つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

痛覚神経を取り戻して“患部”の根治を―【2021総選挙に向けて】

今日から総選挙が始まりました。先に行われた国会で、志位和夫共産党委員長は「40年かけて社会福祉が削られた」と述べましたが、加えて同じくらいの期間で露悪的な思考回路―いじめっこががヨシとされる空気も醸成されました。 今度の総選挙は、そーいう空気…

19日から始まる2021総選挙。市民+野党共闘で政権交代を。【2021総選挙に向けて】

19日、いよいよ衆議院総選挙が始まります。社会活動に加わってから27年になり、幾度も総選挙を経験していますが、やはり要求実現の最大の原動力となる「自分たちの代表を立法府に送り込む」ために、有権者の中に出て支持を呼びかける。その行為の重要性はい…

宮城県知事選と水道民営化。生存権に照らしてみれば【2021総選挙に向けて】

宮城県知事選挙が始まりました。今の村井知事は、はっきり言えば「自公・維新勢力の悪いところを煮詰めた権力強者側」の人間。大震災からの復興も、「市民の生活を支える」というよりは、仙台という大都市の面目、メンツを優先し、権力者に媚びた行為が目立…

参政権を広くしておくことと、それを嫌がる人。【2021総選挙に向けて】

Twitterのタイムラインを見ていたところ、外国に行っている人の選挙投票がしづらいという状況が書かれていました。国によっては、「コロナ感染対策と相まって対応できない」と、在外投票を大使館でできないという事態に。 在外投票と併せて、ここ十数年のス…

「労働組合も自民党支持だざまあ」という報道に。【2021総選挙に向けて】

トヨタ自動車の労働組合が自民支持に舵を切った話。 まず確認しておきたいこととして、市民・野党共闘は目的を同じくする人が共闘して行うことであって、嫌なら抜けるのは仕方がない。ただ、自民党支持で「自身の要求が実現されるのか」という疑問は覚えます…

できることが削られる「共闘」。それでもしなきゃならないわけ。【2021総選挙に向けて】

今日報道された選挙区調整の話。諸手を挙げて万歳という気分にならない理由は ①選挙戦の期間中できることが大幅に限られること ②小選挙区に立たない所では テレビ新聞などマスコミの報道が皆無に近い状態になること が挙げられます。準備を忘れたので出せま…

選挙区調整などありましたが、「目指す目標」はなにか確認。【2021総選挙に向けて】

国会では岸田首相による所信表明とそれに対する各党代表質問が行われました。 志位和夫日本共産党委員長の質問では、資本主義・権威主義社会が生んだ横暴、それに抗えない自民党型政治に対抗する「資本主義の次の社会」「ひとりひとりの個人が生きやすい社会…

ウィシュマさん事件と入管行政。権力を甘やかす行為が悪化を生む。【2021総選挙に向けて】

スリランカから日本に来ていたウィシュマさんが入管の拙い行為によって命を奪われて数ヵ月。、その間、スリランカからご家族も来て、また日本での有志の方の行動で徐々に入管行政の闇が浮き彫りになってきます。 一方で、与党を支持する権威主義者たちが、権…

「市民+野党共闘」に次の手。所詮は“希望”二番煎じ。はね除ける。【2021総選挙に向けて】

富裕層の収奪主義、アメリカ従属の覇権主義。その二つの持つ暴力性を転換しようと形成された共産党・立憲民主党の合意ですが、早速反作用的な「潰しにかかる」動きが現れました。 小池百合子氏首魁の勢力「都民ファースト」勢力が国政政党として打って出ると…

志位―枝野党首会談で目標は定まった。政権交代で日本社会を変えましょ。【2021総選挙に向けて】

9月30日に行われた日本共産党志位和夫委員長と立憲民主党枝野幸男党首の党首会談で、来るべき総選挙に向けた方針の合意がなされました。 2012年12月から始まった安倍→菅自公政権が、日本社会を私物化し、富裕層とアメリカ帝国主義に奉仕する一方で、市民の…

