つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

国民投票法の改悪「可決」に納得しない理由を並べてみました。

国民投票法の採決が行われ、日本共産党以外が賛成したという報道を耳にしました。立憲民主党の態度にも、のみ込めないものはありますがひとまず置きます。キレて体調崩して死にたくないので。 そもそも国民投票法が何かいうと、端的に言ってしまえば「改憲を…

オリンピック開催の可否について(210506Ver)。

オリンピック開催について殺気こもった意見応酬がなされています。オリンピック開催の意味は、色んな種目・立場の人間が一つの場で交流することにある、その一点につきます。オリンピックにまつわる商業主義、あるいは政治の道具にされている状況が目に余る…

労組、日本国憲法―不条理食う方を救う一歩目を死守する。

5月1日労働者の祭典メーデー。 5月3日は日本国憲法の施行日です。 ここ数日マイノリティが踏まれる類の案件記事を読み漁っていました。最近は自民党や維新勢力がもつ「反動主義」的な考え、それを好む人達の増長した思いが鼻につき、なまじ力を持ってい…

「市民のケア」蹴っといて「〜に協力しろ」言えるものだ。「分断やめろ」で止まるか。

ただでさえ、「人間のケアー」能力が低いところに、「目先の支持率目当てに右往左往する政権」「自分が目立とうとするあまりに必要な対応でなくイメージだけを打ち出す大阪府知事」「庶民は従わせるコマとしか考えていない東京都知事」「その大元にある国家…

「普通の日本人」でマウントとりにかかる行為、端から見れば「目愚さい」―杓子定規に「退去」求める方に。

今にいたるまで在日外国人に憎悪を撒き散らす「在特会」。力を持つようになったのは10数年前のフィリピン国籍の子ども在留に関わる一件からでした。生まれてから日本しか知らない人に「ルールはルールですぅ 恨むなら親を恨めよぉキャハハ」と平気で泥吹っ掛…

野党の候補者調整・共闘論について。(21年4月28日ver.)

SNSを始めて17年なりますか。いわゆる野党共闘論について、今のような形で進む前は「共産党がとにかく降りればいい」というのが一つの流れとなっていて、それに対しては激しく抵抗していました。正直、周りが引くぐらい。しかし2015年の戦争法強行以来、…

目的が同じだろうが「何されてもいい」わけじゃない。ある案件から。

自分は、いわゆる共産主義者で、それを「多数者の支持」によって為していくスタンスをとります。そして少数・弱者の位置にいる傾向が多かったので、それによる不条理は越えるという立場で社会運動する者でもあります。 しかし、自分が納得できないものであれ…

感染者数発表に信頼置かない。必要な検査と対応を施政者にさせるだけ。

しばらく前に検査・感染者数をカウントする基準を壊してから、毎日3時頃に流れる感染者数を伝える報道に信頼を置かなくなりました。基準次第で都合よく操作できるのでは毎日の発表の意味ないだろ、と。それだったら定期的なPCR検査で罹患者を把握し、そ…

ワーク・ライフバランス社「質問通告」記事についての批判。

国会の質問通告に関してはワーク・ライフバランス社なるものが記事を発表しています。かいつまんで言えば「官僚の残業が多いのは野党が悪い」という論調。 「中立的な立場をとる方々が意見を述べた、と見せかけての野党攻撃」 私が感じた印象はその一言に尽…

入管法改悪。「市民・個人踏みつけて苛政推進」の枠組み砕く中で止める。

当方はしばらく間を空けていました。社会活動の方で焦眉の的となっているのは入管法改悪。21日にも通過させたいというのが菅政権の意思のようですが納得しないものがあります。同法案賛成者が口に出すのは「不法行為を働いた奴は何をされてもいい」、と。果…

書きなぐり。2つの要素が絡んで悩み、それでも「踏みにじる」輩は許せない立ち位置に。

障害者のJR乗車問題。熱くなりすぎて議論にならないと考えていて、この問題に関しては目線を離して見ています。無論今ある不条理を除くという側に私はつきますが。 それ以上に気障るのは、「モノ言う人を調伏させよう」と、言い替えれば「素直で言うことを…

障害者のJR利用に関する議論を見て。“やまゆり園加害者”“ナチス”に同調するな。

Twitterのタイムライン。障害者のJR利用に関して「議論」かなり熱くなってますが、私から見ればもは議論としては壊れてしまったとしか思いません。前回の記事でも書きましたが、「とことん壊れるまでやれば」としか思えませんので、一回大爆発して鎮静化し…

立ち位置が比較的弱い人に圧殺かける状態では議論が成り立たない―障害者の移動について。

私の思いはありますが、それを話できる段階は逸してしまいました。もはやどーにもならないレベルで力関係が寄ってしまい「何を言おうがぶん殴られる」状態になっては…。 私自身はある程度の処世術を使います。社会の中にいる以上、つっとがってばかりにもい…

デジタル化法案。安倍→菅政権の悪癖/小林貴虎のアウティング行為に。

4月が始まって一週間。一連のデジタル「市民監視」束ね法案が気にかかります。 安倍→菅政権の悪癖として、「お友達」の都合のいい法律案を何十本も束ねた法律案に紛れ込ませる、というのがあります。束ねられた部分でいいものもあるのでしょうが、致命的な…

人権ないがしろにされてバカ見る社会に…ならば取り戻すために「声をあげる」。

今まで社会活動・政治に関わって、政策で対峙することは当然にありましたが、いまでは「一人間としてどうなのや」って物事が多くなりました。先頃の池内沙織さんに対するバッシングの件に関してもそうです。 拙稿では他者のSNSをコピペするような記事の作…

