つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

私怨から政治活動の妨害者に成り果てた者。

 拙稿でも集中的に取りあげていますが、とにかく「口を塞ぎたい」趣旨からの選挙違反詰りが蔓延っています。それを助長している勢力、頭に浮かぶのは権力に過度に依存する者ですが、より性質悪いのが「私怨から対象勢力のすべてを否定する者」。例えば、共産党の場合長年の歴史のなかで転向・転落・離脱者も多くいますが、その中で離脱するだけに飽き足らず、「自身が受けた不満」を敵対行為で晴らしに来る人も。

 この手で目立つのが木下ちがや(異名:こたつぬこ) 。かつては市民活動の中にもいた人物ですが、対人への態度などを共産党咎められて以降は共産党そのものには敵対、「共産党を自らの存在を示す玩具」として扱うまでになりました。このお方はおためごかし的手法…モラハラといってもいいか。「とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもバカでおろかな君たちのためにボクのいうことは聞いてくれないから」というやり口。そこに結論ありきでご意見なるものぶっこんで行動を汚す。近日も「募金活動は違反だ」「共産党に警告したのに聞いてくれない」などと述べて「行動の抑制」と「共産党への誹謗」を行っている。

 該当ツイート見たけど、どー考えてもあの封筒を無差別配布はしない(そういう性質のものではないから)。で、新聞の折り込みならやるのでしょうが、それにも「党員以外にしたら違反だ」とか「党員から搾取する」とか。

 自分の私怨晴らすために、延々とこんなのし続けるのか。不毛にも。アンチ共産党の方々にはウケもよろしいでしょうが、付き合わされる方は辛いです。これも闘争の一環、なのでしょうが。

 思った以上に「このくらいは知っているだろう」のラインは違えているようです。「権力者に都合がいい沈黙」ではなく、市民有権者が憂いなくアウトリーチかけられる方向で整理整頓がされれば、と願うものです。