つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

またも「身内さえ固めればいいあとは寝てろ」、ですか。有権者が動く社会を維持するためにオール沖縄・玉城デニー氏の活動に注目を。

 こんにちは。1日はLGBTなど、どういう人も生きやすい社会を、と呼びかける「レインボーマーチ」に参加してきました。とはいえデモ行進は相変わらずダメなので行事部分を二次会まで、で。その二次会でLGBTをはじめとした人との向き合い方について話かたりできたのが何よりでした。2次会で居合わせた人はほとんど20代周辺で、42歳の人間としては中々大変でした汗。相対していただいた皆様、ありがとうございました。

 明けて本日。釜石→大船渡と所用しようと思いましたが、「無理したら帰ってこられない」状態になっていたので断念しました。知己との連絡は電話で、某高校野球部投手陣はまた後で見ますか、ということで今日は静養。その中で聞いたニュースで「またかよ」と思う出来事がありました。

 「沖縄県知事選の討論会に自民・公明・維新推薦予定候補(佐喜真淳氏)は基本欠席」と。言葉で感想語れば「またかよ」しか出ませんね。ここ数年、自民党の選挙戦術は「当選した者勝ち」を基本に、自らが支配下に置いている組織を固め、その他の有権者には「寝てもらう」。寝てもらうために、広い有権者に考えてもらうようなことは避ける傾向があります。もっとはっきり言えば「安倍政権を支持する人だけ投票に行ってくれ」を最良とするやり方。

 政治は効力及ぶ範囲に居る人に影響をあたえます。それを考えれば全有権者単位で考える機会をつくったり、投票も広く間口をとる形がふさわしいはずですが、自公維陣営はその機会すら潰す、と。玉城デニー氏・オール沖縄陣営の発言機も潰す、と。こうやって選挙があることすら認識させないで「やったもん勝ち」にさせるやり方は退る。そうやって当選した名護市長は「議会答弁を副議長に振る操り人形」になったと聞きます。日本社会は安倍政権の私物でありません。それを示す政治戦にしてかないと、と考えるものです。