つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

与党議員の「安倍政権非支持者潰し」。チンピラ同然の行為に断固屈しない。理由がなんであれ。

 ここ数日、佐藤正久杉田水脈丸山穂高といった安倍政権に与する議員による挑発あるいは扇動の記述が増えています。しかも「犬笛」戦術ですか。目標に対して襲えと支持をすることもためらわない。国会議員もやるからその構成員もためらわない。近日では小林なる三重県議がやたら目について回りますね。私自身は「こんなもの」だと思っていますが、昔の自民党と違うのは「体裁を繕うことすらしなくなった」。「相棒」杉下右京じゃありませんが、紙一重の向こうと手前じゃ大違いです。これを放っとくなら、いずれ全市民に対する攻撃へ転嫁することを警告しておきます。

 で、文中に出た杉田水脈ですが、杉田は市役所職員出身でしたか。市役所の現場でさぞかし「不愉快なモノ」見てきたんでしょうね。その経験が「プロ公務員」名乗る新自由主義(維新勢力のような思考回路)と結びついて、それらとシンパシー通ずる政党で議員なって、あまりの行動にそれらの政党でさえ見放した(候補にはするが低位扱い)のを、尖兵には使えそうだと安倍政権に拾われて、この通り。

 私に言わせれば情けない(表現自粛)輩でしかありませんよ。人間の弱さ見てしまったからそれな絶望して転落してしまったと。

 仙水忍か。

※→90年代前半に少年ジャンプ掲載「幽幽白書」のキャラクター。霊界探偵に就くも人間の醜さを見てしまい人間界そのものを滅ぼそうとした。

 私も社会活動してますが「まるっきりキレイな社会」ができるとは思っておりません。人間にある弱さってんですか、それがあるから。ほんだから最後の一線超えない限りは鷹揚な構えもしたりしています。

 が。

 たまたま手にした強大な力を私欲で振るい、更にその傘下についてチンピラのように振る舞い、「逆再配分」を行う。有る者が無い者から奪えば無い方は死ぬしかねえだろ。そこを座視してまで温厚に生きる趣味はございません。えらそーにする気はありませんが「殺しに来るなら自分も死ぬ気でどうぞ」とは述べておきます。

 おつきあいいただきありがとうございました。

岩手県地方選挙。「市井の場に希望を持ってくる」を旨にたたかいます。

 今年は暦の巡り合わせもあり、お盆休みの幅が大分あったようですが、今週末あたりはからだ休めモードなりますかな。自分のまわりでは議会選挙もありますので、既にエンジンはかかっている様相です。当面の選挙戦では下記の候補者を推薦します。

岩手県知事選→達増拓也さん

岩手県議選→盛岡区・斉藤信さん、奥州区・千田美津子さん、一関区・高田一郎さん

盛岡市議選→庄子春治さん、高橋和夫さん、神部伸也さん、鈴木努さん、三田村あみ子さん

陸前高田市議選→藤倉泰治さん、大坪涼子さん、伊勢純さん

▼住田町議選→佐々木春一さん

釜石市議選→深澤秋子さん

盛岡市長選→内舘しげるさん

 17日は親の病院送迎後、奥州市で行われた演説会に。2010年代に入ってから震災復興をはじめ市井の場に目を向ける政治を、ということで運動・活動を進め、先の参院選でもその立場にたつ横沢たかのりさんを国会に送りました。「与党と一体になった方がいい」という候補も現れましたが、そうしてきた県政は市民要求には目をくれない政治になっていることを考えると、いまの達増県政を陥落させるわけにいきません。「希望を語り、社会を動かす」を旨に政治戦たたかっていきます。

 今日も拙稿おつきあいいただきありがとうございました。

「ガラスのうさぎ」高木敏子氏に対する丸山穂高らのバッシングを許さない。「ガキのいじめ」が市民権を得た惨状を除いていく。

 8月15日の記事を書ききれていませんが、新しい記事を先行します。

 維新勢力なり、いまはN国党ですか。これら勢力のやり方、はっきり言えば「いじめっこ」あるいは「チンピラ」の手法以外の何者でもありませんが、幅を利かし始めると力を持ってしまい実害をもたらすのは、維新勢力の立ち振舞い見ればお分かりかと。N国党はさらに「反対者に対する実力行使」をも手法の中に入れている。私も「今の政治は卑怯上等、ゲス上等の状態になっている」ことに警告を発してきたつもりでしたが、あっという間に下回る勢力が出てきたことに危惧と危機感を持っています。

