つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

『共産党が“性交渉違法化”公約』…言ってないの重ねてデマ語るな。【至・7月国政選挙】

 正直、開いた口が塞がらない。この「批判」に乗っかってる方々。共産党嫌い、野党嫌いが頭にあるか知りませんが言ってもいないことを膨らまして膨らまして膨らまして語るのは勘弁できませんかね。あと、この「批判」に乗っかってマウントとる状態を維持していたい思う輩には男だ女だ言う前に「自己中」としか思いません。そのマウント思考が何生んでいるか考えてみなさいな。

安倍首相問責案に「野党は総理に感謝しろ」三原氏発言の雑感。【至・7月国政選挙】

 一昨日、昨日は厳しい日程、今日は所用して今記事を書いていますが、まあ参院の問責決議には驚かせていただきました。三原じゅん子氏の「野党の後始末している、安倍総理に感謝しろ」なるお言葉。社会の中にある一存在が盟主のように振る舞い、他者を踏みつける様には鶏冠に来るものがありました。

 三原氏が芸能人の知名度のみを買われ、社会の中で揉まれてこなかった人、というのを鑑みても納得して飲み込める言論ではないです。三原氏の述べた「野党」は、それを支持したり、投票した人にも向けられるのですよ。で、なんですか「感謝しろ」と。ふざけるな、としか言い様がありません。

 「イマハ安倍サンノヤリカタガべすとデ、多少ノイキスギハアッテイイ」と擁護する様子を何年も何回も見させられ、それが過ぎて今や「野党の反対が正しい!」に至っているのが現状。どんなに自身にひっかかる苛政も「野党の反対が〜+そうする意味がある」と飲み込む姿には「ああ、こうやって『日本のために命を投げ出せ』いう社会が作られたんだな」と思ったりもします。

 ま、2回ほどですか。自民党でない政権を経験しましたが、一回目、二回目ともに自民党政権の基本「財界とアメリカ帝国主義」に抗いきれず壊された形になりました。受け皿があると政権失う、と考えたのでしょうか17年の総選挙時に野党勢力を壊してくれた。

 一方で自民党が「財界&帝国主義鈍化路線」を進め、その自民党に抗うとすればその2題がもたらす市民労働者抑圧の政治変えないとわんない、という意識も維持することはできてるわけで、それが崩されるのが嫌だから「それしかない」と縛りつけにかかっているのでしょ。その「呪い」は解かにゃ、てことで、三原氏のような煽りに乗せず、地道に存在示し続けていきます。

 おつきあいいただきありがとうございました。

野党は安倍さんの文句だけ…述べる方に。国会の仕組み見てください。【至・7月国政選挙】

 SNSタイムラインで国会の模様を実況したり動画が流れるようになり、導線的な説明が入って「こーいうことか」と認識する人がいる一方で「野党が安倍さんをいじめている」としかとらえていない方も少なからず居られます。

 そういった方々は国会審議を『各党の案を持ち寄って話し合う』のをイメージされていますが、実際の国会審議は「出された案を質疑でどう運用するか聞いて、採決する。法律として通用しない思ったら『んなもの却下』」。

 では、野党の案が審議の対象になるかと言えば…与党案と重なった場合は高確率で、そうでなくても大体は国会での審議にあげてもらえず店晒しにさせられます。

 いまはやたらと「対案の要求」ばかりされて食傷気味ですが、対案云々以前に「国会であげられた法案は提出者に対して質疑し、その結果採決する。その場は対論を論ずる場ではない」という仕組みを認識していただけますか。それなしに「いじめだ」「対論」言われても「?」としか思いません。

 学業が「薄く」なってそこら辺の認識というのが教えられていない可能性もあるので、端からド詰めで叩き込む手法はやめた方がいいですが、分かってて「反野党反左翼」のためにかましつづける輩もいますので、相手を見ながら必要な対応はしていきましょう。おつきあいいただきありがとうございました。

