つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

沖縄県知事選挙。携帯電話料金に関する佐喜眞陣営の公約提示にはふたつの不誠実な行動がありました。ことに「チラシをつくったやつが間違えた」には党派以前の問題で腹立つ。

 こういう選挙戦で出されるチラシは陣営内の認識を一致させてつくるものです。私の関わる陣営ではありえないのですが、安倍政権を支持する勢力では最近こういう案件多いです。『ウケ狙いで?印つくような物事を語り、それ批判されたら配下の者に責任押しつけて逃げる』やり方。以前も何かありましたね。

 そうやってでも■■みたいな言を吐き出して、世の中かき回して、自分は安全地帯に逃げる。いやあ、いい根性してますわ。「切り棄てた者」はすべて大人しく死んでくれますか?まずはそこから考えてみなさい。

 あくまでも「政治で対応可能、あるいは責任を持つ箇所」で社会の問題点を越えていく行動を、で頑張ります。

何をしても「安倍さん支持」、自分に不利になろうが「安倍さん支持」、更には着いてこれない者を惨殺する空気。耐えられませんで抗します。

 今日は。

 しばらく軽いパニック起きやすい状態になっていました。あまりにも自分の怒りの限度越えたオダヂバカ見せつけられると、正気を保つのが簡単でなく。

 日曜日にバラバラと記事を書きましたが、単に安倍政権を支持するのでなく『俺の嫌いなハンニチサヨクを虐められればいい』といじめっこのやり口をとことん使う者。“強い人たち”には逆らえないからそこにはへつらい、自分がへつらう以上は強いままでなければ困るから、その位置にいさせるために、それ以外の勢力はひたすら叩く、叩く、叩く。

 しかし、いくら叩いたところで実際楽にはなりませんから、しんどい状況が続く。それを「悪いのは反日なんだよ」で悪意を重ね塗りされて、実際には助けになるはずの勢力・安全装置をせっせせっせと壊す。しかもここに「悪いのはそーいう行動をしなかった(※実際はしている)野党が悪い」という塗り込みまでギットリとして、何をしようが野党悪い、何をしようが安倍さん偉いとしか考えられない“永久機関”を積む。

 拙稿はたしかに安倍政権とは対立する位置にいますが、批判が必要でないものまで批判しない。しかし、安倍支持ネットサポーターは先に言ったような「安倍政権保持のためなら敵対勢力を壊す」のを主眼にしているから、自分の利益壊れようが「野党が嫌がるなら僕は賛成」と平気で語ります。

 2年前のやまゆり園事件だったり、Twitterタイムラインでは生活保護ケースワーカーを名乗る者による生活保護受給者ヘイトも少なくない支持者の歓声を得ています。社会の中で取り残された者を死んでも構わない状態に置く行為は、国家至上主義の元他者を攻撃し征服していった行為と平行して行われました。その状態に至ったら第一に殺処分対象者になる人間としては何されようが黙らずに抵抗していきます。

夕方の「相模原市ヘイトについてのシンポジウム」、「無事終わった」安堵と、凶暴性に基づいた危惧。

安堵→何のことはありません、無事に終わったことがです。後述する輩が何かすると思っていたので。

失望→日本第一党の地方幹部が、行った行事でなに機嫌悪くしたかわかりませんが、組織決定した行動方針を自ら破ろうとしたこと。具体的に言えば前述のシンポジウムに殴り込みをかけると言い出し、自ら出した「シンポジウム参加禁止」を破ろうとしました。流石にこのやり方には構成員も納得しないようで、シンポジウムは無事に終わりましたが、気を抜けばこんな本性を簡単に表すので、この方面での野蛮性に気をつけて対峙していただくことを願います。

「安倍さんはどんなクズな反日左翼でも粛清しない!誰だ独裁というのは」←そういうことをしたら流石に引きずり下ろされるだけの抵抗力があるからです。失えば粛清やるよ。

 安倍氏みたいに端から…というのもいますが、どんな善政、あるいは苛政を払った“英雄”でも、緊張関係を失い、己の力のみを誇示する状況なれば簡単に堕ちます。

 逆に共産党の志位委員長のように、行動を絶えず見られ―例として、党大会決議案案は数ヵ月単位で党内で練り上げられる、委員長職にしても中央委員に投票・選出されなければなれない―緊張関係があれば役職利用による身勝手はできませんで。

