つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

連日の「度を越えた行為」、更に要求される沈黙。誰だって不満あれば抗う。それは止められない。

 今晩は。今日は家事と所用と私用が交互にあり、危うく最後の所用をすっぽかして帰る所でした。複雑な日程は立てるものじゃありませんが、相手のこともあるし、で止む無しです。タイムラインはもう少ししたら端的に行います。現れたらお付き合いよろしくお願いします。

◇弁護士に懲戒請求吹っ掛けていた「余命三年時事日記」読者だが、当然のごとくお返しされている。余命は「外患誘致罪」でも「起訴されれば死刑確定」の威力に酔っているが、それだけの重たいものを玩具のように使うバカな法曹関係者がいますか。

◇「生活困窮者に関わる法整備」の委員会採決。あと2ヶ月の国会、ずっとこの調子でやりますか?いつかみたいに数で押せると思えば更に上乗せもします?屈服求める安倍政権支持者。法律は成立できるかもしれないがそのあとの統治はできなくなりますね。これだけ「断絶上等」の行為していれば。

 安倍政権支持者orアンチ野党主義者も手ぇこんだことしますね。Aが真正面から「安倍さんを批判するなこの犯罪者!」と言う。真正面からケンカ売られたわけですからね、対峙しようとすると別口で「あなたがケンカ買う理由でもあんですかあ」と来る。そして粘着。

 「次信頼失うようなことすれば除名(※もうひとつの主題の方)」言い渡されていますので、頭に血がのぼっても必死に数かぞえて落ち着けて…バカやらないようにしていますが、その回数が増えています。ひたすら絡んで、苛つかせようと。ネトサポ心得では「何しようが行動止めればOK」語ってますから。よく「右も左もねえ」とか言い様しますが、実際「ニュートラル」は右に寄ったと思いますよ。しかし、少なくなればなった分だけ左が目につくわけだから「根絶」まで考えに至る。私もこんな記述はしますが、ゼロサムとは思わない。グラデーションあるでしょって話。でなかったらこの世で生きてられっか。

 少し前に「社会を『■』から『▲』にする」って中身のお話ししましたね。具体的に話をすれば、■の図形の端々をそれぞれの座標軸ととらえる。いまの強依存的安倍政権支持者は「左」という座標軸を壊そうとしている。壊れてしまえば「そんなものはない」と。あとは「安倍政権思考」に押し込む。私の場合は生まれたのも、社会に加わる教育についても「一歩間違えればすることができなかった」人間ですから、棄民的施策に関しては敏感に反応する性格。今日もそんなのを前面にしてオラオラ述べている輩が多くいました。

 

あのな。思い通りに、黙ーって殺されてくれるか?

 黙って、おとなしく、思い通りのまま殺されてくれる人間は本来いませんが、そうしてほしいと思っているお方は少なくないのですね。

 ガンガンやりあっていたときに、先方が決まって要求するのは「黙れ」。その言葉が出てきたときの定型文は「ならば物理的に黙らせてみせろ」。

 しかし、その「物理的に〜」を吐いてはダメな状況になりました。朝鮮系の銀行に放火、朝鮮総連に銃撃、安倍政権に従わない勢力の物品破壊…から物理的攻撃が実際に行われる今となっては、「だったら物理的に〜」は禁句にしました。本気でやりかねませんからね。口に出せない。

 口には出せませんが、ほんに、私を黙らせたければ…です。多数を嵩に来て道いっぱいに広がって駄弁るネオナチに「誰だって歩道の真ん中を歩いてもいいはずだ」と述べた考古学者が主人公の漫画を思い出します。

◇連日連日で、どこまで底抜けゲームやらかしてくれるのか。めげてらんね。今日も多数派の側から野党・反政権主義者に「黙れ  黙れ  黙れ 黙れ 黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ…(endless」。

 誰が黙るか。

 「安倍さまの支持率をぉー!」

 知るか。30%が300%だろうが支持しないのは支持しない。

 ただ、連日の報道で心身しんどくされている方もお見かけします。そこへ更に石を投げつける輩もいますが、どうかお体を労りながら日々お過ごしください。

 お付き合いいただきありがとうございました。