つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

「潰したい」と思う相手に「引き分けでは負け」という状況。痩せ我慢でもいいから意気高く臨む。

 今晩は。文量少なくなる水曜日ですがどうかお付き合いよろしくお願いします。

◇社会荒れている状況で「安倍政権に与せない者は日本人やめろ」いう言葉も力を持ってます。

一市民のクダ巻きならいい。実効性ないから。政権と結んで実効性持たせたいという意思と、反対派を潰したい政権側と一致して動き出したら…カンボジアベネズエラは他山じゃない。

◇アンチ野党氏による“働き方改革”賛成意見。

・反対する奴等は『過労死OK』出してる。

・残業代ゼロの指摘は『嫌がらせ』

・マスコミが賛成しないのは在日が占めてるから」

 何でも在日と野党のせいにすれば自己の不利益もOKか?安倍政権のアドバルーンとは裏腹に、実際は富裕層のみが利潤に預かっているのが事実。それを慰めるために「在日」「左翼」「反安倍」のワードさえ振り撒けばあとは「素晴らしい日本のために我慢」と…。どこまでそのスタンスでいますか。放っとけば、命すらとるぞ。

 今日は水曜日で、記述がままなりません。3月の日程編成もありますし。国会、始まって1ヶ月経ちましたがもはや一事が万事「ねじ伏せる」だけで押し通す、というのはよく分かりました。サンモニで中西哲生氏が「何でも対立構図にするな」といいましたが、5年ずっとこれですから。もう無理。

 安倍政権与党やその同調勢力、さらにネトサポ型支持者。今年に入ってからの「煽り方」が凄まじいものになっています。毎日のように荒れる様相というのも社会活動してはじめて経験します。煽る輩に対する厳しい指摘は必要ですが、同時に第3者の目は気にしたい。

 野党支持者と与党“ネトサポ”支持者で激しくやりあって「どっちもどっち」にされた場合、それは「引き分け」じゃない。「与党の勝ち」にさせられてしまう。権力関係を握っているのは向こうさんですから。当方は「どっちも〜」引き分けも許されない「やり方」しなければならないです。安倍政権与党側は「支持者以外は寝ていてもらえばいい」が思考回路。自分等決める法律が全居住者にかかる、ということすら認識できないでしょうね。そんなん様々踏まえた言論戦、足りない脳みそで相対していきます。今日の記述お付き合いいただきありがとうございました。