つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

日韓「レーダー照射」問題、打ち切りはないでしょう。最低、戦争や断交に持っていかせない取り組みを。

 夕方、雪かきすんべど着替えしている最中見たニュースに血の気が失せてしまった。自衛隊側が出した「証拠画像」だそうだが、あれの何で証拠になるのか全然分からない。そんで「協議打ち切り」と来た日には「はえ」しか言葉が出ない。

 「敵意の焚きつけ」はこれ以上勘弁願いたい。いま日韓がやらにゃわんないのは「これ以上の状態悪化阻止」であり「支持集めのためのアピール」じゃない。ことあるごとに属性を基にした悪罵投げつけ図る…それを権力に近い者がするのは嫌悪感しかおぼえない。

 ただ、この空気がすぐ変わるとも思わないから、気づいた人からそーいう行動していきましょ。

愛知県知事選、京都府亀岡市議選など、あらゆる機会で意思表示を。選挙・投票できることを維持するために。

 表題に記した二つの選挙戦。京都府亀岡市議選は田中ゆたか、三上きよし、並河あい子、長沢みつる4氏を最推薦。直前に荒木克幸さんが逝去する事態になりましたが、市井の場からの政治要求実現と、それをジャマする安倍政権の苛政と闘える4氏を議会で働かせていただきたいです。

 愛知県知事選では河村たかし氏等が持ち込んだ牽強かつ強者には媚びる政治を打破せんと行動してきた榑松(くれまつ)佐一さんが立候補したたかっています。河村氏らの独自勢力は惨憺たる有り様ですが、こういう勢力は生き残るために時の最大強者と手を結びます。愛知は有数の経済拠点で財力は相応にありますが、それが市民に回っているとは言い難いものがあります。

 最近気になることがひとつ。「アンチ野党・アンチ左翼」でモノを考える方がある点に目をつけていることに。それは供託金没収。「勝ち負けはもう決まっているがそれだけではダメだ。供託金没収に追いこんで共産党を“金”から追いこめ」と言い出す方も出てきました。ま、いずれ出るとは思っていましたがあからさまになると不快感しか覚えませんねえ。

 都道府県の部分で見ると少人数選挙区も多い影響もあって、多数者の自民党が勝ちやすい構図なっているんですね。要求実現にはその構図が大きな壁になるから、あらゆる場を使ってそれを通す取り組みが必要。中には「国政と縦断するテーマ」もあるからそれも扱う(実施する場合地方行政も関わるわけだから無視はできません)。各種選挙ではその意思を示して「〜やりたいから力を」と呼びかけて支持を集めるし、それを通じて推進力を得て実現のための他の行動にもつなげる、と。

 「国政関係ない」とか「勝ち負けは決まっている→供託金も奪え」などは、推進力つけられると嫌な方々が陳腐化に務める方々がこぞって使う手段。根本には森喜朗元首相が述べていた「有権者には眠ってもらいたい」のそれですよ。権力との力関係でいえば安倍政権がかなりもってしまってますが、それでも怖いと感じる者が“完封”を狙って追い打ちを図る。供託金奪え、地方議員を落選させろ…はそういう所から現れるんですね。

 こういうしらみ潰しの行動、ついつい軽視しがちですが侮ってわんないですよ。いまは非服従者潰しで“済んで”ますが、拗らせれば選挙の実施にも関わりますからね。最近、あちこちの国で「人為的に作られた与党のみ議会」が存在しますが、その前段階で対抗勢力を潰し、多様な意見が寄る議会が蔑ろにされる行為があったりします。憲法にある「不断の努力」はいま試されている時かな、と考えます。身近な議会が何をしているか見ていただくこと、拙稿最推薦者の行動を見ていただくことを願いまして(リンクなくてすみません)項を終わります。長文おつきあいいただきありがとうございました。

県民投票求める元山さんのハンスト断念、死んでくれることすら要求するクズには軽蔑しか覚えない。血圧の急変動なめんな。それで人死ぬわ。

 死んでしまうと何もできなくなりますんで、中止はやむ得ない判断です。「テロ」とか「穏当な手段を」語る方いましたが、残り時間ととってきた行動を考えるとやむ無し。一々に服従と沈黙を要求する方々は何をしても「ソレハダメダアレハダメダコレダカラぱよくハアッハハー」としか言いません。いまはそういう斜に構えた姿が主流なんか知りませんが、いい加減程度わきまえないと社会潰してしまうよ、と警告します。

辺野古基地建設問題で県民投票実施要求ハンストに「テロ行為」と難詰する安倍政権支持者・自民党関係者。それがテロなら反対意見皆テロ。黙らせることしか能ないか?