 まして、安倍政権の場合はどんなに社会からの異義申し立てが出されても証拠を壊して無かったことにしたり、息のかかった部下に物事ねじ曲げさせたりして自分自身とオトモダチだけは絶対守る。それだけでなくネットサポーターに異議申し立て者を攻撃させる。権力傾斜を考えましょうか。

 ネットサポーターはよく以下の口上を使います。「共産党・党員は安倍さんに感謝しろ!普通ならお前らは殺されてんだぞ!そうしないのは安倍さんの功徳だ感謝しろ(以下略)」と。それは威張ることか。最近は石破氏に投票した自民党員にも同じことを言っているようで。いつまでも“君たち”は殺されない対象でいられますか。少しは言葉を慎むことをお考えください。

相模原市で行われる反ヘイトの学習会に連帯し、同時に予測される日本第一党構成員の襲撃には警戒します。

 前者。拙稿では都度都度述べていますが(類似事項)例えば火。火を使って暖まったり食品を加工するのは一向ど構わないですが、その火を使って他人を攻撃してはわんないですよね。

 言葉にしてもそう。言葉は意味を伴って発せられるから、人間社会の発展には貢献します。が、存在を否定する悪意を叩き込めば、相対者及びその属性の人にダメージを与えることもできます。

 ヘイトスピーチってのは後者の極致なんですよ。だから厳しい態度をとっている。ましてやヘイトスピーカーがいじめっこのような愉悦感に浸っているから、誰にとっても得がない。

 加えて。日本第一党はじめ、いわゆる行動右翼と分類される面々は様々なお題目を立てて行事を行いますが、ほぼ全てヘイトを語るための出汁でしかありません。主張のみならず、その立ち振舞いにも嫌悪感しか持ちません。その第一党の地方幹部が「今日夜に行われる“反ヘイトのシンポ”に第一党関係者は関わるな」と発信しています。

 ま、所詮はアリバイでしょう。何か事が起きた際の。

 来なきゃ来ないで「walkaway」ですし。

 どっちにしろ、彼らは高笑いしかしない。

 そういう「フツウノニホンジンイガイハおもちゃデシカナイ」輩に遊ばれたくはありませんからね。こちらも徹底的に戦い、克服していく取り組みし続けます。

※23日夕方時点でアップしましたが、文章が乱れていた部分がありました。お詫び申し上げます。

LGBT問題にせよ貧困問題にせよ「関係ナイ人ハ関ワルナ」という中立至上主義者がいるが、その言葉は「見殺しにしろ」と同義。俺は与しない。

 定型にしている言葉ですが、社会全体から見れば非多数側が抱える難儀さは、当該者以外で想いを持つ人が一緒になって行動し、その賛同者を拡げることでしか解決しません。それを「当該者だけにしろ」というのではなぶり殺しにしろ、としか思えませんね。

 「walkaway」運動はそれをさらに進める見殺し推進運動と言えるもので絶対に主流にさせてならない、潰すべきモノです。そういう趣旨でwalkaway運動とは徹底的にケンカします。(私伊東は当面この形でのみ対応します)。

「左翼はすべてテロリストだ」と語る輩にふたつ(前編)。

 ひとつ。

 安倍政権支持者は左翼にいる人間をテロリストと呼び、いまの社会が持つ欠陥を指摘・改善することを日本人ヘイトと呼び、そのために行う行動をすべて屁理屈をつけて忌避させるようにしむけてきた。安倍政権の施策が“オトモダチ”だけが報われ、大多数の市民労働者を蹴りつけるものでしかないから、政権を維持するためには対抗の勢力を無くすしかない。それがゆえに先のような「反安倍潰し」を、いじめっこ感覚で愉悦的・嗜虐的に行ってきた。時には反安倍を掲げる人のセンシティブな所に手を突っ込んで壊すつもりで。

