つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

何しても大丈夫と図に乗るのは「上」も「下」もか。安倍首相トイレ問題から。

 今日は。お付き合いよろしくお願いします。

◇安倍首相のトイレ問題。私自身は「どんな人が対象だろうが一人間として誰でも起こりうる問題」の部分ではみっともないことをしない―というのを原則にしています。

 が、ある種の安倍支持者の皆様。

 そんなものくそくらえの行動沢山してますね。ガキのいじめよろしく細かいところまで「特徴」突っつくのは当たり前。酷いのになると、議員家族に起きた“出来事”にまで手を突っ込んで嘲笑う。

 「俺はゲスだ。やって何が悪い。ただしお前はやるなダブスタだから」

 手を縛ってリンチするのと違い見えない。そんなもので、懲戒請求外患誘致罪を玩具にしている余命一派に怒っている弁護士同様、腹に据えかねているモノを抱いています。かなり濃く。同じレベルで相対したくないから慎重に動いているだけで。攻撃できるのは自分だけと思うな。

◇当方は「トイレ行くのいいが質疑時間消費するな」

 別方は「病気のこと考えれば“間髪入れず”も仕方ない」

 なら議長役(委員長)が止めに入れば丸く収まりますが、それをしない。確認に入った所をDAPPIが「野党はトイレにケチつける」と改竄し拡散…か。数年前にもこの件で騒ぎになりましたが、この間にも時おり安倍首相のトイレ問題は起きていたし、何回かその様子を見ると「意図的な時間潰し」でしかないのでは、としか思えないやり方も見えます。

 ただ、安倍首相はトイレに関わる病気を持っているから、批判すれば「病人叩き」と来る。

 あえて「病気の政治利用」と言わせていただきますが、それは安倍首相だけじゃない。小松一郎法務長官も、異例のルートからの登用されたときに既にガンに。「病人虐めるな」という批判封じを大分やられた。ここでも「愚行の成功体験」発揮されて…ですか。

 では、ある種の安倍支持者の皆様が「病気については敵味方ない」かと言えばさにあらず。志位共産党委員長の骨折時対応見れば酷いものだし、数年前に野党幹部の子どもが夭逝したときなどは「喝采と怒声」が浴びせられた。病気ではないが妊娠の失敗を望んだクズもいましたね。

 「何をしても咎められない」

 と逆上せ、図に乗る。力を持った際に勘違いを起こすのは人間の性かも知れませんが、それを軽減することはできるでしょう。それもしないでいい気になっている輩には社会壊されたくないですね、という決意新たにして項を終わります。