つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

「障害者の議論と問題解決の図り方」についての一考察。

 朝鮮人虐殺 の否定から 生活保護には烙印押せ迫られ 次は「障害者は健常者に奴隷になるよう求めている」?

 これが日本社会ですかそうですか。折れる気ないけど、こんなんばかりドガサササと落ちてきたら無思考状態→権力付属者になる人増えるわ。

 人間、矢先向けられたら怖さ分かるのだけど、矢尻の後ろにいると怖さが知らないばかりか「攻撃者と一対」と勘違い起こす。俺みたいに様々な属性で矢先向けられっぱなしの人間にしてみれば「ふざけんな」しか言い様ないですよ。

 何でもフラットに見ることの怖さ知ってほしいわ。

 「多数派/強者」

 に

 「従え/認めるものしかダメだ」

 にされたら立ち位置なくなる。しかもそれを「少数派/弱者のためだ」と言いくるめる。合意形成でも何でもない、ただの踏みつけじゃねえか。

 厳しい態度とるのも命がけ。いまガンガンに頭痛い。でも引けない。

 

―夜になり落ち着きました…―

 

 …はい、改めて今晩は。

 ブロフの一文を変えさせていただきました。ある程度自分壊しても抑止に入らないと、と思いまして「強め」の対応してきました。こましゃくれた態度とる輩も多く、ちょっと強め出ればすぐブロック、と。昨日から何人に嫌われましたかね。

 …叱りつけることで周りが見える人なら、とりあえず愚行止まりますが、そんでなく小賢しい理屈つけて続行する、と。その影響が本人だけに及ぶなら自業自得で終わらせますが、他者に影響被るし…はてさて、です。

 お付き合いよろしくお願いします。

 ツイート一旦切る前に「障害者は健常者に奴隷になるよう求めている」とのべた方。自身は幼児の母のようで、その部分では世の中にあるバリアも感じているようですが、自身のゆるくなさが他人への攻撃の方に向いてしまう。その方がおかんむりだったのが「テレビ番組で障害者だけで好き勝手に語る」部分。「健常者と一緒にさせて討論させろ」というのがその人の主張。

 ま、地域内で実行するとしたら「地域の総意と創意」が必要なんは分かります。しかし、当事者内での話もまた必要でしょう。そこを否定されると…。

 少し前に苛立ち紛れに書いた「少数派はずっと多数派の影でなきゃ(趣旨)」。 議論でも実際起きていることでも、少数派を「どうせ非多数派だから蔑ろにしていい」考える人が少なくないのですが、当事者にとって耐えられないことが当初少数派の形をとって先鋭的に現れる。多数派の、その位置に居ない人には「どうでもいい以下」の事が、世に現れる。

 「どうでもいい」ならまだマシで、解決するとなると面倒くさくもなると、圧殺を狙う人もいます。非強者も「俺たちの食い扶持が減らされる」感覚でその位置につく人もいるでしょうね。

 「総意の合意必要」なのは分かりますが、それは「非多数派を踏みつけるいいわけにするな」とも申しあげます。

 

 尚、発言の主には「障害者の誰が健常者に奴隷になるよう求めてたの」と諫言置いてきましたが、議論はしません。議論することによる先方の負担と、私の意見ではこの方を納得させられない(別な所で決裂した様子を見た)、二つの理由です。

 

◆「頭よくなければ」

 「〜しなければ」

 「〜しなければ」

 しなければ、しなければ、か。

 能力向上は必要として、ある基準にならなければ〜するな、か。それに倣えば俺ができるのは自殺だけだな。

 お断りだそんなもの。

 無能は黙れ、低能は黙れ、か。

 これについては“敵”が言おうが“味方”が言おうが許すことができない。もしそれが「共闘」論者から言われたのならそいつと一緒の場には立たない。

 「無能は黙れ」なんてのは、今の安倍政権と変わらないよ。

 …大体、「野党共闘」「リベラル」言っていた割にはそれにつながるフォロワー・フォローがなかった。たしかに私は無能である種疎まれているのは知っているが、何もできないわけではない。新手の何かですかね。

 世の中には他人を壊すのを趣味にする人もいますので、気をつけます。以上記述終わります。