 維新勢力も手段は選びませんが、まだ直接に反対者を攻撃をする行為はしてきませんでした。しかし、N国党はそれを平気で踏み越る。一般市民が相手でも過剰な攻撃(私人逮捕権の悪用)をし、少しでも公的な人が相手なら相手の職場に殴り込んだり、家族をも標的にして脅しつける行為に出る。昔の似非左翼勢力抗争でさえ、目的以外の家族その他までの殺傷はしなかったことを考えると、どれだけN国党が危ないか、この一点だけでも考慮をいただきたいです。

 そのN国党に移籍した丸山穂高は、6月の自らの発言を強く批判した戦争経験者に対し、「丸山を殴りたい」という言葉だけをもって被害者面をし、批判者に謝罪を求めています。正直「何言ってんの」しか感想はなし。加えて「平和求める人が『殴りたい』言っていけないんだ〜」などと述べている丸山付随者がいますが、何もかも混ぜて都合いいこと言うな、としか思いません。

 ずっとこんな「童ぁどのワガママ」レベルの言葉を浴びせられ続けているもので…それでも「愚かな論にも三分の理」なんてのを許してわんない。ダブスタ言われるような悩みごと何ざ生きてりゃなんぼでも起きうるもので、その部分までダブスタ言われるのは「やかましい」で片づけることにします。

 おつきあいいただきありがとうございました。

「戦後」の文字は変えさせない。生きることを守るために―2019年の8月15日。

f:id:b-itoh1975:20190817023355j:plain

2019年8月15日の空模様。

 体調調整もあり、ここ数日は体休める方に時間を割いてまして。

 そして昼12時、黙祷。

 戦争終了が遅れていたらどうなっていたか。うちの親父は終戦4日前に生まれていたので、戦火が続いていたら戦争の犠牲になって、俺らが生まれる道が消えていたかもしれない。

 正当化の理屈なんてのは、その気になればなんぼでもつけられるもので、程度を忘れればどこまでも醜くできるから一定程度の建前も必要になるはずですが、最近その底辺をぶったぎってくれる人も。批判者に対して実力行使を迫ったり、あるいは該当者の“環境”弁えずに表層的な行為を以て吊るし上げしたり。

 「壊れる」は加速するものか…という危惧が現実のものになっているのを見るとしょげるものもあります、正直。

 ほんでも、なげーてるだけでは始まんないので、できっとこから反抗すっとしますか。まず、散々に壊された「大日本帝国時代を乗り越えた社会制度」を取り戻すとっから。あと、反動復古主義者による社会の私物化を取り除くこと。大日本帝国体制のときも「愛国」を旗頭に一々の市民を搾り上げていた一方で、支配者層・富裕層は益を享受していた。

 これを一例として「再来」を許してわんない。

 再び「戦前」を持ってこさせてわんない。

 持ってこさす要素を許してわんない。

 この面では中立は絶対にありません。拙稿もガイドの役割果たすように努めますので、何ぼでものご考慮をお願いして項を終わります。

「市民に銃口」許すな。米軍及び支持者の擁護も含めて―オスプレイの銃口問題について。

 基本語れば、米軍は日本を好き勝手に使っていい状態にされているので、オスプレイ銃口を向けている状態は「その一環」にされているんでしょうね。ほんとだば「俺達ゃあんた等米軍のオモチャじゃねえ、出て失せ!」という言葉を吐きたいところを「武器の銃口向けるな」という細やかな要求のみにさせられているわけで。米軍楯に威張っていたい連中のために。

 ところが、そこにわらわらと「それは武器の仕様だから〜」とか、「米軍が日本にいるプレゼンツが〜」とか。知るかんなもの。日本に米軍置かせているせいで進ませてしまった侵略行為もあらぁ。それに「仕様だから」?最近でも五輪会場の設計図でのグラフで、通常高温にある温度帯(30℃前半)を青色表示にしていたものがありましたが、「その図解は印象操作では」という批判に「仕様だ(以下中傷の羅列)」と片づけられたことありましてね。

 何が言いたいか?

