つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

SNSアカウントだから愚行は許されるのか−様々な意味で「堪えながら」の歩みを。

 おはようございます。昨日はツイート一切無し。何分行動に制限ありまして、意見発信するには体力気力振り向ける余裕がありませんでした。所用重なるので、記事製作は薄めになります。ご了承ください。

▽NHKニュース。国家公務員の労働問題について扱う報道がありましたが、置かれていた力点は「野党の国会質問対応のせいで労働強化」。体制が薄かったり、専門性考慮しない省庁再編を見ずに、とにかく「野党のせい」ですか。省庁ヒアリング報道もしかり。何か悪意入ってませんか。

▽政治家も活動家も、一々の市民も。攻撃対象を本人だけにせず、その周り―例えば家族、会社、地域などコミュニティ…そこら辺まで“人質”とって「周りまで迷惑するよなぁ?」と睨み付ける。「ゲス・クズ上等」だとしても、一線越えていないか?俺が「別主題」勇退考えたのそこ。

 少し荒ぶっていたとき、先方アカウントの大抵が発した言葉は「ツイッターごときで本気になるな」。実社会の自身とアカウントの自身とは別人格、とでも言いたいのでしょうが、ご生憎様そんなのは通用しない。所詮は「同じ脳みそ(意思)」。どっちも自身の発意。アカウントだから、とごまかしなさんな。

 で、私は政治家でもない、芸能人でもない、ある種自意識過剰の変態(by兄)。実名でやっているから阿呆やればやった分のリアクションはきっちり頂く。そうして世間との距離見ながら発意をしていく。楽じゃありませんが、一般的な社会で生きるのはそういうことでしょう。それが、影っこから石投げつけるような行為をする。ま、格段の差のある相手ならその手法もありでしょうが、そうでない部分でこの手法にハマって気楽に他人攻撃できる快感を得て暴れる。更には実害も。いまタイムラインで見かける「弁護士に対する不当懲戒請求」も(制度上匿名はできないが)。

 で、不当懲戒請求の件ですが、請求者側の言い分として

 1)弁護士の反撃は懲戒請求を封じ込める

 2)「強者」の弁護士が「弱者」の請求者を虐める

 3)「反社会行為(例:朝鮮学校に関する施策)」の味方をするのか

 …目についたのはここら辺ですか。当然何らか手は打ちましょ。

 今週末、来週末に絶対欠けない用事所用あるから、この部分ではなんとか踏ん張りますが、ちと反動が怖いです。一回やらかしていますから。そん時と同じような状態なので、何もできなくなる事態にならないように気をつけます。