 それでいて何だ、「左翼が反日が〜」?笑わすな■■と述べておく。

 ひとつ。

 あまりに愉悦的・嗜虐的な言葉投げつけられ続けて、いつまでも平然とした面でだけしていられないの。しかし安倍政権支持者は散々袋叩きにしておきながら、やむにやまれず防衛的な行動をしたときに有らん限りのでかい声で被害を訴える。分かりやすく言えば被害者面して殴られたと泣きわめく。転び公妨(わざと転んで、対象者を公務執行妨害で逮捕させる公安警察の手法)真っ青の演技力で。

 自分の要求を実現させる行為を安倍政権与党や権力強者に委ね、自身はそれにおっかかり、ただ罵声浴びせていればいい、と考えている安倍政権支持者も少なくない。だが、そうじゃない方の人間にとっては要求実現を他人に頼ってばかりではなされないから、当事者とも相談しながら実行機関にも働きかける、社会にも働きかける。よく「デモだけするな」「署名だけするな」などと言われるが、上記に書かれた行為の一端を見ただけで下らねえ茶々入れるな。要は嫌がらせして嫌気差して動き止まればいい、だけが狙いだろ。

 もっとはっきり言おうか…と思ったが、文字数がかかりそうなのでエントリ分けます。

「左翼はすべてテロリストだ」と語る輩にふたつ(後編)。

 もっと言おうか。

 何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も侮辱吐かれ続けて平気な面だけはできない。「こいつらまとめていてもうたろか」と思うこともあります(これでも表現を押さえています)。しかし、それを実施した場合どういうリアクションが起きるか。一周ぐるりと考えるとアホウなことをやろうとは考えなくなる。沸点が低い私にとってこの対応でなんとか対処していますが、このサイクルが回りきらないうちに次々と重なったら…処理しきれますかね。

 いま、嫌がらせ上等の一次発生している様子を見ると、こうして悪意をばらまいているうちに、誰か悪意の虜になった者が愚行をやらかすことを狙っているんじゃないですかね。そこも含めてこんな■■の思い通りになる気も、させる気もありません。以上述べて項を終わります。

日本社会に欠けている、足りない、直した方がいいと思い厳しい言を放つ行為を「日本人差別」という被害者気取りの言葉で受け止めるのやめろ。

 これが基で議論すら成り立ちません。

 あり、本文よりタイトルが長い。

 Twitterやれよ←全アカウント凍結、復帰強行もすぐ凍結、私の心身の影響でアカウント復活を諦めました。

沖縄県知事選、真の意味で広い県民に目を向けた玉城デニー候補に一票託す人を多く/自己中の「walkaway」運動に激怒。

 今日は。三連休いかがお過ごしでしょうか。社会活動の方面からはやはり沖縄が気になります。お手伝いができる手段が少ないのが申し訳ありませんが、「苛政を市民に押し付ける傀儡」にはさせない、地域の意をくみ、その姿勢で問題に取り組める玉城氏に知事になっていただきたいと語り続けています。

 佐喜真陣営による投票の秘密もくそ食らえ、地域ぐるみと思わすために学校の前に「〜高校は応援」等という提示も行う。苛政に力を与えるためになりふり構わない姿勢行動があることは伝わり始めました。しかし、選挙に勝つには有権者から票をいただいて相手を上回らなければならないのが現実です。

 どんな社会つくりたくて玉城さんに意を託すかを話して、んじゃ一緒にやんべど、投票すんべど(沖縄方言わかりませんすみません)いう行動に尽力を、その活動に注目してください。

==================

 少しパニック状態にいるのでこれだけで。

 理由ですか。

 どんなクソみたいな事象も、安倍政権守るためなら許される。まして「walkaway」運動のクズさ加減には怒りのメーターが振り切れる思いでいます。

 いま多数派でいられるなら、顔踏みつける行為も平気でできるような輩に大手を振るわせない。とりあえずこれで文を切ります。