つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コビット19報道におぼえた危惧。見棄てることを当然視するな。

 2月初頭にコビット19の蔓延が伝えられたとき、何が気分悪かったかといえば「平均値より劣る存在」に対する蔑視。このときは中国武漢関係者、あるいはクルーズ船など海外からの帰還者が対象でしたが、その攻撃のおぞましさを見て「ああ、いずれ回ってくるわ」と思わされる事態に。何日か前から生活保護者への攻撃がまたも始まっている様子には寒気を覚えました。
 昨日4月1日には「全世帯にマスク2枚/世帯」なんてのが報道で流され、更に有識者会議?でしたか。「トリアージ」を言い出しました。極致の事態の時には止む無しですが、ずいぶん早くに「医療を拒否するかどうか考えろ」と言い出しましたね。
 頭に浮かんだのは「特攻隊志願問答」。様々な圧力で同意させといて、おもてっ面には「自発的な志願です」ってさせたあれ。笑わせんな以下略です。それと同じにおいを「トリアージに〜」に感じました。なるほど究極の判断下させるからその負担を云々、という理屈は分からないではありませんが、では医師免許とはなんでしょう。更にいえば「日本ノタメ」?そういうふうにして、生存確率の低い人を棄てて知らん顔するか?「医師のためだ」という方便で、その実にある「切り棄て」許すような言葉は慎んでいただいたい。緊急時だろうが。

 切り棄てられる位置の近くにいるし、実際悪意の目線にもさらされたことはありました。いじめられっこの経験もありますので「どこかで止め入らなければ悪意は止まらない」ていうのも認識しています。トリアージに関しても「そこに至るまでにすることは山ほどあるはずで、たしかに“重たい”話ですが、いきなり最後のカード切ってどうすんですか、ということで先のような記述をしました。
 私自身はまず、気ぃつけるところから頑張ることにします。病気はかからないのがなによりです。皆様もどうかお気をつけて。おつきあいいただきありがとうございました。

『【速報】安倍首相、全世帯にマスク2枚配布!』に(3)。

 さすがに支持者でも擁護できず、「批判者批判」あるいは「こじつけ(Dappi2019氏の「一世帯平均2人」)」で、「それでも安倍さんしかいないんだ」という空気づくりに懸命なようです。いいです。やりたければやればいいでしょう。止めません。

 ただ、これまでは利いてきた手法が有害である…「やったふり」が実効無きものだったり、「野党/左翼よりマシだ」という精神回路が自身の腐った行為を免罪したり。

 まだ上記行為が巾を利かすのでしょうが、それに潰されないように「転換」示して歩きます。

『【速報】安倍首相、全世帯にマスク2枚配布!』に(2)。

 コビット19じゃなくて、心筋梗塞で死ぬわ。

 (血液逆流する感じで…)

 大貫某氏が「他にも施策やっている!」と擁護しているし、あと2時間もすれば他の擁護者も現れましょう。

 絶対にこんな政権に殺されたくねえ。

壊され、荒れた社会に。目指すものと最期意識しながら歩き続けます。

 年度、変わりますね。「3・11」のあった2011年含めても、こんな先行き見えない暗い気分でむかえた4月1日もありません。
 まあ、私自身のやることは変わりません。私の生活サイクルは、くしくも「外出してコビット19をもらわない」って意味では最適なものですから。問題は社会。80年代から続いた社会保障切り棄ての“行革”路線、90年代からの労働者搾取強化路線、00年代はそこに「自己責任」という軛をはめ、10年代の安倍政権による反動&社会私物化で、市民を守る仕組みは粉々にされているのが現状。
 それでも粉をかき集めて形にして、残っている手段でたたかっていますが、板子一枚下は地獄ってやつギリギリで抗っています。

 元々荒れていた世相ですが、コビット19の蔓延・安倍政権の愚策も加わって、どっこもギヅギヅづう言葉が巾を利かす羽目に。あまり度が過ぎるとまずいのはたしかなので、「相手に聞こえる言は意識し直さないとわんない」とは考えるようにしています。
 しかし、もうひとつの思いも。正直、7年もこの調子でやって来て、理屈云々以前に存在そのものが気に食わず、「野党&左翼の反対が正解だ」と無邪気・無思考に言い放ち正当化する状態なら、いっそ「行き着くところ」まで行ってしまえばいい。どこまで耐えきれるか。安倍政権成立後かなり“その前”より政治家が最低限踏まえなければならない規範壊されているのだけど、それでも気づかねば、気づかないで壊されたぶんだけ自分が苦しくなるだけです。
 私としては、自身の言動には気をつけますが、荒れ模様の世相は放置します。ヘイトには黙りませんが、止める気は起きません。