維新・足立による「正社員労働者」攻撃。労働者の生きる権利再確立を。【2021総選挙に向けて】

足立康史といえば、権力には迎合・従属しながら、それに従わない野党に対してはいじめっこのように尊大に振る舞うお方ということで、拙稿でも批判的に触れてきました。 その方が『小泉・竹中改革はぬるい、正社員の既得権を残した(=権利をもっと取り上げな…

「暴言」の次は「“不祥事”キャンペーン」。火の粉ははらう。【2021総選挙に向けて】

※先週水曜あたりにアップ予定でした。ズレがあるのを承知ください。 テレビコメンテーターの「暴力革命発言」の次は、共産党議員の軽犯罪法・書類送検をとってのイメージダウン攻勢。山添議員に起きた事実は飲んだ上で、最近の自公維諸勢力のとっている「野…

学校で学ぶことは『ものの覚え方なのか』、と思わされた近日の出来事。【FB・本体共通 2021総選挙に向けて】

先日資料請求を7ヶ所の図書館に出しましたが、早速4箇所から返答のメールが来ました。 よりによって基本的な事を書かないでしまった箇所もありましたが笑 複写料金を誤認してしまった箇所もありましたが笑笑 とにもかくにも前に進みそうです。 終わってみ…

八代英輝の『共産党は暴力革命』論は確信犯的デマ。当然反撃します。【2021総選挙に向けて】

9月10日のTBS・IBC岩手放送で放送されたひるおびで、八代英輝弁護士が日本共産党に対し、現在も暴力革命をする勢力であるとデマ発言。正直、70年代で行われた論争で蹴りはついてるはずが、90年代も2000年代も2010年代も同種のデマが生き残り、2020年代にも…

「強い引力」を「見殺しも仕方がない」の免罪符にするな。【2021総選挙に向けて】

社会の右傾化というのは、右派と呼ばれる人、中立を標榜している人だけに影響が来るわけではありません。左翼と呼ばれる人に対しても影響は出ます。 最近、左翼的・反政権的な考え方を持つ人が「近隣外国人が嫌い」とか述べたり、社会的弱者を叩きに行ったり…

『農業』『生活苦』―収穫期と食べ物から見えた光景。【2021総選挙に向けて】

秋になり、農作物収穫という時期になっています。ただ、最近はそれを素直に喜べない社会状況にも。 とかく、政治のなかで『売れる農業』というのがもてはやされますが、その前に『この国に住んでいる人の腹を満たす』という物事が投げ捨てられていないか。農…

「収入減負担増」の現況。やるのは報道占拠でなく国会開催だ。【2021総選挙に向けて】

過日、日本共産党の宮本徹議員のツイートに興味深い記述がありました。「不燃布マスクの無料支給」という記事、言われてみてなるほど、と。 コロナ感染を防止しつつ、社会的な行動をするにはどうしても外に出ないとなりません。そうなると必要なものはマスク…

関東大震災98年、「虐殺の反省」を潰す輩との闘い。【2021総選挙に向けて・序】

ここしばらく、自分の持っている媒体共通の記事しか書けていない気がしますが、どうかご勘弁ください。 さて9月1日ですが、関東大震災のあった日、防災の日です。調べものをしている最中に、1964年に起こった新潟地震に突き当たり、その時は新潟で予定され…

東京五輪などを踏まえ、スポーツとの関わりについて見解申し上げます。

今日は。スポーツなどに関わる別ブログ記述をやめて1ヶ月近く経ちました。先日の記事で、東京五輪についての見解を書きましたが、そこに至るまでの積み重ねも手伝って、スポーツにが嫌になり、その精神状態のまま人の中にいるのも怖かった、ということで、…

