つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

自民総裁選で、勝った陣営運動員による甚だしい増長、殊に同じ党員に向けて放たれる言葉には「何様だお前は!」と警告します。

 私は自民党とは別勢力に在籍していまして、今回の自民党総裁選については「どっちも敵でしかない」という態度で、結果安倍氏が国会議員票での大差を生かして3選したようですが、頭痛い記述を見かけました。安倍氏親衛隊とも言えるネットサポーターが石破氏に投票した党員に激しい悪罵を投げつけていたのが…。

 自民党は長らく政権持ってますわな、そして、ある程度広い支持層を持っていた。田舎の自民党自治体部支部長とは顔を合わせれば話はする関係。で、いつかこんなんこと語っていたんですね。「俺も考えでいったら社会党共産党に近いものあったかな。でも、街の暮らしのために政権とのつながりを維持しよう、と考えたら…と思って、俺は自民党に入っていた」と。結構そんな感じで自民党に居た、という方は少なくないと思いますよ。

 ところが、極右排外主義をとる今の日本会議自民党の中枢を握り、その庇護をもとに自民党総裁→総理大臣に上り詰めたのが安倍政権。その力を維持し続けるために相当無茶なことしてくれましたからね。ただ数を頼むだけでない、強引なものの進め方の数々。それでできた軋轢を更に強硬な態度で潰してきた。おかげ様で、安倍政権支持層と、そうでない層で激しい亀裂が入って「こんなところまで争わんでも」というモノまで激しくぶつかることに。

 「左翼が嫌がることなら僕は賛成」てな対応のされ方には正直げんなりきますが、そうやって切り棄てた分は報いしか来ないはずですが、いじめっこ思考の力任せの圧力は長けているんですね、この方々。あまつの果てが「自民党の中にも反日が!」と来たものだ。こんなの近い頃でやられたら叱責の対象にしかしませんよ。「てめえがどんなに“思い”強いか知らないが様々事情もって同志になっている人をおとしめる行為は許さない」と。

 まあ、自民党内はおろか、日本中を単色に染めたいと思っている逆上せた連中にこの疑問が届くかわかりませんが、いずれ切り棄てた様々な破片に躓くか、その切りつけた傷跡がもとで土台が壊されるか。「純粋な日本人が一丸になってタッタカター」という妄想に侵される人らの増長は止めるとしましょう。

 お付き合いいただきありがとうございました。