つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

セクハラ加害者を庇い、被害者と追及者を叩く安倍政権支持者―「いつもの構図」に。

―夕方に一旦記述―

 財務官僚のセクハラ⇒抗議する人を揶揄した長尾たかし氏のツイート(@takashinagao 形だけの謝罪はしたが)⇒さらにはすみとしこ(@hasumi29430098)なる者による下記イラスト。長尾氏もはすみという者も書いた以上は激しい非難を叩きつけられることをお忘れなく。いじめっ子の悪意には幾度も遭ってきたから、それを嗅ぎとれてしまう。自分守るためだけなら放っとけばいいのですが、そうもいかないと考えると行動に出たり。今まで「あれは放っとけ」で片付けた結果伸長を許してきたので「そうでない」のを社会に示しつきたつもりですが…。

 破滅まで行きますか(嫌

 社会がこのようになっていて、私自身も人並みの寿命まで生きられるわけではないから、身辺整理は少しずつ始めています。社会の中に居続けられることは考えますが、自身を曲げてまでそれのみを考えるつもりはありません。先頃の歳祝いも“最後”のつもりで参加した。今の社会の進ませ方は、四角を三角に…というのをイメージしています。つまり「□」を「△」に。それぞれの図形の面積、広さが「社会の許容度」と考えればいいと思います。これまで許容されていたものがされなくなればどうなるか。枠の中に居続けたければ転向しろ、そうでなければ迫害を甘受しろ、と。

 あまり過剰な攻撃をして失望買う行為を何度もしたくない。一方でいじめっこ的行為に座してみているだけというのも、育ってきた経過考えると不可能です。タイムライン見ているとがーっと叩きつけられるある種の方が置かれる否定的現象による苦痛を何ぼでも緩和できる浮き輪になれば、と思います。

―いつもの記述時間―

 改めてお晩でございます。一昨日は夏日になってワイシャツ一枚でよかったのに、今日はジャンパー着ないとしんどい、そんな天気になってしまいました。今日は風邪気味で半日氷枕。皆様はいかがお過ごしでしたか。

 ここ数年、どう考えても権力もない、立場弱い、それでも人権の発展でなんとか生存を維持している人に対して、その維持している仕掛けを叩き、社会保障受給者に対して「大人しく虐められるだけの存在でいろ」とばかりの言動を投げつけられています。様々粗を探し出してまで。

 長尾たかし氏の一連の行動も

 はすみとしこを名乗る者のイラストも

 更には触発されて口に出すのも憚るような発言をする“一般人”も。

 自分の大変さを、根っこの社会システムがどうなっているかを見ずに、個々人の“努力”のみにその解決を持っていかせる。強者には楯突かない。ひとつの国の政権を支える仕組みが「いじめ行為」によって支えられるというのも考えものですね。しかもそれを5年続けさせたから、分断というか断層というか。それはかなり拡がってしまいました。

 「安倍政権後」はその修復作業にかなりの時間が置かれます。しかし今ならまだできる。いまはまだ「安倍政権とは別勢力」がいて、違う光景も見えるし、それを保つ人もいるから、まだ「違う目線」もとれる。これが反安倍勢力一掃されたら、あとは「一々の逆らう者の粛清」で支配続けるか、その路線の破綻でクラッシュするか。70数年前の帝国破綻思い返しましょうか。

 さらに関連して下村氏も「擁護」発言。安倍政権支持者の方々、記事にすれば「でたらめ言うな」、証拠出せば「許可は得たのか」、さらに逆ギレして「党員は残らず盗聴してやる」と。愚かな行為を愚かだと述べて何が悪い。言われるの嫌なら行動気を使いなさいな。最後のはそれでマウントとったつもりですか?公権力保持者と非保持者と一緒にするな。以上述べて今項は終わりにします。