つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

杉田水脈、竹田恒泰―自民・右派の増長を加速させる2人の「味方しない奴への攻撃」に。

 今晩は。さっそく本題、
◆「寄らば大樹~」思考で安倍政権を支持する人に多いのが何でも「ゲーム感覚」で物事あたること。実際の社会でこんな物事のあたりかたしたらどやされるだけだが、知らない人も多いのですね。「勝負は伊東の負け」で結構ですが別の問題あることを。
 ここ数日、過剰の表現は控えながら、こういう輩に次々あたってきましたが、これまで数年分の経験も併せると「自分がSNSで書いていることがどんな影響力与えているか」知らない人が多い、それを改めて思い知らされた。また、「まねっこさん」話法というのは相手を怒らせるのに十二分の作用を果たす。それを面白いと思っているようじゃ他人と話なんざできません。友人以外にそういう話し方してみなさい。一発かまされて終いだ。
杉田水脈。差別主義者であることに飽き足らず、社会で割食っている人を攻撃し、憎悪を撒き散らしている。今回は過労死の遺族を間接的に攻撃。元々は別の党の杉田を比例区当選確実の位置で引っ張ったのは安倍総裁。渡邉美樹等と併せ「攻撃の尖兵」が役割。
 いずれ潰れてもらいましょうか。
 杉田のつっ尖った発言で「後ろ楯」得た面々が、過労死遺族と、自民党・安倍政権が見殺しにしたのを受けて後援した野党を叩く。「たかが遺族」「野党の側につくのが悪いんだよ」「朝日新聞の仲間!」-これだけで、クソみたいな言葉を嬉々と吐ける連中に、この数年虚仮にされてきたわけだ怒。
杉田水脈とその同調者、杉田を登用したいまの自民と安倍総裁。そのいずれもが陥っているのが「日本社会は安倍政権一派のもの」という思考。さっきの支持者もそうだな。無邪気に「安倍さん嫌う愚か者も、いずれ恭順する」と。しなきゃ何かペナルティか?そこまで考えのうちになっているのが…です。
◆いつか来るとは思ったが、まさか水飲む行為が批判対象なるとは。私は安倍首相のトイレ案件、批判したのはあくまでも「質問時間の時間稼ぎ」だけで、トイレそのものは何も言わなかった。
 それがこう来ましたか。
 あきれて物言えない。同じレベルの輩にはなりたくないですね。
 「絶賛炎上中なので逃げてきました」とツイート。
 いいですね、逃げ場のあるお方は。
 いいですね、守ってくれる人がいる人は。
 当方市民労働者・無産者はあなた方が作ろうとしている法律からは逃げられないのですが。
 他者攻撃激しく我が身かわいく。ふざけるな。
 ここまで、ヘイターと杉田水脈擁護者相手にしてきましたが、「かっこよくてきもちいいだろね」?塗ったくられたヘドロ払うので精一杯ですが。快感なんて感じてるヒマないよ。むしろああいうこと吐いて快感感じているのはそちらでしょう。すぐ醒めてかつ中毒性濃い快感を。
◆まるで飛行機の撃墜数誇るかのように「出会った左翼をほぼ全員屈服させた」と自慢する竹田恒泰。どんな力使ったのやら。転向というのはそれまでの自身を全否定するから激しいショックともないますがね。本人の苦しみは視ずに「撃墜数」誇る輩にね、鼻白むな。
 中には他人屈服させることに快感覚えるクズもいるそうだから、頭に血が上る思いもしますがね。特に権力方面に人脈広いようだから、「そっちの利用」がなければいいですがね。
◆今日は厳しい目線くれてやることしかできませんでした。(全体的に)熱くならざる得ない場面もあるけど、できるこったら「意見の応酬」で。そこ超えて「一個人の存在」まであいくち突きつけるような状態にはしたかないです。
 それは例え杉田水脈氏や竹田恒泰氏であろうが。
 ただ、現状は安倍政権与党から石投げつけられている状態でもあるから、降りかかる火の粉は払わないとわんないでしょ。抱き合わせで味噌糞混ぜて「味噌を打ち消す糞で食中毒」なったらアカン。そこはトーンポリシング攻勢を跳ね返してあたります。