つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

そう言や国民民主党が野党第一党になってたの忘れてた。「目先の物わかりの良さ」につられるない。

 国会審議を伝えるニュースで「与野党筆頭理事の自民党と国民民主党が〜」という単語を聞いてはい?と思ったが、そういやそこらへんの政党変換もあったな、というのを思い出しました。ところがそのあとに流れてきたのが「野党他勢力を置いての与党との合意」ときたものだから頭を抱えた。

 元々が、自民党とやること変わらない小池百合子氏、昨年都議選の同氏勢力の伸長に目が眩んだ前原誠司氏らが形成した勢力。共産党なども入った市民と野党の共闘を壊しにかかるも完遂(←されてたまるか)はできず、小池百合子氏が逃走したために宙に浮いた議員の受け皿になっているのが国民民主党、てなところですが、ちょっと待てよ、と。

 立憲民主党野党第一党だった頃はあほうな行為と闘えていましたが、国民民主党は…自らの行動に対する批判を恐れているのですかね。言って難ですが、「何かやれば批判もつきもの」でもあります。共産党見てくださいな、あれだけガンガン言われながらも「資本主義乗り越えた社会をつくる(=共産主義をめざす)」ことやめないでしょ。開き直りも必要ですよ。

 で、与党様の思う通りに「合意」しました。

 では、国民民主党への批判、止みましたか?

 まったくのNOでしょ。

 蓮舫氏に対する国籍問題、氏が対応しましたが、批判全然やまなかったでしょ。むしろ「要求」は悪化していった。言ってしまえばチンピラと同じ。彼らの土俵に乗ってやる必要は一切ありません。今回の国会審議の合意も「タイリツダケデハヨクナイ」とか言われたのでしょうが、喧嘩するときは喧嘩しないと、何してもいいと調子乗ります。そこは厳しくいきましょうか。

付足:尚、「支持率0%ごとき」という言葉ですが、あくまでもマスコミ調査では−という話で、実際の選挙では誰もが有権者の投票の結果当選をしているのを忘れないでください。先々のことを考えれば、むやみやたらに敵をつくる行為はやめられた方がいいかと思います。