つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

希望の党地方幹部の態度などSNS模様。

 お晩でございます。所用などを体調にらみながらこなしていました。できることは多くないにせよ、リタイアはしていられる状況でもありませんので。皆様はいかがお過ごしでしょうか。タイムライン、お付き合いよろしくおねがいします。

▽年始めにも少し書いたし、継続的に思い続けていることですが…ポジショントーク、てやつですか。それがどーした悪いのか、という立ち位置にいるもので、それが故の「硬さ」を補うためにワードサーチもかけて他種意見も見るようにしています。拙稿で「両面にらみ」の記述あるのはそのため。ある程度の素性も見せている以上相応の態度ももとめられますしね。ある意味“執行猶予中”でありますので。

 ほんで、周り見渡すと「筆を折る」人や、匿名化する方も多く。本人が心身ともに穏やかでいるのが一番だから、そーいうことはあって仕方ないな、とは思います。SNSは他人に対する障壁が低いので、その気になれば平気で飛びかかることもできる。意思を露にする以上反応がくるのは当然ですが、そんでも「それを通常社会でやれるのか」というのは考えていただきたいな、と。その部分で失敗した私が言うのも難ですが。

 今日は希望の党中国地方幹部(国政立候補経験もあり)の方の発言がタイムライン賑わせました。青法協に対する誤った認識もですが、その他の批判者への対応にも議論の正誤以前の問題…という態度が見えました。反面教師にしておきたいですね。そろそろネジ巻き直さないと。

 もうすでに一媒体ごとそうなっている新聞社もありますし、その声のでかさに引きずられている世相もあります。反撃の手は色々考えられていますが、大基本としての「存在を示し続ける」のは忘れずに、道を開けていければ、と思います。今日は以上。お付き合いいただきありがとうございました。