 人を虚仮にした行為を「仕様だから」で正当化すんな。

 いじめっこの立場でいい思いし続けたいからそんなん行動するのでしょうが、いつまでもそれをやられ続けたらその分社会壊れるぞ、と警告しておくことにします。

 おつきあいいただきありがとうございました。

各所で突きつけられる“劣等者は失せろ”に抗う。そうしなければ「むき出しの非強者虐殺社会」になるから。

 今年に入ってからやたらに「生産性」が取りざたされるようになりました。もっとはっきり言えば「生産性無き者へ退場を迫る」行為が。「終末期医療は無駄だ」とか、「ひきこもりは犯罪者予備軍だから始末しろ」、そしてやまゆり園事件に対する「積極的忘却」。

 これは社会活動のみに起きていることではありません。私の人生における“もうひとつの主題”…ぶっちゃけ野球でも「弱いチームは出てくるな」「同好会的なチームは経費だけかかるから云々」と。いやあまいりますね。いちいち問題点の解消を誰か蹴りつけないと図れませんか、と障る思いをしました。

 そーいう言葉が出てくる現場を見てみると、それを言い出す方々も収奪されている側だったり、より強い所に押さえつけられたり、の側にいたりします。「上」に歯向かうには手がかかりますが、「下」を殴りつけるのは非常に簡単。あとで別な項目にして記事出しますが、強大な力に敵わないと思わせる出来事―分かりやすく充てれば東日本大震災―の後に「コレシカナイ」というのを強力にかまして意のままにする。痛えのだったり不都合だったり、そんなのを全部全部下に押っつけて逃がしたつもりでも、いつまでも押っつけられるわけないから、いずれは自分さ回ってくる。

 安倍政権、あるいはそれを支える支配層が益を得るために、その座を脅かしそうなもの、不都合露にするものは叩く。重度障害者のれいわ2議員に対しても聞くに堪えない言葉吐く輩が多かった(維新議員と自民・維新支持者)。これどーにかしないと、非強者虐殺が普遍的に行われる社会になります。もはトリガー引くだけになってますからね。人間の脆さを甘く見ないでくださいよ。

 それ考えたら「根本」あたらないとわんない。反日と左翼さえなくなればきれいになるってのも違う。安倍政権の思考回路が=日本じゃない。俺ら「反安倍」「野党」が言っているのは、安倍政権がやっていることでマイナスの側面があるからそれさ反応しているだけのこと。分かりやすく言えば「痛覚神経」―これを物事判断基準のひとつにくんでいただければ、と願うものです。以上述べまして項を終わります。おつきあいいただきありがとうございました。

小泉進次郎の行動に警戒。抵抗力ないまま「刷新」風吹かされる事に。生きる場を壊されないためにも共産党含め頑張りましょ。

 他のどのブログよりも次号予告があてにならないヘボブロガーですみませんが、追加ひとつ入れます。

 過日の小泉進次郎の結婚報道、本人も画策に加わり、更に「批判させたければ批判しろ」という態度を示したとのこと。とりあえずは「はいさいですかわかりました」としておきますが、この方の存在には懸念というものがついてまわります。

 いまの安倍政権は力業で権力を維持していますが、それがいつまでも通用する保障はありませんし、そうあってはわんないと思うものです。窮地に追い詰められた際に富裕層・経済界や反動勢力(日本会議)、米帝国主義者連中が「スペア」に使ってくる可能性があるのが小泉進次郎。それまでのうっ積をすべて前任者に押っつけて「刷新」を見せつける、それで先に述べた勢力の存在・権益を守ろうとする、てな寸法。これまでの“改悪”、抵抗力の弱体化の上に立って更なる改悪を持ち込む…ってか。

 しかし、それがうまくいくとは限りません。

 政権支持率、たしかに高い数字を保っていますが、不支持率がなくなったわけではありませんね。支持率が5割で残りは未回答、とかでない。支持しないと意思表示する人はまだいる。これは押さえてください。

 安倍→小泉?を押し出して支配し続けようとする面々は「権益を自分等で囲いたがる」→「そうでないのは黙らせる」を手法にする…社会の私物化と反対者の抑圧。これはいつまでも続くものでなし、続いたらその分社会を壊す。安倍政権支持者は「反安倍勢力はやかましい!多数派が一気に怒ったらお前らなぞ一蹴だ!」等と言いますが、あなた方の思い通りにならなければ?自分等には一切矛は向かない、と考えているなら「おめでたい」と思うものです。

 今や、安倍政権は自らを守るために影に日向に「自分以外はいない」と、他勢力の誹謗に走っています。近く市議選のある仙台市では「共産党NO」のチラシを撒き散らす輩がいますし。その勢力、約10年前には年間予算がん千円規模の勢力だったのが何に取り入ったか勢力を拡大してビラを全国各地で撒き散らせるように。その過程が気になりますね(¬_¬)。

