つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

荒れる国政の図を見ながら-180309雑記ボックス。

 今日は。お付き合いよろしくお願いします。

 私の仕事のサイクルは木曜日が終点。大抵は金曜日が休みになりますが、家事は毎日進行します。ただ、気が重くて。目の前に朝の分の薬用意したけど飲むまで一時間かかったり。

◇ここ何日かで「書き換え」強烈に。本来情報強者・権力強者がしなければならない情報立証を「おかしいと指摘した人間が立証しろ」。不祥事で「詰め腹」切らされる人が出たら「不祥事起こさせた」側でなく「不祥事を指摘した」側が「責任とれ」。

 更には未確認情報とはいえ「詰め腹」の情報を入手した人が嬉々としてその様子を記している様子を目に。人間は落ちる箇所に限度がない。愚鈍で社会のメインストリートからは脱落した私ですが、せめて他人の不幸を喜ぶ人間だけにはなるまい、と誓った春の日でした。

◇安倍政権による社会の私物化は、私物化の枠内で益を貪る「オトモダチ」と、その歪みをくらって益をもぎ取られる者を作り出す。今日も歪みの部分の報道が伝えられたが、改める気もないだろう。転落はどこまででもできてしまうから、そうなってしまう前に私物化図る輩を権力から追放する必要がある(別に「始末」する必要はない)。ただ、私物化行動を批判すること。信頼おけないと厳しい批判浴びせること、権力の座から追い出し、その座にいたときの所業を裁くこと。それだけでいい。命まではとらなくてもいいし、そんなことしても汚れるだけだ。同レベルにはならんでもいい。

◇ゲーム感覚で「官僚の自殺」を扱った痴れ者。

 目の前で言われたらキレるわ。

 立ち位置越えて欠落していけないものは何か。熱くなりがちな箇所であっても確認しておきたいものです。

Twitterで最初はもっと厳しい表現でしたが、何故か「火の丸相撲」の親方の話思い出しましてね。私も「体育会系の悪いところ」が払拭しきれているわけではありません、気をつけます。

麻生太郎氏が記者会見で「街宣車が」云々と、安倍政権に従わない者の行動を茶化しに出ています。呼応するようにネトサポが「宣伝カーを持っている時点で普通じゃない」、更には「デモをするのは選挙の民意をひっくり返すテロ行為」まで言っていますが…足りない頭で考察入れます。

 彼ら与党支持勢力は、その支持する主張を自分が言わずとも多数派、あるいは権力強者が持つ媒体などで述べてくれるわけだから、極端な話、自身はその尻馬に乗っていてもいいわけです。だども野党・非強者勢力はそういうわけにいきません。黙って口開けてりゃぼた餅が落ちてくる訳じゃないから、自分自身から情報を発していかないとならない。権力強者のようにマスコミ媒体が使えなければ、草の根から意見を発していくしかありません。そのためにビラが撒かれたり宣伝カーの宣伝が行われたりするのです。

 ネトサポ型支持者は「自分等の発信」だけでなく「他者の発信を抑制」する言説を放ちます。例えば「選挙の結果与党が多数を得ている。野党が発言力つけたければデモなどしないで次の選挙で勝てばいい」など。少し考えれば、この発言の性質の悪さが見えると思います。

 ビラ撒きや街頭宣伝、デモなど様々な行動は、言葉難ですが「嫌でもその主張が目に入る」ものです。別な角度から言えば「次の選挙まで何もしなければそれらの視点が目に入らない」。つまり、考え方の選択肢からなくなってしまう。1ヶ月そこらの時間では追いつきません。安倍政権が力を保つ動力はマスコミ対策と言われていますが、それは「安倍政権を良いように見せる」のと同時進行で「自分以外の勢力は無力化か蔑視」をしてきた。それを5年も続ければ中毒性を含んだ歪みも表れます。

 何分こんだけ力を持っても圧殺できませんからね。従わない者を。去年の総選挙では小池百合子氏勢力と組んで「民進党を破壊、与野党とも似た者同士」で議会独占しようとしましたが、その目論みは壊されましたから。市井からの抵抗は止みませんし。共謀罪施行でも黙らず。実行力といってもそれは「合意形成力のなさ」と一体。オトモダチに便宜を図るために道理を曲げる(公文書問題がそれ)。更に市民向けの施策を目玉にしますが、アドバルンのみで実効性に欠ける。

 こんだけのことやられて尚「改憲で拠り所無くす」で信頼できるか。

 じゃあ変わりいるのか、言われたら「まずは異常事態除く方がマシだ」と答えます。この5年…ひいては80年代から壊されてきた「日本国憲法体制(一言で言や、ね)」を取り戻すためには時間かかるでしょ。「サヨクの反対が正解だ」のようなキズもついたわけだから。

 まんずやりとりが激しく行き交うから、神経ささくれ立って障るのも分かります。が、ある程度の鷹揚も包容力も身に付けながら相対していきますか。目愚さいとばりは言われないように。

辛淑玉さんの話でも出てましたが、先鋭的なネット書き込みにつられて攻撃的な行動に出ている人はいる。ヘイトデモカウンターに暴行するものもいるし。

 決壊寸前なんです、いま。

 軽く見たら一線越えられますよ。そうなったら止まらない。人間の弱さ甘く見ないで下さい。

森友学園に関する公文書問題。官僚氏の逝去を「朝日・野党・左翼など安倍政権非難者」に向ける方が多い。

 そうですか。泥仕合に持ち込んで「多数者の圧力でねじ切る」、と。手法はわかりました。泥仕合には付き合わないで広く世の中に状況お知らせしましょう。

◇ある地方自治体での与党を経験していますが、一言で言えば威張っているヒマ何ざないですわ。野党との緊張関係、自治体住民との緊張関係、合意形成の大変さ…。それを知っているから安倍政権や橋下氏勢力など、「合意などくそ食らえ政治」には腹ただしさしか覚えない。社会は権力者の私有財産違うぞ!

 今日は単発的な記述になりました。熱くなって足すくわれないように、摺り足ぎっちり歩を進めていきましょ。お付き合いいただきありがとうございました。