つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

星野源さん、蓮舫氏への攻撃に見るいまのSNSの悪癖-「クソ行為しても金が入る」状況に。

 今週もある部門で2週間分の仕事をしていて、ようやく一息ついていたところに星野源さんのオールナイトニッポンが。先週、星野さんがSNSでとんでもない目(デマ記事掲載)に遭い、それに煽られた人たちに憎悪をぶつけられたことを番組の冒頭話していました。

 心身引きちぎられるような思いをされたと思います。人間の弱さってんですか、それが作用する面もあるということで。それでいて発信者は即時のペナルティはなし(あればそれはそれで問題ですが)。

 最近はSNSの発信で「金が入ってくる」システムになり、どんな中身であれ注目されればいいと考えがちになり、インプレゾンビとか言われる人が増加した。「道理よりインプレッション」考える人がより注目浴びようと過激になった結果、社会も相応に汚されていく。「ウケのよくない人間」にとっては質実ともに生きづらくなる。残念です。

 私がTwitterをやらなくなったのはそういうところから。デマという部分でもうひとつ言うと「すでに解決済みの話を何度も何度も繰り返しなじってくる」行為に障るものがあります。蓮舫氏が今度東京都知事選挙に出馬を表明しましたが、国籍のことで何回も何回も事情説明したにもかかわらず蒸し返す輩が多くいます。

 一番「は」と思わせたのは「戸籍書類を公開しろ」。国政候補者は選挙管理委員会に戸籍書類を提出して、被選挙人の資格証明されて問題がないから立候補できているわけです。それ踏まえないで「戸籍見せろ」言うこと自体が間違ってる。そういう“国籍透視”をする人たちの中には「第三者が戸籍を見られるようにすべき」とか述べている方もいますが、個人情報なんだと思ってんだとしか思わないです。

 ここから先、政治戦が進行するなかで煽られる場面も出てくるでしょう。昨日のポリタス番組のでの共産党の件に関してもそうだし。まあその煽りに乗らんで「必要なことを誠実に語っていく」ということは意識して行動してまいります

おまけ→なにかと「勢力拡大」の行動を止めたがる人がいます。「勢力拡大」してこなかったから力を弱くした、という反省を基に行動しているわけで、それをやめろいうのは「無くなってしまえ」言っているのと同義です。