 いつまでもそんなんに負けていたらまともに暮らせなくなりますんで、腰据えて頑張ることにします。おつきあいいただきありがとうございました。

8月もお盆休みに入りました。多忙のため記事製作ちと変えます。

 今日は。8月6日、9日を過ぎるとお盆にまっしぐら、という日程になります。以外と日程詰まりますので、記事製作はしぽって記載してまいります。

▽当サイトでは

1)「嘲笑」と「犬笛」―気軽に優位に立てる手法がもたらした「外道上等社会」。

2)分断社会は各所に。「劣者は要らない」に抗う理由。

3)題名は未定。“8・15”と“戦争前後”をテーマにする予定です。

 別サイトも書けないでいた各種記事を追いかけながら、今月後半の行事についての記述をします。天候の変動、お気をつけてお過ごしください。

小泉氏の結婚。野党議員のそれをクサした輩に祝意強要される筋合ない。

 私の嫌いな行為は「他人の内部に手を突っ込んで服従・屈服を迫る行為」。対韓国貿易問題パブコメに1%の側(優遇外しに反対)についたのは、いいがかりとしか言えない行為で韓国及びその施策に反対する人の存在そのものを打ち消そうとするやり方にぶちキレたからです。

 もっとはっきり言えば、95%だろうが統計上100%だろうが従えねえものは従えないんだよ。

 で、今回の小泉進次郎氏と滝川クリステル氏の結婚。個人的な部分としては「この先頑張りなさい」とは思いますし、クリステル氏の妊娠については下世話な話についていく気はありません。

 しかし、一方で「他のニュースを弾き飛ばしてまで報ずる必要はあるか」という疑問もあり、そこら辺で「一連の結婚報道のやり方は苛政を覆い隠すものではないか」と疑問を持つ人に対して「結婚も祝えないクズ」と返された日には鼻白む思いしかしません。そこに「ボクハ野党ノ結婚ダッテ祝マイスヨ」とか持ってきても、実際の現場で何をしたか覚えておりますので。特にある野党議員の妊娠・出産時にはここで書くのが憚られるような記述してくれたのもいましたので、その場にいた身にとっては「野党議員の〜」言われても白々しいとしか思いません。

 結婚だのなんだのは慶事であるのは間違いありませんが、だからといって「祝うのは義務だ」なわけありません。祝えない人は祝えない理由があることくらいは認識してください。以上一項終わります。

8月6日にも反動・逆流を持ち込ませようとする安倍政権の策動は破る。

 8月6日。

 原爆投下で多くの人が犠牲になり74年、被爆してなくなられた方は毎年毎年増えています。

 ほんで、2つばかり懸念。

 ひとつ。広島の主要新聞「中国新聞」が一面メインから8・6記事を外したこと。メインに来たのはゴルフのメジャー大会日本人優勝者の記事。メジャー大会優勝の偉大さは尊重しますが、「8・6」を忘れてどうするんですか。こういう行為の一つ一つが「戦争可能な体制に持っていかせたい」と思う連中を図に乗らせることになるのですよ。風化はそこから始まるのですよ。

 それを助長しているのが首相・安倍晋三の行動。毎年■■の何とかのごとくほぼ同じ文面のスピーチ、被爆者との面談も抗議の声を突っ切り退席、被爆者の養護ホームに行くのはやめる。行動の一つ一つに表れてるんですよ。

 ゆるくない思いした被爆者への侮蔑。

 核兵器禁止の取り組みに対する妨害。

 反動復古のために反対派を踏む冷酷さ。

 なまじ権力を持っているばかりに、対立派と「合意を得る」んじゃなく「踏みつけて平伏させる」のを当たり前の手法にしてしまってますから、権力ぶん回して忖度、てのも当たり前の光景に。先の中国新聞もどうでしょうか。

 それはJNSCサポーターも同様で「安倍さん自公政権=日本人」「従わない、従えない者=反日」と簡単に別けてしまう。「同じ国の中にあるひとつの潮流」としか見られずに。この調子でいくと来年安倍政権続いていた場合、8月6日誰も来ませんね、政府からは。

 ここまでに社会をぶっ壊してくれた安倍政権にはお引き取り願うしかないです。自民党支持者側でも「無理矢理続投させることによるフラストレーションからの市民いじめ」やられるよりいいのではないでしょうか。いま安倍政権が「直接的な破壊行動」してないのは、まだ「非安倍政権側」がいるからで、それを除去したら支持者含めた市民に牙むきますよ。いままでのが予行練習のように。

 てなわけで、8月6日を「核兵器を使わせないことを誓う日」であり続けるためにこれからもしぶとく歩いていきます。「2つばかりの“ふたつ”は?」…「それを助長しているのが〜」以下です。長文におつきあいいただきありがとうございました。