つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

広域に渡る豪雨災害。それに対する政権与党関係者の鈍さと、輪をかけた同支持者の酷さを糺す。

 集中豪雨。大雨警報が出された次の日の朝迎えるのが怖い。夜中の内に大被害が出て、時間追うにつれその模様が明らかになる。あれだけ物々しく警報出しても、犠牲を食い止めることができない。無力感にただ唇を噛むしかない。

 ただ、そうとばかりいってられない。100のダメージを99、98、97…と減らすためにできることはせなあかん、とあちこちで動く。それが筋なはずです。が、それとは別の基準で動いている方が居られるようで。大規模災害が予想されるなか「自民亭」と銘打ち、宴会で大はしゃぎ。次の日、それはどうなのか、と問うた記者に対し「問題ない」…と毎度の光景。

 毎度の光景は与党政治家のみに非ず。それを応援する「ネトサポ」呼ばれる方々が輪をかけて酷く。「野党は人気稼ぎのために対策本部とかつくっている。我らが安倍政権は悠然と構えているから宴会だってできるんだ!」なる言葉をぶつけられたが、正直唖然とするしかありません。

 別なところからは「そういえば某党員の首長は見捨てて逃走した」なるご意見も。結果責任の「洗礼」は受けました(次回選挙で落選)がね。更に別な被災地について触れた人もいますが「町が壊滅するような大津波」にどう対処すればいいんですか。本人は最期までそれを苦に思ってましたよ。

 そこら辺言い出せば、あなた方の支持勢力の行動は免除されますか。「それはどうなの」と問うた記者は、普段は安倍政権に融和的な記者なんですよ。その記者でさえ「どうなの?」と問わざるを得なかったのに、それに対する回答が「反日記者が増えた」?いい加減なさっては、増長。

 あとはおなじみの「ザイニチが犯罪やらかすぞ」「自衛隊反対のキョウサントウは救助するな」…俺は逆の立場になっても「ネトサポやネトウヨは救助するな」なんてのは絶対に言わねえよ。思ってわんない、口にしてわんないものだくらいは分かりますからな。それを平気でベラベラ言い放つ方は自分が何語っているか、言葉組み直して考えることです。端から野党叩きを趣にしている方にはどこまで届くか…ですが、引っ掛かりを持っていただければ幸いです。

 記事を書いていた十数分間の間だけでも爆発的に犠牲者、不明者、救助要請者が増えている。総力を上げての救助がなるように願い、今記事で書いたようなことは妨害にしかならないことを強く指摘して項を終わります。