 近隣三日間、記事製作を休んでいました。17日の記事はFacebookとの共通記事。いつもは休みにしている金曜日ですが、今日はいくつか用事入れたのでいまはヘロヘロになっています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。お気をつけてお過ごしください。

 沖縄県では辺野古基地建設に関する県民投票の開催を拒否する自治体があり、その実施を求めてきた団体の元山さんがハンストを行い、投票開催を迫っています。賛否以前の「投票すらさせない」、5自治体は安倍内閣の軍門に下った者が首長になっていて、更に自民宮崎政久議員の小賢しい策動もあって現状不参加、と決めこんでいますが、各方面からの働きかけで「意思を表す場をつくってほしい」と考えます。

 しかし…この小賢しい勢力は、同時に「お国のためには手段を選ばない」性格の持ち主でもあり、元山さんならびに投票実施を求める方への嫌がらせはしてくるだろうと思っていましたが、まさか「ハンストはテロ行為」と唱える者が表れるとは。しかもそれが自民党国会議員の秘書とは開いた口が塞がりません。デモ参加はテロ行為と語った石破茂氏も自民党議員でしたね。

 SNSでガツガツやりあっていたときに感じたことがありまして、特に「安倍政権でいい」と考える方は、反対意見の存在を疎んじることが多い。他人に対し様々に働きかける行為をテロと考えている節も。今年に入ってから別な角度で「反多数者の存在否定」について触れてきましたが、そんな思考回路の行き着く先が「〜はテロ」となるのなら、正直たまったものじゃないです。それが巾利かす社会では、多数者以外の意思が存在しなくなります。

 6年続けさせてしまった安倍政権のもとで、異議を唱えるのは簡単ではありません。こういう嫌がらせも「嫌いなやつらを黙らせるならそれでいい」というのが当たり前にされているのでそーいう空気を変える取り組み、ひとつひとつ貫徹して頑張ります。おつきあいいただきありがとうございました。

阪神大震災から24年。

f:id:b-itoh1975:20190118044052j:plain

 1月17日…阪神大震災から24年。下記写真は去年も貼りましたが再度掲載。「震災はその時とその後、両方に大きい苦しみを持ってくる(概略)」という言葉を心にしてこれからも。

 去年11月に大槌で行われた災対連・災害被災者支援と災害対策改善を求める全国連絡会の全国集会。私はのどのアレルギーで行くことを断念しましたが、このほど同サイトで資料がアップ(http://www.zenkoku-saitairen.jp)されていました。時間見つけて読んでいくことにします。

 東日本大震災では住居環境が伴う形で仮設住宅の延長がなされましたが、近年起きた水害の被災地では「法律による指定がなされていない」という理屈で「期限が来たら仮設から退去」という事態が起きる危険性がある、という話を聞きます。阪神大震災時から個人の生活という視点の施策が取り入れられてきましたが、まだ改善していかないとならない部分は多いです。市井の場から押し上げたいです。

「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首・葛飾区議が事件被害者のアイドルを利用して愚行を行う。こういう勢力に力を持たせてならない。変な「中立視」はやめなさい。

 …一昨日の「ネアンデルタール認定すれば差別していい」といい、昨日の香山リカさんに対する「国籍証明強要」といい。この二件だけでもカチンと来るところに「NHKから国民を守る党(以下N党)」党首の葛飾区議・立花孝志が新潟のアイドルの動画を弄り「姓行為動画」として出したあげく、その行為に批判が出るや画像を消して行動は正当化する、という行為をしています。

1)立花に使われたアイドルは、過日自宅にストーカーの訪問を受けるという被害にあったばかりで、それが同じグループメンバーの不用意な行動で為されたこと、その事件に触れた松本人志の暴言と併せ問題となっているもので、ただでさえ変な要素が入って解決に向けての空気が濁っているところにこれが入ってきました。解決の邪魔でしかありません。

2)立花はさらに批判が高まるや動画は取り下げるものの行為を開き直って正当化しています。N党はここ数年、排外・反動主義者、破戒衝動を持つ者が政治家になる際の受け皿になっていて、少なくない当選者を出してしまっています。立花の地方議会の活動を議会だよりをもとに見てみましたが、狭い視野からの活動しかなされておらず、議員の地位を利用しているだけで市民の意をくむ活動は疎か、という指摘もあります。今後擁立が予定されている候補者もこの域を出る者はいません。

3)以上の点を鑑みて、N党についてはその実態を露にして批判し、これ以上の力を持たせないこと、立花については議員から引きずり下ろす。ただし、議会内の行動でないので議会内懲罰では議席を剥奪できません。有権者のリコールまで視野に入れて圧力を叩きつけることが必要と考えます。