共産党支部の旧名称「細胞」が言い得て妙。社会活動と絡めて。【至・7月国政選挙】

 共産党は地域・学園・職場などに置く組織を「支部」と銘打っていますが、一昔前は「細胞」という名称で表していました。はじめて聞いたときは社会活動の先輩に失礼ながら「ナニコレ」と笑ってしまいましたが、よくよく考えてみれば「上手く言っているものだな」。

 共産党の強みをまとまりあり、一貫した方針で動く組織力で見る方もいますが、よくよく考えてみれば全国津々浦々まで行き渡るような組織を「細胞」と言うのも「合っているな」と、今では思っています。

     ―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―

 で、突然何細胞言い出してんだ思われますが、人間の体に例えてみれば細胞は毎日毎日生きて動いていることで体に作用している。都合いいときだけ動いて、そうでないときはサボる、というのは基本できないわけです。

 21日の国会で、麻生太郎氏や参院予算委員長に対する不信任など決議案を提出、採決の結果否決こそされましたが「納得しない人もいますよ」というのも示した格好です。ところが、これを「どーせ“儀式”“風物詩”」として棄権する議員が出ました。「他野党に“本気”になってほしい」という棄権議員の支持者の意見もあります。

 ほんでも…言わせていただければ「そんなん効かない」と。「不信任案に賛成しない野党の議員がいた」とだけで処理されて終わりです。該当議員の行動なり行動原理は数年見てきたのである程度は承知ですが「真剣」なんはあなただけではない、他の人白けるのを呼び込むやり方は勘弁していただきたい。毎回毎回の行動なりセッションが全部社会につながりますんで、そこを考えてスタンドプレーに走らないでいただきたい、意思を示す場は無駄にするなと申し上げます。

 今日の記事は何回も読み込まないとピンと来ないと思います。(1)意思を示す機会があるときは効く形でそれを示す(2)前段として「要求実現のためなら与党に回ってもいい」という発言があったことで疑念持ちかねないものがあったので厳しい書き方にしました。ほんに、ひとつのたち位置維持し続けるのも楽でないです。ジグソーパズルみたいな記述でしたがおつきあいいただきありがとうございました。

「持つ者」からの圧力に激しさ。生存する権利は何してでも死守!二題【至・7月国政選挙】

1)敵対勢力に対して最大限の力をもってぶちかますシチュエーションが二つあります。

 ひとつは伸長期を止めるとき。

 もうひとつは完全に息の根を止めるときです。

 拙稿では幾度となく記していますが、安倍政権や富裕層が何を欲しているかいうと「抵抗する勢力の消滅」。自分を「世の中に存在するモノの中の一部分」と思わず、また野党もそうであるとも思わず、社会は自分のものと思いこんで行動している姿に対して私らは批判し転換を求めますが、ことごとく無視し、はね除けて暴走を止めないでいる。「利いている一線」もあって致命傷には至らせてませんが、そこが決壊したらどうなるか。対権力でにらみを利かすモノをこれ以上壊してわんないです。

2)もうひとつ。その安倍政権に対峙し「違う道へ」示すたたかいをどうしていくか、という議論のなかで共産党社民党が示してきた路線を放棄させようという動きがあるのが引っかかります。「いまは〜〜(憲法、人権など“小難しい”もの)より金で攻めろ」…あるいは「いまの“流れ”に乗って多数派について“少数派”を虐める行為を取り入れろ」とか。

 いまの状態で旗幟下ろしたら、次それが政治課題昇るのに何十年かかる?党名や綱領・方針もそうですが、ノリに流されて粗末に扱いたくないもの。必要としている人や状況があるからこうして旗幟掲げているわけで、なくなったら救いようなくなります。限られた時間やら何やらで優先順位も分からないでありませんが、考慮いただきたいものです。

 おつきあいいただきありがとうございました。

18日深夜の地震で防災の気を新たに/富裕層も反撃に来る。のまれずに。【至・7月国政選挙】

 こんにちは。

 まずは18日22時に起きた地震ですが皆さまご無事でしたか。ケガなど被害にあわれた皆様にはお見舞いを申し上げます。環太平洋地域は地震も活発化していて、「ここでもか」思う箇所で地震が起きていたりもします。気づいたときに備え拡充しておきましょう。

