つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

自民党総裁選テレビ討論。「ゴルフ」発言に見る安倍氏の「総理大臣」役の重さの認識不足+ネトサポの過剰な擁護に至っては怒りしか覚えない。

 沖縄県知事選、激しく戦われていて、世論調査では厳しい数字も。これまでオール沖縄に来ていた維新勢力や公明党票が明らかに佐喜眞氏勢力に奪われている様子が伝えられています。とは言え、最後に結果を決めるのは世論調査に非ず、有権者の一票一票に現れる意思。それを表すための行動をより広く、と現地で頑張られている皆様にお疲れ様ですと申し上げるものです。


 もうひとつ、政治的に注目されているのが自民党の総裁選。正直、安倍氏も石破氏も「倒す対象」でしかないので、見る着目点は発言内容だけ。ですが、昨日のテレビ討論では看過できない発言が。

 私が社会活動に加わるとき友人から「政治家になったら俺に“いい目”を見させてくれよ」と言われたこともありましたが、それに対して「そういう利益供与みたいなことはできないよ。あくまでも“全体の幸福”でよくする仕事をするだけ」と釘を差したことがあります。議員とかそういうのに遥かに遠い人間でも「そーいう心持ちでなければならない」と思うものです。

 ところが…利害関係者と近づきすぎではないですか、という趣旨で加計氏とのゴルフはいかがなものですか、と聞いた方に対し安倍氏は「テニスならいいのか、ゴルフは五輪競技」「加計氏は利害関係生まれる前から友人だから問題ない!」と。更に安倍氏のネットサポーター面々が「安倍サンノイウノハ正論!」「反日テレビ局ガ印象操作シテイル」「(屁理屈つけて)安倍サンハ完全無罪!反日パヨクガ〜」と。何でも無理押せば通る。そういう風にしつけてしまった自民党ネトサポの罪も重いと知りなさいよ。

 私がいる立ち位置は「“こうしたい”という思いを広げて支持を得て物事進める」で社会を動かそうとしていますが、安倍政権と与する勢力は「まず力を得る」を第一義に動き、力を得たら侭に動く。更にネトサポが「黙らせる」―と連携して動いています。俺程度では「こっから打破」しか思いつきませんが、この状況は越えたいです。これ以上社会壊される前に。


PS 沖縄の政治選。誰か著名人だよりで戦うやり方訴え方には疑問あり。そもそもの「どんな社会つくりたいか」を軸に話かたりすることを考慮願います。