4)安倍政権が成立して以降、権力者に対する視線が“中立”という名前でぬるくなり、一方で権力者を監視する立場の意見を“反日本的”という名前で抑え込もうとする全体主義的な空気が社会を覆っています。N党や日本第一党といった勢力は「空気」のひとつの要素「全体が盛り上がればいじめ行為もよし」から生まれでたモノです。

 「正義のコブシ振るうやつらが怖い」なんてのはよく言われますが、それはN党や日本第一党のようないじめっこを増長させていい理由にはなりません。4月の統一地方選挙を控え、こういう勢力を選択肢の中に入れていいかどうか、考慮していただくことを願い項を終えます。

蓮舫氏や香山リカ氏に「日本人ならそれを証明しろ」と個人情報公開を要求する輩に。暴走しやすいネット社会でも「絶対厳禁」の行為。わかったら直ちに引け。

 昨日は「日本人属性にあたらないネアンデルタールは人権がないから何をしてもいい(主旨)」というトンデモ理論に突きあたりされましたが、今度は「在日認定デマ」利用しての「戸籍などプライバシーの載った書類の公開要求」が蔓延っています。今回標的にされているのは香山リカ氏。特に酷いやり方しているのは

 華ちゃん(@qX0GPWizxEZU0hO)

 岩木山(@Tsugaru_namioka)

 cdmm(@cdmm95125328)

 ほかにもまだいますが…蓮舫議員の時もそうでしたが、どんなに数束ねて圧力かけられようが譲ってはならない一線はあります。それをまして、著名人であるとはいえ、権力者でもない一個人に対して要求するとは。私も「震災で犠牲になった日本人になりすました反日人」叩きつけられたので、ところ構わずなんでしょうが、見苦しい。嫌がらせをしてでも安倍政権に逆らうやつの動きは止めろ、というのが自民ネットサポーターの方針ですから、相応の対応しましょ。今年に入ってからタガの外れ具合が半端じゃない。

「反対することはクレーマーの行為」という名で、安倍政権の愚行に抵抗する動きを止めさせようとする行為には同意しません。

 安倍政権による牽強社会はそれまで細々と存在していた「社会維持装置」をへし折り、ぶち壊してきました。特に「権力者に好き勝手させない」制動利かす部分では散々たる状態に。一つ一つの「これ、おかしくない?」という疑問に対して、「おかしい」指摘を力任せに潰し、異議申し立てという行為そのものを壊してしまいました。少し前の拙稿で「反対することを許さない社会」について触れましたが、13日見た新聞でそれを象徴する記事が。

 「反対することはクレーマーとしか見られない。野党は反対路線から転換しろ」

 という記述。感想ですか。「聞き飽きた。そんなに旗下ろしてほしい(立ち位置を放棄しろ…もっと言えば「安倍政権に逆らうのをやめろ」)のですか」、としか。何かすることがポジティブで、それを止めることがネガティブと単純に当てはめられても困ります。何かやれば何らかの作用は及ぼすのは当然の話ですが、負の面多けりゃ止めに入るしかないじゃないですか。その影響が多ければ多いほど「まず止めろ!」しか考えられない。そこに余計な意思入れていられないどさ「あれれえ対案はぁ」と言われても「知るかボケ!」にしかなりません。その対案とやらは審議の遡上にも乗せてもらえないから尚更です。

 こういう状況の時に「反対することはクレーマーの行為」と語ることは、反対するという行為を壊す。抵抗する手段をまたひとつ壊し、封じてしまうことにしかなりません。もううんざりです。手かせ足かせ目隠し口封じされて何できるんですか。無邪気にモノ語るな、と警告します。

     ―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―

 このあとにもう一項用意しましたが、長くなったのでエントリを改めてお送りします。

「大勢に従わない者」に対する攻撃性。橋本琴絵氏Twitterの『反日はネアンデルタール。ネアン〜は人間ではない(から何してもいい)』発言の恐さを認識し対処しよう。

 今日は。連休の最中いかがお過ごしでしょうか。しばしおつきあいよろしくお願いします。

 昨年末に発売された百田尚樹氏作「日本国紀」。ぶっちゃけ言えば、かの氏の作品読む時間なぞありませんで。この本の肯定的読者が自分が肯定するだけに止まらず、または推薦するのもご勝手としか言い様ありませんが、それを越えて否定的な人を敵認定し「反日日本人あぶり出しにもなる」と言うに至っては寒気を感じます。

