つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

安倍政権と強依存した支持者による社会破壊。何をするにも、腹を据えるしかなし。

 今日は。拙稿お付き合いください。

◇「安倍政権による日本私物化」。抗する行動に立たれている皆様には石礫も飛んでくるでしょう。しかし、正面からの対峙でない「童のイジメ」レベルの行為やる輩はこんなふうにしか見えません。歩いて、拓いていきましょうか。

◇前川氏云々と学校教育に圧力かけにいった自民議員。その一人の池田佳隆議員はある全国組織の長を務めたことがあるとか。そういう人間が醜態をさらすと、そこに関わる人間すべてが「そんなものか」としか見られない。隠れてないで何らかの弁明をどうぞ。

 安倍政権は自身以外の存在を認めない「この道しかない」スタイルを基本線に行動を進めてきた。物事の影響は±働くもので、−に働けば強依存体制も作り出す。どんなに酷くなっても「安倍さんの他にいない!」で批判の声を片付ける。安倍政権と心中はごめん被る。

 安倍政権と支持者が強依存になって「安倍さんでなきゃだめだ」は勝手だが、それに固執して社会ぶっ壊すな。今でさえ「私物化」という形でかなり壊されている。ここで止めなければ「これ以上」の危険性が。焼き野原と屍の山を見て漸く…では遅い。今のうちに交代を。

 森友問題で安倍政権支持者が今言い出しているのが「財務省悪役論」、更に増幅させて「安倍政権に従わない者は全て“抵抗勢力”だ」と。その敵味方に分断するやり方、ウケはするのか知らんけど、巡り巡って社会ぶっ壊す基になる。安倍政権支持に熱くなって順番間違えるな。

−ここまでは昼間に散発的に書いたものです。ここからは定例入ります−

 改めて、お晩でございます。ようやく「3・11」をゆっくり思い返す時間をつくれたか、と思ったらその間にダダダダといろんな出来事が通りすぎていました。そこはるる語るとしまして、少し記述していきます。タイムラインお付き合いよろしくお願いします。

 社会活動方面。公文書を改竄してでも安倍首相・政権の社会私物化がバレないように、という工作の化けの皮がはがされてきましたね。「直接的な証拠がないリンチはやめろ」だの「名探偵コナンごっこは別にやれ」だの言われますが、行政が不当な介入で曲げられたのなら正すのが当然。安倍政権、ひいてはその後援勢力(日本会議)の日本社会私物化はあちこちにキズを残していまして。東京都議会 で審議されている「迷惑防止条例」。小池百合子氏勢力も「安倍政権後援勢力」でしかありませんから、非与党面をして「デモ封じ」などの援護射撃を平然としでかす。

 或いは、元官僚の前川氏に関しての「政治家による圧力・学校介入」も報じられましたね。一人はベテランの域に入った議員、もう一人は全国組織の長経験者。「俺は安倍首相の愛弟子だ」といえば何でも通るとお思いか。それこそ安倍首相・出身組織の面を汚すものでしょう。

 安倍政権を持たせるためには「この道しかない」と思わせ他を見させない―手法をとってきましたが、強依存のやり方を中毒化させるところまでしたら、終わらせ方は取り返しのつかない箇所で乱暴に行われざるを得ないでしょう。そこに至るまでにどれだけの屍をさらしますか。強依存型支持者は「反対派がいるのが悪い!そいつらみんな潰せ(要旨)」などと述べますが、そこまでいったら「戦前に〜」「明治時代に〜」時計戻す、て話じゃないですね。15、16世紀ぐらいまで戻します?庶民の人権、という概念が薄い時代まで。何を言ってるのか自覚しなさいよ。

 ここまで壊された社会治すには手間かかりますが、もっと悪化させてからでは手遅れ。以前何かの小説で「市部は全て焼き野原、文明社会破壊、立て直すには数世紀」という戦記ものを見ましたが、それすらぬるくて、もは放置するしかない「不可侵領域」(インド洋に該当民族あります)にさせられる危険も。

 去年聞いた安田菜津紀さんの話。穏やかな人々の様子が、戦争が始まったら殺し殺される関係・空気に。古今東西戦争は何が起因となって始めさせられるのか…言えば「人間の弱さに突け込んだ煽動者の“呪文”」。かつて惨禍を呼んだ勢力がまたも“呪文”唱えている…なら、黙らすしかない。

 強依存型安倍政権支持者、今度は「官僚が既得権益守るために〜」などと言い出していますが

 切 り 棄 て ら れ た 人 間 が 黙 っ て ば か り い る と 思 っ た ら 大 間 違 い で す よ、と。

 それだけ忠告しておきます。

 いま一番ひどいのが安倍政権で、それを退けなければならないのは大前提で、人間の弱さを認識して動かなあかん、というのは強く思わされます。今日も拙稿お付き合いいただき、ありがとうございました。