つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

斎藤ひろむ市議への襲撃−安倍政権支持層の攻撃性が生んだ社会破壊。

 お晩でございます。岩手内陸部もすっかり暖かくなり、今日から“もうひとつの主題”も。夜になった今でも気温20℃としばらく前の「夜は氷点下」が嘘のような気候の変化です。変化には気を付けてお過ごしください。タイムラインお付き合いよろしくお願いします。

 本来であれば、今日の書きはじめは“もうひとつの主題”からの予定にしていましたが、それをぶっ飛ばす案件が起きたのでこっちから始めます。

◇愛知県豊橋市で街頭宣伝をしていた共産党市議が襲撃を受けた、という一方を耳にしたのは昨日深夜でした。自民党、ひいては安倍政権が強いている「牽強社会」。しようとしていることが「お国のために市民はその部品でいろ」という収奪主義、市民支配を実行するために取り込みたい勢力には平等性かなぐり捨てて便宜を図るオトモダチ政治―それに怒る人は少なくありません。安倍政権に異議を持つ人たちが集い、様々な手段を使って「おかしいのはおかしいじゃ」と世の中に訴える。安倍政権が強力な多数を得ているとはいえ、それは小選挙区制度のマジック―比較多数者が強力な力を握る―。潜在的には異議を持つ人も少なくないわけです。

 安倍政権がやろうとしていることは市井の市民に負担被せるものばかり。それを市民に受け入れさせるためには「その道以外見えさせないようにする」ことが必要。それは別意見を悪く見せる行為が必要に。その観点からのネガティブキャンペーンは執拗に、執拗に行われました。

 ネガキャンが利いて「安倍政権しかない」と思わせることに成功させてしまいました。が、右派牽強のやり方に納得しないという人の行動は止めることができず、反安倍の意思があることも世に存在し続けている。安倍政権にとってみれば突きつけられた刃に見えるでしょう。そんなものだから、議会内勢力、あるいは握っている権力の厚さの割には、反安倍派の行動を嫌がって「靴についた泥を吹き払う」ような行動を極端にする。勝ち誇った姿を必要異常に見せる。「お前ら諦めろ」と言わんばかりに威圧する。そんな姿を幾度も見てきました。

 安倍政権がつくられて5年ですか。その間に押さえつけ、押さえつけで社会を掌握したかに見えましたが、あまりにふざけた社会私物化を進められ、挙げ句に「潰しにかかる」行為をしはじめるとなれば、ぶっキレるのも当然でないですか。一連の不祥事顕在化はその現れ。どんなに支持者が取り繕い、「野党はダメだ、左翼はダメだ」を連呼しても、肝心要の“本体”が腐ってはどうしようもないものです。一気に吹き出る私物化の実情に「それでも」と擁護入れるのは勝手ですが、それは「底抜けたバケツに水をくむ」ようなもの。

 そこで「威勢を誇りすぎた過ち」を認識して行動すればいいのでしょうが、「“クズ”相手に頭下げたくない」というのが先走ったようで。そういう人がとる行動は「よりひどい正当化」になります。道理もくそも蹴飛ばした正当化は、社会を壊すはめに。当然、んなもの受け入れられるわけありませんから。批判の意思表示はガンガンと現れる。苛つくでしょうね。「いつまでたっても黙らない愚民」の存在」に。

 で、過激化、と。

 今年に入ってからの国会、擁護者の行為。思い当たることは?「安倍政権しかない」と「いい思い」をしているのであれば、彼らにとって死活問題。諦めないで行動してきたから、安倍政権の苛政を可視化できた一方で、それを失いたくないと思う側が手段を選ばなくなってきた。その結果が「実力行使」に出させたものと見ます。

◇昨晩に豊橋市議への暴力行為が報じられて、批判も多いけど、一々枕詞つけて「どっちもどっち」、「共産党に原因あり」、挙げ句加害者の行為を褒る―まずは「暴行がダメだ」でひとつ置けませんか。たんにあの勢力がこの勢力がで済まなくなる。人間の弱さをなめるな!と。近年は既に「限界突破」的な出来事が相次いでいます。在日外国人が関わる施設に対しての攻撃。最近では放火だの銃撃だの起きています。「すぐ消せただろ」「人には当たっていない」で済まさないで。次はそうならないと限らないでしょ。攻撃行為が起きているのをまず見て。

 それを経てこの一週間で自衛隊幹部の悪罵や共産党市議への実力行使が起きている。安倍政権支持者は「野党左翼だって」と言いますが、デモや街頭宣伝が暴力と“同じ”なわけないでしょ。一円玉と五百円玉取り替えて、てな話に誰が乗りますか。

 ここまで雑多な話を混ぜながら記述してきましたが、「気にくわないやつは暴力で排除しろ」。ここまでたどり着かせてしまった。この次は何か言うたら「存在の抹消」…平たく言えば「殺人」。「大袈裟だ」?これまで幾度突破させました?軽く見るのもそろそろやめましょうか。動あれば反動ありで、目に見えるだけでもこんな案件が次々飛び込んできました。「黙らない」はもちろんですが「黙らない」を保障するための取り組みも気をつかっていきますべ、と記して項を終わります。