つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

安倍政権の「やりたいことだけやる」政治スタイルが歪ますもの。歪みがどこに来るかは見ていただきたい/山口達也氏の件、見解。

 お晩でございます。カレンダーを読み間違えて来週は一部仕事が休みなのに今日気づいた阿呆でございます。経験上、5月第二週の「もうひとつの主題」はあっという間に来るので段取りよく物事していきたいですね。タイムラインお付き合いよろしくお願いします。

山口達也氏の愚行が報じられています。芸能関係の関心薄い私ですが、TOKIOは見ていただけに残念でなりません。「期待」を裏切った行動の償いはしっかりなされること、被害者がダメージを回復できる手立てを打つことを求めるものです。

◇前議員・清水ただしさんが演説中に過剰に野次られた件。

 2年前くらいは「まずパチンコ廃止」の人ももう少し穏当だった記憶がある。それが今や意見の別離以上の断層が各所で。しかし「カジノ賛成」も「パチンコ規制方向」もくまず「パチンコ廃止優先」でああまで荒らして語るのは?アンチ野党優先の歪み?パチンコもカジノも射幸心と金銭負担で見ればどっちも「危険性」あるものでしょう。それが「パチンコ廃止を先にしないから」というだけでぶっ叩かれる。こっから見えるのは単に「野党のやることが嫌だから」だけじゃないか。その調子、ずっと続ければ自身の墓穴掘りますよ。

◇国会には多様な勢力がいて、提出された議案を論議するのが役割ですが、その前提となる資料は都合よく作られ、情報も以下同文、政権に居るものによる私物化行為に関する疑問には対応すらしない『ゼロ回答』ではなんの審議もできません。荒れるの止む無しです。私物化行為…とざっくり書きましたが、その対象は

1)安倍首相の近隣者

 例→加計氏。

2)自らの権力を維持するために“使える”者

 例→経済団体、マスコミ上層部

 これらの方々には何らかの便宜が図られている。こういう人たちに益を図れば、代わりに誰かを犠牲にする必要ありますね。

 従わない人

 益をもたらさない人

 「こんな人」。

 時折「おまけ」をくれてやることはありますが、基本は冷遇。「身内」と「それ以外」の対応の差の違い。どんな政権でも憲法が権力に最低限求める行為を考えれば並外れた行為はできないはずですが、元々現憲法を尊重する気がない安倍政権ですから、自分のやりたいことを邪魔するような要求は蹴り飛ばします。

 そこらで気になったニュースが二つ。ひとつは東京入管の収容者虐待。しばらく織田朝日さんのツイート見てきましたが「収容者=犯罪者」視線でいるのに障るものがあります。職員も勘違いしている節あるので、入管行政もきちんと睨んでおく必要あります。

 もうひとつは「外道右派」による弁護士懲戒請求とその反撃。「朝鮮学校や違法労組に力を貸した」という理屈づけで弁護士に懲戒請求をした「余命」を名乗る筆者と同調者。元々言いがかりに過ぎないもので、適当な対応は「一蹴」。2弁護士が反撃に出ました。外道右派・余命とその同調者は、「起訴されれば死刑しかない外患誘致罪」を利用して政敵をはめようとしましたが、起訴事実もないから検察に一蹴。これ批判する人が少ないのは「少し社会を学べば、そういう使い方は×が当然」。私ぐらいですよ、「●●は●●」言うのは(普通は相手しない)。

 今日の国会審議では杉田水脈議員による「生活保護不正追求」に名を借りた生保バッシングが行われました。

 「不正追求の何が悪い」

 とのべられる方は、申し訳ありませんが無神経と言わざるを得ません。いつ「強者のさじ加減で生存権もぎ取られるか」の恐怖心を存じませんか。(この部分は別にエントリして記載します)

 オトモダチと権力強者は優遇、そうでないのは「コマ」として扱って収奪の餌にする安倍政権による「日本社会私物化」行為を許さない、という立場で辛抱強く歩きます。

【あとがき】明日以降は「もうひとつの主題のメインイベント」に割く時間増えます。SNS記事も同様。当方はリツイート中継多くなりますがどうかご容赦ください。二題を平行して書いたもので読みづらくしてすみません。お付き合いありがとうございました。