らせ、辛い結果を呼び寄せる―山梨で見た光景と知床の海難事故

※当記事はFacebook連携記事です。 (1)少し前に「図書館行ったけどパーフェクト食らったわはは」てな記事を書きましたが、その箇所は山梨県。各々に時間制限があったので、山梨県立、甲府中央、富士吉田市(かつては県立)と回りましたが、パーフェクト達…

ロシア政権による破壊行為はじまって7週間。岩手からも「侵略やめろ」意思表示。

Facebookとの連携記事でなければ、ブログ記述をする時間をつくれなくなりました。 ロシアの侵略行為が始まって40日以上過ぎました。様々な惨状が映し出され、それに対して色々な目線で語られています。大きく根っこに置くべきところは、「権力者の立ち振舞い…

櫛の歯が抜けるように―図書館の光景から。【FBと共通】

===(1)=== 社会を充実したものにするための設備投資は数多くなされてきました。図書館や博物館の整備というのもその一つではないでしょうか。 私のしている野球の調べもの。思っただけでは先に進めるわけでなく、そういう意味では近くにある北上市…

当方ブログ記述の減少について。

2005年からSNSを書き続けていますが、記事を作る環境があって尚、記述の頻度が激減しています。2009年から3年程度、環境がなくて記事を書くことができなかった期間はありましたが、これほど少なくなっているのははじめてになります。 昨年11月以降、“残…

ロシアのウクライナ侵略。これを「破綻の一歩め」にするな。打開を。

1)ロシアのウクライナ侵略攻撃。それを正当化するために行ったプーチンの発言内に核兵器をちらつかせて恫喝する一コマがあった。支配者目線(付随者含む)に立てば細々理屈もあろうが、武器の矛先を向けられる人の目線に立てば「戦争・戦闘行為はやめろ」…

公聴会私物化からの共産議員懲罰―物言えぬ社会につながる維新の行動許すな。

国会の公聴会。マニア言われている人は、「広い立場からそれぞれなりの公益化に落としこんだを意見が聞ける」。国会言や、普段激突のシーンが多く扱われますが、基本的には昔は6割強、今でも4割少しぐらいは全会一致で賛成法案が成立する場面があります。 …

自民党たちが何を狙っているか―支配永続化のための「左翼の 破壊・消滅」。

昨日の拙稿で書いた立憲民主党の「共産党排除」。15日に立憲民主党の 国対が、共産党の穀田恵二国対委員長に謝罪に来たとのことです。そのことは評価しながら、今どういう状況に置かれているのかというのは意識し直した方がいいかと思います。 ここ30年日本…

立憲民主党の「野党協議」に対する態度。特に“共産党排除”に関する。

https://twitter.com/koike_akira/status/1493171949060898818 →日本共産党・小池晃氏見解を述べた動画つきのツイートアドレス。 立憲には、いい加減覚えてほしい物事があります。「広い箇所から支持を集めたい」からと考えが中庸に行きがちで、それだけなら…