つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

「敵を潰すには『嫌がることをし続ける』」を、副作用も考えずに続けた結果の「安倍政権=日本」という思考回路。

 今日は。今日も記事製作お付き合いよろしくお願いします。

◇一度罰を下し、その不当性がゆえにそれが取り除かれた者を、世論を沈めるために「こいつらもう一度クビにしてしまえばいい」と軽く言ってのけるあほうの存在耳にしましてね。誰かと思えば常に敵対する方じゃあないですか。「愛国特権」にまみれた。社会はてめえの玩具じゃねえよ。

◇不当な懲戒請求の件で、ここ1日二日出てきた論調が「懲戒請求した側もアレだが、弁護士がその“権力”振るって請求者に金を請求する方がもっと酷い」というもの。なにかしてくるとは予想していましたが、まずはこれか、と。「相手の存在を無視しての押し通し」。最初に、自信が批判されるようなことをし、実害も出させといて、被害者が黙っとれないと反撃する。そうするとその反撃行為を「う゛ぁぁ俺を殴りつけてきた」と認識し、更に激高するという。実際の行為がどうあれ優位な位置に立つことを優先する行為「マウンティング」。幅利かしすぎ違いますか。

 この光景見ていると「魔神探偵ネウロ」の一シーン思い出しまして。「勝負に勝つには相手の嫌がることをし続ければいい」と連続で叩きつけられるカードゲーム「UNO」のペナルティカード。リバースリバースドロ2ドロ4…その絵を見たときに「ああそうか」思うものありました。

 違うところでは苛めでも。相手がどんなに懇願しても蹴りつける行為をやめない。やめて言われても蹴り続ける。やがて止めることもあるが、それは「いじめられっこを案じて」のものでなく、自身が飽きるか、やり過ぎて自分が不利になるのが嫌だからか…でしかない。

 本来なら、そんな感じで熱くなってしまう前に一旦引き剥がしてクールダウンさせるのが対処法ですが、5年もずっと「気持ちいい」ままにさせられてきた人間がそんなこと考えられると思いますか。

 「日本人なら安倍政権施策支持が当たり前で、そうでなければ他国のスパイ」

 ―に浸かっているともはや…です。最近は自国政府・社会批判を「日本ヘイト」と呼ぶなど、マウンティングの維持のために言葉すら『改造』してしまう様子を何ぼも見せつけられ、その度に頭うんと抱え込みもしますが、そのまま黙り込むのはどーしても嫌なので歩みは止めずに参ります。

実は、今日は風邪をひいてしまったので横になりっぱなし。両主題ともここ2週間くらいハード日程でくんでいるので、完遂目指して全力で頑張ります。お付き合いいただきありがとうございました。