つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

安倍政権・河野外相による、社会保障を切り棄てておいてからの短絡・利己的な「専用機」要求に嫌悪。

 こんにちは、伊東です。

 現在行われている政治を批判気味に風刺する行為や立場が別な人の重病にお見舞いを述べている行為が「マシ」と思ってしまえるのがいまの社会・言論の現状。特に後者。元社会党議員やサンフランシスコ市長の訃報で“泥”投げつけられた様子見ているとね…。

 ま、「当人の復調」よりも「世間体」を気にしている部分も見え隠れしていますけどね。「反対派に揚げ足とられるからはしゃぐな」てな感じの。

 繰り返しになりますが、これか“マシ”思える空気がね…醜さあらわになるよりマシ、か。 「ホンネ言った者の勝ち」という紛い物の爽快感が「ゆるぐないところに石を投げつける」という外道な行為を正当化してきた。バカは相手にするなと無視していたら増長してきた。逆説的なものも含めて、その結果がこれか、と思うと辛いものがあります。個々人の業績…特に政治家なんかはそれが出やすいから評価出るのは当然ですが、それと「一個人として存在することそのもの」は別にできませんか。予々強く思わされます。

◇「外相専用機を」と河野外相が所望したとの報道。生活保護社会保障の削減述べた後だけに怒り呼ぶが、政権擁護者は「予算は省庁毎に要求するから外相に責任なし。文句は厚労省」という。しかし、政府内閣のスタンスは予算という形でも現れるから、制度持ち出して逃げるのは筋違い。

 手続き論としては省庁毎というのは間違っていませんが、市民向けの社会保障項目には厳しい態度をとり、一方で身内に降った反主流派言われた方の要求は易々と通そうとする。これだけでも十二分になめた態度としか言い様ありません。機動性の確保は別なやり方でどうぞ。

◇今日は系統的な記述を行いませんでした。朝になって気温低下、昨晩は雨が降っていたので、かえって道路凍らないか心配です。これから移動という皆様、お気を付けて動いてください。お付き合いいただきありがとうございました。