戦後76年の8月15日によせて。

大日本帝国がポツダム宣言を受け入れ、玉音放送でそれが知らしめられたのは76年前。1870年代から絶え間なく他国への侵略を図ってきた覇権主義は、それを維持しようとわずかばかりの“恩恵”と引き換えに、日本国民にも、植民地となった各所人民にも、大きなダ…

東京五輪終了にあたっての声明。【2ブログ共通】

東京2020オリンピックは8月8日に閉幕しました。今回五輪には批判的に対峙してきた者として見解を申し上げます。 一)東京五輪に対し、私は以下の理由で不信感を持っていました。 ①五輪推進者により「国粋主義・権威主義」に利用される危険性 ②商業五輪のス…

やまゆり園事件から5年。東京五輪で現れた現象と共に考える。

※7月25日に完成させていましたがアップをしないでいました。遅れてのアップご容赦ください。 7月26日といえば、神奈川県やまゆり園で大量殺傷事件が起きた日。あれから5年が経ち、この事件から社会が教訓を汲み取ったかと言えばさにあらず。残念ながら、…

東京五輪競技開始にあたり。

東京オリンピックの競技は21日から始まりますが、私にとっては「楽しみ」と言えるものは何もありません。 社会で生きていかなければならないということを考えて、以下に書く性格は抑えていますが、どうにも「当たり前、という言葉を使った同調圧力」が好きで…

東京都議選―「要求実現の推進力」を投票行動に表す意味を考えましょ。

7月第一週についてのお題3つのうち、東京都議選について触れて来ず、二週間遅れの記述になりました。 1)最推薦勢力の日本共産党が19人の当選。これまで都議選で2回連続で伸長するも、逆襲食うパターンがありましたが、今回はこれまで培った市民・野党共…

声明―名古屋で開催中の「表現の不自由展」に対する攻撃を許さない。

1)名古屋で開催されている「表現の不自由展」会場に爆竹入りの郵便物が送られ炸裂。展示開催不可能に追い込まれました。有形の形で攻撃をする行為で、「たかが爆竹」で済ますことはできない。この行為に強力に抗議する。 2)「表現の不自由展」は、今夏ほ…

母の一周忌と周りの人間模様、そして見習いたいこと。【7月第一週日和・1 3媒体共通記事】

7月5日にかかる行事は、私のプライベート、社会人野球、社会活動…何れにしても大事で、重要なものでした。それぞれを中途半端に書くわけにいかないので、母の一周忌→社会人野球→社会活動と順次記していきます。「一周忌」については3媒体共通、社会人野球…

記事製作は火曜以降に。

野球で三陸沿岸クラブ大会、 社会活動で東京都議選、 そして母が旅立って1年。どれも大事でてんてこまいで、記事を書く時間が月曜日の夜まで作れません。記事制作は火曜日からになりそうです。

東京都議選2021・投開票日前日にあたり―社会破壊を止めるための行動を。

7月4日は東京都議選(2021)の投票日となります。拙稿では市民・住民の暮らしやコロナ対策を圧迫するオリンピックを止め、今必要な施策に 力を注く…という趣旨で日本共産党、あるいはそういう政策に目を向けてくれる野党共闘候補を最推薦にしています。 1…

東京都議選―触れる理由/日本共産党への投票ご考慮を。

目下行われている東京都議選。第一義的には「東京都に住む人の生活・社会をどう作っていくか」ですが、それは多くの皆様が書かれているので私からは別角度で。 他所の自治体でいい政策が出れば、自分の所にも「良い部分は真似するべ」っていう思いやキッカケ…

何十年も続いた「富裕層優遇、市民から収奪」政治、転換しましょ。

曲がりなりに30年近く社会活動をやっていると、「どういうふうに社会が転がってきたか」というのを思い起こす場面とがあります。 コビッド19・コロナの影響で旅路に出なくなりましたが、旅路に出ていた頃は一回の食費を500円で計算していました。しかし…19年…