つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

沖縄県知事選−いつまでも黙ってやられないというのを示したたたかい。築かれた皆様に感謝と「断層」埋める行動してきましょ。

1)沖縄県知事選開票結果。敬称略します。

 玉城デニー 39万6632票 当選

 佐喜真 淳 31万6458票

 兼島  俊    3638票

 渡口 初美    3482票

 …という結果で、玉城デニーさんの知事当選、広い分野での共同「オール沖縄」で県政を担い続けることが決まりました。

 選挙後の挨拶で印象的だったのが、玉城さんの佐喜真陣営についた方に対するコメント。これ以上の敵意を拡げないで公約実現を目指す姿勢を明らかにしたのがまず何よりです。これまで「現況打破」図るために自分以外は“人に非ず”という姿勢で突き進んだ勢力がいましたが、政策以上、必要以上の分断はこりごりです。それをかき立てた勢力には厳しい処断を、また、その手法を検証し対応することが必要と考えます。今後大型選挙も控えるのでそこは厳しく詰めてください。

2)選挙戦では「多くの人と接触して票に結びつける」と「安倍政権勢力の放つデマの排除」、両方が組み合ったのがよかった、と。声かけて「うんいいよ」となっても、その後のデマで打ち消される。0+1−1=0。しかし、今回はそこに「それはデマ、実際はこうです」をすぐに組み込んで「−1」をなくす。そうすれば0+1=1!となるわけです。その部分機動力よく対応していただいた有志の皆様お疲れ様でした。

3)今政治戦では激しいたたかいとなり、それに対応しようとするあまりに強い言葉、態度であたり、関わる人すべてを疲弊させてしまう状況をつくりました。そのしこりは残るでしょうが、「どうしても厳しく対峙しなければならない相手」以外は、むやみやたらつっけんどんにしない、というのを考慮してほしいです。よくある「愚民視」も…で。怒りが行動の原動力にはなりますが、その後の社会形成考えたらそこの割合だけ高いのも大変です。セミリタイアの貧小者の戯言ですが、どうかひとつ。

4)これは別個に書くつもりでいますが、佐喜真氏を応援していた人の一部に、玉城さん、あるいはオール沖縄、国政野党勢力に対して危害を加えることを露にした一文を記す人がいます。あからさまに殺害を表明したのも二人。一人は40代で表明者の写真もあります。もう一人は神奈川県の中学生。各々に対処は進んでいますが、ここ数年の横紙破りがこういう事態を生んでいる。既に実行に移したのもいます(やまゆり園事件)。まずはこういう事案に厳しく対処することが必要と考えます。ここ突破されたら本格的な殺戮はじまる、その危機感持ちはじめてください。

 以上4点述べて項を終わります。お付き合いいただきありがとうございました。