つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

選挙共闘。誠実に組み立てられたものには喜んで協力します。/北朝鮮ミサイル問題。一気に憎悪に持っていくな。

 改めて今晩は。昨日予告した通り、今日は極力人との接触を避ける1日にしました。とはいえ「何もしない」1日にはすることができず、ある程度の所用はしていました。暫しお付き合いよろしくお願いします。

 

◆早速ですが夕べの茨城県知事選挙の追加記述から。

 昨日は特に大荒れの記述をしましたが「極一部の“元々一緒にやる気のない”人相手に無様さらすな」「実際の活動の中で共闘が壊されたわけでない、書き方気をつけろ」という意見いただきました。昨日の記述がまともではない、不快振り撒いたことはその通りです。

 現行行われている野党市民共同の取り組みそのものは必要と認識しているし、その立場にいる方々は「一本化強要論者」みたいなことは言わないので、一緒に歩ける方々とは誠実にことにあたります。その部分で昨日の記述はイラつかせたと思います。申し訳ありませんでした。

 その一方で昨日などに表れた「強要派」には正直言えば不信しか持ちません。たしかに、反原発を目的とした行動者で「それが第一」ではあるのでしょうが、都合のいいときに、都合よく立ち振る舞う姿には些かならずのイラつきを覚えます。どれだけの人が「市民的な要求をもとにした統一候補の擁立」に骨を折ったか。様々な段階を経て鶴田さんを選んだ。「橋本氏には“下りろ”しか言われなかった」いう話も。一連の苦労も知らず後出しでズガズガ割り込み、机に足乗せて我儘語るようなやり方にカチンと来たわけです。

 もう少したてば当事者による声明・検証も行われますし、今回はここで筆止めますが、変化見せながら進める共同に「強要派」の方が着いて行ってません。言い分・行動様式がワンパターン。あまりに度が過ぎたら起こるのは当たり前だと指摘して終わります。

◆…今日は対人では誰とも会わないようにしたかったけど、母と兄はそーいうわけに行きませんでした。15年時みたいに油断して1ヶ月寝っぱなしとか、10年前みたいに大会直前に事故で不参加いうのも繰り返したくない。心身共に9日にはベストに持っていきます。

北朝鮮がミサイルを飛ばした件。昼間にもひとつ書きましたが、加えれば北朝鮮は100数十ヶ国ですか、思った以上には国交を持つ国があるわけです。そこら通じての取り組みだってありますし、何より関係5ヶ国(日韓中露米)で「社会の中に取り込む」やり方を。 あと更にひとつ語れば「朝鮮にルーツを持つ人に対する憎悪を許さない」。朝鮮の人が南北日とバラバラになったのは抑圧をしき支配下においた日本にも責任はあります。何もかも都合良く考える輩は「僕無責。悪いのみんな略」語るのもいますが、恥ずかしいと思いなさいよ。

 

 …タイムラインすくってみただけでも…出るわ出るわ、朝鮮民族に対するうす汚ねえツイート。

 あまり人のこと言えた義理じゃありませんが、SNSは全世界に公開されていますので、当事者にも、その攻撃者にも目にし、“攻撃性”呼び起こすことがあります。こんなこというと「キレーゴトー」とかいう人もいますね?じゃ2つ。

 ひとつ。あらゆる場面とらえて抑圧をし続けたものは、立場入れ替われば逆をされる。どっちも許せないことだがひとつの事実。

 ひとつ。ある部門で虐殺成功すると別部門に波及する。ナチスのT4→ユダヤ人虐殺。

 私は障害者でもあるので、こんな空気造成されて殺されたくはないのですよ。殺しに来るなら抵抗はしますが、抵抗させないシフトは組むのでしょうね。そーいうことする輩は。そんなもので小火の内に叱りつけてヘイトの芽を摘みます。この部分では屁理屈受け付けません。

 

 北朝鮮ミサイル関連で国会の「抗議」が審議されるが、以前に一度、共産党社民党が乗れない文面を多数決で押し通したことが。両党をやり込む材料にできたが、国民の総意という大原則を踏み外し軽いモノにしてしまった。「支持率」目あてにやりかねない空気も。厳に慎んで戴きたい。

 「安倍政権の堕落は限度を知らない」…今までの人類史から教訓くんで行ってきた「権力の制御・制限」を次々取っ払い、「この道しかない」で何をしようが守ってもらえる状態に。そんな中でも動かにゃ世も変わらないので毎日石を積んでいきます。お付き合いありがとうございました。