     ―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―

 さて、年金に関する問題で世の中が荒れていますが、義務的に金集めておいてから「あ、すんませーん、使い方間違って金足りなくなりましたぁ二千万自分で用意してくださぁい」なんてやられたらキレるに決まってるでしょ。これまでも「とるのは重くし、支払いは削る。運用は“都合よく”」でやられてきた年金の運用に煮え湯飲まされた思いですから、何の理由があれ「すんませーん〜」やられたら怒りますよ。

 この議論の中で富裕層に位置付けられる堀江貴文氏がデモ参加者に「デモする暇あったら働け」等と悪罵を投げつけています。また「アンチ野党」にいる人は富裕層に対する批判に「文句言うから富裕層は出ていく。膝ついて敬え」「年収900万円以下は皆“税金泥棒”だ」等と。相手の反撃力が弱いか、絶対優位の箇所にいると認識すれば石を平気でぶつけられるんですね。

 こう来るとは思いましたよ。結局は「階級闘争」で対峙し、戦わなければわんないわけです。19日党首討論見てわかる通り己の階級守るためなら持っているものをすべて使う気でいる。最近よく見る「中立視こそ正しい」に与しないのは「結局はいまの力の差ままに潰されてしまえ(黙れ)」でしかないから。

 安倍政権の力の源は「反対派の無力化」。ではどう抵抗すればいいか。

 テクニカルなことはその方面に長けている人に述べてもらうとして、私からは「諦めない」しか言えません。「諦めさせる」に対抗するならそれしかないでしょう…ってのは単純ですね。

     ―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―

 「3・11」以降、震度6さえ当たり前に思い、マグニチュードも7の前では驚かず。座標軸がどこかぶっ飛んだ感がありますが、まず気づいたときに「備えとく」で。現地の皆様もゆるぐない夜をお過ごしと思いますが、自分にあった方法で心身休めてください。おつきあいいただきありがとうございました。

菅官房長官の恫喝…収奪苛政の安倍政権はどいてもらおうか。【至・7月国政選挙】

 今日、菅義偉が秋田で野党共闘と安保政策を絡めて一席ぶってくれたようですが、毎度毎度の駄論で反吐しかでません。結論だけ言ってしまえば「だからなんだ」「それが安倍政権続けさせろ、の免罪符になんのか」。市民縛りつけるのも大概にしろ。

 同時に。どこからの立場であれ共産党に変節迫る御仁の言論にも反吐が出る。共産党は玩具と違いますので。そこに集まっている人の思い、というのがありましてね。「発言者」にもあるのでしょうが、勝手にいじくり回せると思われると迷惑以外の何者でもありません。

 共産党は「日米安保条約の解消」を方針のひとつにしています。ま、宗主様気取りで支配におこうとするやり口なんざ何どうあっても面白いわけないでしょ。経済など他の分野にわたって支配させられる基になっているならいずれ乗り越える必要あります。

 しかし、その一方で「安保廃棄で一致しないまでも、その他の課題で一致点結集して取り組まなければならない出来事」もあります。今の野党共闘もその観点からなされているものです。約束事の実現に努めるのは当然ですし、約束事にない部分は現行を維持して“保留”することがあって当たり前。社会・社民党と保守勢力による連立での事象は当時の社会・社民が持っていた「権力指向」と保守勢力が持っていた「革新勢力蔑視指向」の併せ技と違いますか。

 国・社会を己の支配下に置きその集大成として改憲を図る安倍政権の「私物化政治」。その結果として起きている市民からの収奪行為をどうにかすんべ、というのがいまの野党の行動です。それが怖いから野党第一党を壊し(2017年「未来の党」騒動)にもかかる。既に専制政治に突っ込んでいる状態なので、権力者・為政者と有権者との緊張感を取り戻す行為にご協力いただくことを願いまして項を終わります。おつきあいいただきありがとうございました。

「トロッコ」理論を安易に使うな。簡単に「少数派駆除」に結ぶ。

 今年に入ってから「終末医療コスト論」からはじまり、引きこもり当事者が起こした事件をきっかけにした「処分」論が幅を利かせるようになりまして。

 ここでもなんですかね、全体主義的思考を基にして「足手まといになるのは死ね」という意味で様々な言葉を繰っているお方を見かけますが、その思考はいとも簡単に少数派や弱者の虐殺に結びつくんですよ。

