つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

連合が小池支援、立憲民主党までもが傍観の構え、という報道。それでも泰然としましょうか。【至・東京都知事選】

 ここ1日2日の東京都知事選挙関連の報道で「あーそうか」と思う出来事がありました。

 1つは連合東京が小池百合子を支持したこと。

 もう1つは泉健太立憲民主党首が「蓮舫氏を支持しないこともある」と発言したとの報道。

 前者に関してはそうなる可能性もあるとは覚悟していましたが、後者に関しては報じた媒体の姿勢に疑問がありますが、事実なら選考委員会まで経て決めたことを覆しにかかる行為、「ここまでやるか」と言わざるを得ません。

 泉はさらに今後の選挙で共産党に関して完全に離れてほしいような言い方をしていました。選挙界隈と呼ばれる方々が「選挙というのは中庸を取った方が勝つから、共産党社民党には“奴隷”になってもらって、立憲・国民・維新を前面に押し立てて政権交代しよう」と述べられる方もいますが何なんでしょうか。

 まあいいです。「去る者は追わず」でいいんじゃないんですか。で、目的が一致する人たちと共に行動していけばいい。資本主義社会が持つ収奪的な性格、より多くの利を得ようがするゆえの非人道性をどうにかしようとする人たちで行動し、輪をどういう形であれ広げていくことが今重要かな、と。

 様々な政治状況から政策実現実現の方法を「依らば大樹」に求める人たちもいますが、敵…という言い方が嫌なら利益相反者に寄りかかってどうするのという思いはあります。更に言えば「わざわざ自分の存在価値を失いに行きますか」ですが、離れたければご勝手にどうぞ。

 東京都政について言えば、革新都政以降、青島氏以外は保守系の知事が続きましたが、その中でも石原慎太郎小池百合子と人身荒廃の施策を悪化させてきた状況を肯定しない。

 特に小池百合子になってからは人権関連で…こう言っては難ですがサイコパス的な言動・行動も見られてきました。そしてその言動・行動を呼び水に人権によって救われなければならない人たちに容赦ない攻撃も加えられました。そういう都政をこれ以上続けさせるわけにはいかない、そういう旗印を持ってたたかいに行くことは必要です。

 ついでに。「お前の書いてることは事前運動w」というご意見が降りかかりましょうが、これが事前運動ね…。社会の現状を書いて、“こういう社会”持ってきたいねと書いてるだけで難癖やってくる現状には折れないで歩き続けます。