 3月の別な持病確定後、以前に増して“最期”を意識するようになりました。更に墓を立てられず、私の部屋に保存していた親父の遺骨を母方の実家の墓に納めることが決まったこともあって、その思いは加速している部分もあります。
 とにかく生ききって、足跡を残す。生きること自体疎ましく思う輩もいますが、そういう輩の一番嫌がることをして、社会転換の足場をつくっていきます。
 今日はいつもより長文なりました。おつきあいいただきありがとうございました。

志村けんさんの逝去。

 なくなられた原因がコビット19、ということも重なってショックの度合いが大きい事態になりました。

 志村さんと言えばやはりドリフターズ、ことに「8時だよ全員集合」を抜きにしては語れません。私が小学校期まで放映されていた同番組は、月曜からはじまって気忙しく動いていた1週間の疲れを和ませるものでありました。そこからの志村さんの芸歴などは私が語るまでもなく大きいものですが、こういう形で急になくなられることは残念だし、本人も無念と思います。「余生」というのを送らせたかった…。

 別の角度から見れば「検証」が必要なこともありましょうが、それはこれからの社会発展で越えていくものであります。心よりのお悔やみを申し上げ、今項を閉じます。

 志村さん、お疲れさまでした。

ハラスメントを武器にする安倍政権とは言えここまでやるか(4)。

 「和牛商品券を」「魚の以下同文」では物足りないようで更に首相夫人の「桜を見る会」を彷彿とさせる宴会。

 26日だけでもカチンと来る行為が相次いで目の当たりにし、沸騰している状況下でだめ押ししてくれる  が現れました。

 なんのことはない安倍首相本人でしたが。自分の時計を見せびらかしながら指をさして「時間だ時間だ」とおちょくっている様子には『覚えてはいけない感情』に見舞われそうになりました。ただでさえ何ですか、「党派的」云々と己の改竄行為などを行為正当化したあげくに挑発行為とは。その行為は一ヶ月ほど前に警告くらったものですが、治す気は無いようです。

 こうも複合的に虚仮にされる行為続けられて、いつまでも黙ってくれると思われるのも悔しい話です。

 こういうのを系統的に7年続けられてきたから、積もるものは積もっています。日本社会が百年単位で壊れる前に気づいてください。

嫌がらせする輩だろうが位置いるなら仕事させる。できなければ失せろ。

 1日で4つも記事飛ばすことになるとは思いませんでしたよ。くそ下らねえやり方を2つ、更に反省なぞクソくらえの社会私物化行為続行をひとつ。ふざけんじゃねえよ、と頭に血がのぼります。

 ほんだども、そういう政権であろうが役割にいる以上は仕事をしてもらう。その立場で行動しています。

 ですが、今日のような行動を立て続けに飛ばしてうひゃひゃうひゃひゃ言って恥じないようだば消え失せていただけませんか。「ソレデモ安倍サンシカイナインダ」なんてのはいい加減通用させていけないです。「安倍政権しかない」貫くために社会自体壊すか。

 どっちがいいか考えることです。

ハラスメントを武器にする安倍政権とは言えここまでやるか(3)。

 「和牛商品券を」「魚の以下同文」では物足りないようで更に首相夫人の「桜を見る会」。

 再再度。

 誤解だ別部門だ云々言う前に、怒りを買う行為されて数時間も経たないうちに同じ行為されて面白くない。

 批判されるのを「中傷される」と誤変換したあげく、自身がなぜ批判されるか分からずに、批判する人に対して逆恨みし、ハラスメントを叩きつける行為をこれ以上許したくない。

 理性が残っているうちに気づくことです。それがいつまでも保つ保障はないですよ。

ハラスメントを武器にする安倍政権とは言えここまでやるか(2)。

 「和牛の商品券を」の次は「魚の以下同文」と来たものだ。

 誤解だ別部門だ云々言う前に、怒りを買う行為されて数時間も経たないうちに同じ行為されて面白くないわ。

 再度言う。

 嫌がらせなら政治に関わるのをやめろ。人が正気でいられる間にな。