つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

名護政治選、野球場整備に絡んで。あと、ファームチームなめるな。

 今日は。名護の政治戦も明後日が投票日に。その部分中心に記述します。お付き合いよろしくお願いします。

◇名護の市長選で野球場について話に。野球場の改修も簡単ではありませんし、ファイターズキャンプ以外にも使うからシーズン中の影響避ければ一回飛ばさざるを得ない部分も。しかしもう既に現地に入っているのに「撤退した、現職市長のせいだ」は筋悪すぎませんか。思った以上に広い名護市でも分かるでしょ?

 根も葉もないこと言えば、選挙に勝つ、一票入れてもらう。それだけを考えればろくでもない考えも正当化できたりします。しかし、その行為をして、選挙戦以降同じ面して世の中生きていられますか。刻まれた分断は傷跡となり、以降に残る。その原因がデマならより助かりようがないですね。

 選挙戦で国政与党系の候補がよく使う「税金を引っ張ってこれる(=同野党系はできない)」という言。「森友・加計」など社会の私物化甚だしい安倍政権では…てのもありますが、基本そーいうような金の引っ張り方、あるいはその逆はできないようになってます。

 でなかったら陸前高田市なんなん、と。

 同市は03年から11年2月まで共産党員の市長がいまして、選挙戦の最中にはやはり「金は来ない」などと語られていたものですが、8年の中里長門市長時代で「金が〜」てなことはありませんでしたね。市民本意の要求実現のためなら自民党本部にも乗り込む真面目な方でした。

 で、なんでしたっけ。

 「新人陣営が名護市長なれば金は来る」でしたか。そのあてにしている部分(交付金)は好き勝手に使っていい性格のものでありません。市民生活をどうするかは市長の姿勢が試されるものでありますが「コネに頼るスタイル」ではどうにも信頼おけません。

 しかし…Twitter140字でまとめて話すのは難しい。これまでの傾向見れば“先方様”には何してもムダだが、見ている皆様には何とか、と思って文こさえてるけど…プロ野球のキャンプ来訪は貴重な機会ではあるけど縛られ過ぎはどうなのか。縛られすぎて無茶して日常方面壊したら本末転倒だ。で、ここでも亀裂、と。起こったことは事実であってもそこにひとつまみ変なもの混ぜ込んででかい声で叫べば自分の側に持ってこれる、か。“先方様”は別なケースも述べているけど、仮に言っているのが本当だとしたら全面撤退してもいいはずだ。選挙戦はそーいうものでもあるとは認識していてもな…。

 選挙戦はその政治が催す出来事全般を点検するものだから、チェックはあって当然。ただ、そこに変なもの混ぜられるのはな…自分が関わっているもうひとつの題材だけに複雑な思いですよ。“先方様”の話に添えば、「新市長になればキャンプが戻ってくる」言いますが…現状「来年は球場事情で使えない、再来年は戻る」のは話ついているわけで、それを自分に都合いいように脚色される、本来争わなくてもいい場所で争い起こさせる。度を過ぎれば社会が壊れるぞ。

 私なぞは根っこからの社会変革を臨む者だから、差違はけっこうあるもんですが、それでも「差違のない」ものだってあります。名護の新人氏陣営の行動は、現職憎しのあまりに「ここまでやるか」という差違化が甚だしい。先の日ハム問題にしても。選挙終わったあとどうすんの?と思います。

◇ここまで名護市長選の記述していましたが、「撤退」デマ語る面々の言いぐさに…特に二軍選手に対してのそれに些かならず障るものありましたね。普段なんの専門家か知らねえが●●みたいな口利くな、と思った。あんたは何様だって怒鳴りつけたいぐらいに。

 ビッグコミックに掲載されていた「あぶさん」の初期にこんな話ありましたね。

 居酒屋「大虎」で元ノンプロで腕に覚えある“社長”氏が当時一軍二軍エレベーターの景浦安武の前で得意気に威張り散らし、二軍クラスでは大したことない旨述べていた。景浦を前にしたあまりもの忘却無人に店主の虎次郎は出入り禁止を告げ、更に翌朝の社長氏の草野球に乗り込んだ景浦はその投手の決め球を大ホームランで返り討ち。そして「一度中百舌鳥に来てみな 給料泥棒なんて言えなくなるぜ」 と述べて帰途につきましたとさ。

 …私ゃ県予選初戦敗け大多数の野球部唯一の3年間一桁背番号未経験者で、卒業後も野球に23年関わっているが1試合も出ていない文字通りの万年補欠ですがね、ある程度高いレベルの野球に触れさせてもらっているからすごさもある程度は分かるのですよ。二軍だってそこにいること自体がすごいわけ。確かにスター選手のいる一軍に比べれば…ですがね、わざわざでしゃばって来てまで虚仮にしに来るんじゃねえよ、と思うわけです。

 とりあえず、これだけでいいですか。私の能力届かず、名護市長選挙オリジナルで書けたのが今日ようやく、山口県知事選挙、長崎県知事選挙に至っては拙稿での記述が追いつかぬまま明後日が投票日になりました。先頃の沖縄・南城市長選引くまでもなく1票が差を分けます。丁寧に多く働きかけを。

 18年に入ってから強く感じますが、16年より17年、17年より今年とあらゆる面での“どぎつさ”を感じるようになりました。それにどう対峙していくか。去年は私の方がきつすぎて失敗。まず「そんでない違うの〜」を示していければと思います。

 お付き合いありがとうございました。