 私は「反日日本人」認定されようがどうぞお好きに、としか言いません。ただ、これが認定するだけでなく「殺してもいい」という犬笛にされてはかないません。少し前に語った「ヘイトがなんでいけないか」ってのは、結局この憎悪の積み重ねがその発露としての「虐待・虐殺」を生むからです。今日のTwitterタイムラインではそれに関わって看過できない現象が現れました。

     ―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―

 対韓国・朝鮮ヘイトで一番吐き気を催したのが「朝鮮人はDNAを著しく損傷し、我々人類とは別の生き物だ」というデマ。よくここまで酷いモノの書き方できるものだと恐さ半分、怒り半分の気持ちで見ていましたが、それに匹敵する一文が。2017年総選挙で広島5区から立候補した経歴を持つ橋本琴絵氏のTwitterで下記の一文が。

『はしもとことえ(@HashimotoKotoe)2019年1月13日 16時3分更新

ええ!差別は最低!けど、ネアンデルタールは人間ではなく権利主体とはならないから、差別対象にならないの。反日主義がホモ・サピエンスではない、と科学的に立証された日には、にくこっぷん!』

 この方の解釈によると、ネアンデルタールは「日本人の風情がわからない」点で劣っているから権利を持たない(何をされてもいい)…。こういう思考回路は、得てして「〜には攻撃しても構わない」という文脈で使われる危険なものです。分かりやすく言えば「“あれ”は劣等者の証明である〜〜を持っている(言外に)だから〜〜してもいい」てな案配に。T4作戦基準では殺害対象の私にとっては寒気しますね。こういうやり口が大手を振るうのは。Twitterへの記述は橋本琴絵氏でなく、そのパートナーがしているとの話も聞きますが、そこらへんの事情は知ったことでありません。「虐待・虐殺の発火」につながる行為に対しては一切の融和なしで相対するだけです。

 『底抜け』がどこまでも続くのでいささか食傷気味になりますが、諦めたら余計来ますので頑張るとします。おつきあいいただきありがとうございました。

統計偽装は社会を壊す/「闘うことに疲れた」―“潮流”に逆らい立ち位置を維持する大変さを認識した出来事。

 今日は。今日はショート2つ記載します。

1)政府の統計偽装。統計がバカにできないのは「実態をつかむ行為」だからで、これがずれたら「実態でないことで物事の施策にあたらせる」。最近国民総生産の計り方などでも「おや」と思う行為があったので“黄信号”頭の中に灯していましたが、残念ながら懸念が当たってしまいました。

 「えらそなこと抜かす野党様は見つけられなかったしその間政権にいたから野党が悪い。安倍さんは改善に向けて動いているから批判するなゴラァ!」と鼻息荒い方も居られますが、自民党が濃淡あれど財界重視の政治をし、革新勢力の猛追を潰さんと80年代からはよりその道を強化した。00年代前半は社会保障を敵視していた小泉内閣が政権にいて、安倍晋三氏もその重役にいましたね。以上の流れが影響与えたのでは?少なくとも責任免れるいわれはありませんね。徹底した検証を求めます。

2)政党間目線でなく、「資本主義・収奪主義とのたたかい」という目線では約40年(以上)、安倍政権とのたたかいでも6年経過しています。意識しないとアカンな、と思っているのは「闘う仲間を大事にすること」。去年、それを痛感せられる痛恨事をいくつも目にして意を新たにしたところにひとつTwitterタイムラインに。

 「安倍政権と“闘う”ことに疲れたから今いる党を辞める。反対側の人と歩み寄れる方法を探りたい」。

 ―ま、個人の意思までどーこー言えない。しかし、この手の言葉を聞く機会が最近増えてきました。国会の話でも「野党は与党に歩み寄って修正を図った上で賛成することが当たり前」とか。拙稿ではアンチ左翼とも綴ってきましたが、もっと言えば「反対意見の忌避」。やたら同一性を求める意見が目立つようになっています。

 うん。うん…考えても納得いかない。俺の立場は「社会変革」の位置にあるけど、していく中では様々矛盾とつきあわなきゃなんないのは覚悟しているし、「望まぬ意思が多数派の中で生きる」ことが必要なのは承知。だども、先に示した人たちは、結果から言えば「多数者への服従」しか求めていない。こういう圧力に長年晒されると、折れる人も出てくる。

 私は反安倍政権の中でもその意思が根底から通じている所にいるのと、自閉的性格があるので変わり難い位置にいますが、環境によっては折れやすい状況にいる方もいる。というかひとつの潮流に大きく流れている現況では立ち位置維持するのも楽ではありません。それ認識していきましょ、という所をまとめにして項を終わります。