池内さんへの「二次加害呼込」+萩生田氏の「品のいい〜」発言。根は同じ。

池内さおりさんが受けた暴力、更に報道機関によるコピペ記事+身勝手な解釈の拡散+二次被害誘引。一部の媒体は形のみとはいえ謝罪して記事を取り消しましたが、大方はほったらかしです。SNSの記述を貼りつけるだけの記事を「こたつ記事(〜に入りながら…

他人の褌でネタをつくり「殴れ」と犬笛吹く行為について―池内さおりさんの件と併せて。

最近の新聞・マスメディアの記事の作り方に一つ危惧を抱いています。対象者を取材することなく、TwitterなどSNSで現れた言葉だけを紹介して記事を構成するやり方。正直言ってそれは取材とは言えないだろ、という思いで並べられた記事を見てきました。 そ…

高校スポーツに「韓国・朝鮮関わるのが嫌だ」と石を投げる方に。

今年初めの高校ラグビー、今行われてる選抜高校野球。 対象が“韓国・朝鮮”に関わるもの、と来るだけで簡単に石礫投げつける人が出てくる。 いいなあ、常に石礫を投げられる側にいる人は。 ひとまず野球は野球で見ろ。 それに関わって不満な事象を覚えるなら…

覆せない権力を持たせることの怖さ。一連のデジタル関係法案について。

音声入力に慣れていたらある申請作業でスマホのギガを食ってしまい、久し振りに手製で記事書きます。 デジタル関連法について情報つかめる状態になりましたが、やはりというかなんというか、「支配道具の強化」にしか行きそうにない法案なりそうで。しかも味…

私が死に損なった案件で、それ思い起こさせる言動やめてくれませんか。

千葉県知事選は前千葉市長の熊谷氏が当選確実とのこと。金光さんはじめ「新自由主義の蹂躙許さず、コロナ問題など喫緊の課題にあたる」ことに取り組まれた皆様、お疲れ様でした。 人間、野心だのなんだのは持つ傾向がある、というのは承知の上で。昔、「とに…

3月20日地震について/春先の土砂崩れに注意を。

今日は。 2021年3月20日午後6時9分に起きた地震、皆様ご無事でしょうか。一時は津波注意報も出されるなど、怖さを覚える地震でした。ここ1か月内だけでも宮城県沖、紀州地域などで規模の大きい地震が相次ぎ、そもそもとして環太平洋地域各所で規模大…

緊急事態宣言解除にあたり見解。

数日前の「打つ手なし」報道があった後で解除の報を聞いても、当事者に必要な対処をしていないから批判されているのに、それにキレて棄民政策ぶちかますのは『正気ですか』としか思えない。 この宣言単体でなく、安倍政権からこっち積み重なった「棄民政策」…

3月11日の行動より。深夜に聞いた「オールナイトニッポン」から。

3月11日。本来なら陸前高田にも向かう予定でしたが、陸前高田に入った後花粉症の症状が現れたため、以降の行動を打ち切って帰宅しました。高田には改めて訪れようと思います。 帰宅中、上柳昌彦さんが震災当時周辺の事をお話しされていたのを聴きました。上…

東日本大震災から10年を経て。【3媒体共通】

3月11日。 皆様はいかがお過ごしになられたでしょうか。私は通常の仕事を終えてから午後大船渡に入りました。2時半からの1時間は「10年前に自分が大船渡にいたらどういう行動をとっていたか」をなぞる行動を。その後は思い向くまま大船渡町内を歩いていま…

またか…「維新ファクトチェッカー」のしている反対者潰しに。

「3・11」を記す前に。 普通、二回も大不評買えば三回目は考え変えるものですが、そうする気は一切なく、このまま「一人一人の市民が意見・意見を発することを封じ込める」スタンスを続けるようなので、もう一度…いややめるまで下記の記事を提示し続けてい…

東日本大震災から10年―それぞれの被災地に赴いて。

今日は。以前からの予告通り「3・11特集記事」が部分完成しましたのでここにアップします。締め切り間近に2日作業できなかった影響で完全完成といかず、一部は前年の使いまわしにもなりましたが、気仙地区外の被災地記述と野球に関しての追憶はまとめまし…

急きょ記述。「維新ファクトチェッカー」のしている反対者潰しに。

11日まで記事書かないと書いたけど、それで済まされない事態起きたので投稿します。 大阪維新の会のファクトチェック。 あれは何? 1回目、2回目として出されたものは、維新に与しない人達が出した「政策への疑問」に対する難癖つけ、瑣末な言葉の違いを取…

3月10日前まで記事アップはありません。

…やることがたくさんあり、手が回りません。よほどの何かが起きれば別ですが。3月11日には「特集」組みます。

「反対派」封じ込めるトーンポリシングの一手法。もちろん与しません。

いじめ加害者は「加害行為を楽しむ」性癖を持ち、様々なバリエーションをもってやり込めるのを楽しんでいる様子を見かけます。言葉の言い換えなんかもそうじゃないですか。 トーンポリシングのやり方で最近見るものとして、『反対したかったら怒ることをやめ…

「家族内の性虐待」報道で「在日かどうか」しか言えない輩は議論に入ってくるな。

岩手内陸部は雨が降り注いでいました。昼間用事がひとつ増えた他はいつも通り。金曜日はは別な用事で図書館に行きましたが、何時間もかけて調べものして得たものはA4用紙1枚にも満たない情報料。寂しいものになりました。 さて20日夜に放送された報道特集…