 発言できる人間が止めに入らなければ刃が向けられる。「そんなこと言うなら対案示せ」というのは当てはまらない。断固NOで対峙します。

安倍政権による「野党すりつぶし」目的の同時選に冷徹に対峙する。【至・7月国政選挙】

 昨日、一旦変えた表題ですが、再び「国政選挙」に戻しました。報道で「同時選はない」てのがあってそれに反応した形ですが、よくよく考えてみれば国会審議からひたすら逃げ回り、調整して出てきたはずの審議では暴れ様を披露しただけ。怒るような所でない箇所でキレるような方が、野党の存在を認めると思えませんので、潰しにかかる行為くらい平気でしてくるんじゃないですか。

 衆院選側の準備が現れていない野党を振り回してあらゆる箇所を疲弊させて「止めを刺し」に来る。合法的に見せかけた反動クーデターを成し遂げたい、というのが目的で、これまでも手段を選んでこなかったし、これからも手段を選ばない。そういう観点で警戒してこの勢力にあたっていきます。

 いわゆる「ネトサポ」の言動も(1)安倍政権の存続を第一 (2)抵抗する勢力の意見はことごとく否定する(3)(1)、(2)を通じて「安倍政権しかない」ということを定着させる…ことに定着させようとしていますが、結局それが何生むか言うと「どんなに自己にダメージ受ける事象でもその行為を否定できなくなる」。それを糊塗するために「野党のやる行為は“特定アジア”に利する」「安倍さんの行為は“日本人”のためのもの」という言い様をする。なるほど、こんな甘やかされされていれば姿勢ただすことはできませんね。

 「呪いの言葉を跳ね返す」ってことで取り組みされている方々がいて、それはまさに力強いかぎり。安倍政権ネトサポのもうひとつのやり方が「反対派を黙らす」なので、それに屈しないで歩んでいきましょ。おつきあいいただきありがとうございました。

右傾化の基にある「左派勢力潰し」。これ以上は許すまじ―引きずられたくない物事【至・7月参院選】

 またもや微妙にタイトルを変えました。今回ともうひとつのエントリで「引きずられたくない物事」と題してお送りします。

 「平成」と呼ばれる時代で政治の何が一番変わったかといえば左派勢力の政党が激減したことです。1989年に在籍していた主な政党で、純粋に保守言われていたのは自民党ひとつのみで、共産党社会党は言うまでもなく、また民社党も企業寄りかつ反共主義ではありますが、資本主義からは卒業しよう、というのをまかりなりにも掲げていた勢力でした。公明党にしても自民党からは距離をおいていたわけで。

 1993年周辺以降に社会党の勢力激減→社会党の「自・社・さきがけ政権」、同時に社会党勢力の破壊が念入りに行われ、左翼的な人間を社会の主だった場から外し、蔑視する行為も念入りに為され、今に至る「左翼はもとより野党忌避」にまで結びついてしまいました。いま存在する政党で自民党系譜(与党の公明党も入れる)でない議員のみが在籍しているのは残念ながら共産党社民党しかありません。他の勢力は「自民党系譜主力」か「市民活動も経験している人もいるが自民党系譜もいる」状態になっています。

 いまの状態を図形で表せば「△」。議論の幅が左翼側を対象にどんどん削られ、一方で自民党あるいは同系譜のみがガンガン膨れ上がり、昔は「□」だったものが「△」に、そして「―」にさせられる危機にもあります。要は「ひとつの考えしか認められない体制」。一貫して「この道しかない」状態に置こうと策動図っている安倍政権。「この道しかない」にして破壊寸前までいった70数年前の教訓くむなら、この政権は退けなきゃならない対象でしかない、と申し上げます。

 最後に。書いているうちにもうひとつの対象忘れたので、思い出し次第続きを書きます。やはり時間置きながら記事作るとダメですね(呆)おつきあいいただきありがとうございました。