つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

不当懲戒問題に橋下徹氏が介入/不条理押さえつける「偽りの“不利益招来”」論。

 今日は。お付き合いよろしくお願いします。

働き方改革 法案・高プロ制度。依存的安倍政権支持者・アンチ野党の方も実際の影響、受けますね。それと「野党嫌い」の整合性とるために

 1)僕ら低所得者に関係ない

 2)野党は嘘つくな

 3)自分等に来そうなったら反対しろ

 …と。いや、なんですか。俺は心中ごめんです。

 依存的安倍政権支持者でアンチ野党の方の態度。自身に影響来ることをもろ手をあげて賛成できないが、それでも野党は嫌いだ、というのと整合化するために「野党のやり方が〜」と語っておくと。粛々と己の墓穴掘ってどうします?そのスコップの向け先が違うはず。

◇不当懲戒請求の件で橋下徹氏が話に加わってきましたが、ピントのズレっぷりには「は?」としか感じなかった。ま、橋下氏のような人にとっては佐々木氏のようなスタイルは好まないし、余命一派側の方が合いそうですからね。

 当の余命一派は「日本人対朝鮮人」等と粋がっていますが、構図が違うでしょ。

 「権力者の威を借りて社会を破壊する愚か者」

 と

 「愚行から市井の生活を守る人」

 の構図でしょうに。

 なんですか、余命一派は朝鮮人殲滅するのですか。テロリストは相応に処断しないと。

−で、夜中−

◇不当懲戒請求問題。さっそく“反日組織”“政治活動”“銭ゲバ”“弱者叩き”“対「朝鮮人」”を旗印として、今回起意した弁護士をぶっ叩きにきましたか。しかもそれに橋下徹氏が加わっているのが厄介。氏の“助力”あってかレスポンス力が増しているのが。これが“行動”に結ばなければいいが、と。

 余命一派は近日の文書で「日本人対朝鮮人」という図式を描き、てめえらに都合のいい理屈を押し立てて正当化に必死。正直、いつ「次の段階」…はっきり言いますか。テロ行為に踏み出すか。それも対象者本人にだけでなく、その周りも巻き込んでの。その域に来ていると感じる。

 「実社会とSNSでは違う。SNSでは“キャラクター”、実社会では弁える」

 という言い口、よく目にして来ました。しかし余命一派の行動には「愚行に対する抵抗の除去」「“駒”の保持のために、己から逃げさせない」作用が組み込まれている。相当危険。あえて例えをつけるなら、オウム真理教のような攻撃性を感じますが、オウムと違うのはそれに右派勢力が乗っかって来ている点。「対反日勢力の駆除」という視点で、余命一派に与しはじめている右派・安倍政権支持者がちらほらと見えはじめています。そこは警戒。

 余命一派+アンチ左翼右派勢力の注意点は「猪武者的な行動力」。過日、安倍首相のトイレ中座に関して事実と異なる言いがかりが広められたが、これも「DAPPI」なる者の発意に乗っかって一気に広められた構図が。簡単言や「空気を塗りつぶすやり方に長けている」。いまの安倍政権を生み出した思考回路と通底しているので、このたたかいも簡単でないのは当然ですが、右翼的な方も含め市井の皆様の「権力者による抑圧」を伴わない生存をはかるためにも「乗り越える」行動に努めて参ります。

佐々木亮弁護士の事務所に「抗議の電話」が殺到しているそうな。端的に言えば「佐々木氏に関わる者への嫌がらせ」でしかありませんよ。本人で通じなければ周りを攻める。人質戦術、てやつですか。「ニホンジョウカ」のためなら外道・非道なんざ当然なんですかね。覚えときます。

 佐々木氏が労働分野に長けているのでそこから関連しまして…国粋主義の人は経済、民生分野ともに優生思想的な考えに至りますか。『高プロは生産性が高く「人間的な生き方を」する働き方ができる人種と、時間の奴隷にとどまる劣等人種との区分を進めるもの』なるご意見を目にした。ご自身が目指すのは止めないが、社会保障分野は良くできた人へのご褒美と違うわ。

 セクハラ問題で「セクハラ、セクハラ喧しい!少子化になるわ!」

 過労死問題で「過労死、過労死喧しい!会社が潰れるわ!」

 そのくせ、目上にはへいこら従う…「なんだ悪いのかそれが力持たない俺らの生きる手段」

…生きることも許されなくなんぞ。

 セクハラで対人関係築けなくなったら(他にたくさんある影響のひとつとして)少子化にも結びますわな。

 過労死など労働者使い潰した結果、長年の経験などが無為になり、労働者が減って、生産性、あるいは消費者が減る。

 「急がば回れ」の諺が示す本意を考えてみては如何か、と思います。