つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

基地撤去への働きかけ/オリンピックの見方と理想形…など。

 今晩は。ただいま飲み物に入れる細粒のものを勘違いして粉のまま飲んでしまい、猛烈にむせています。金、土と所用が乗って、終えて一段落していましたがなにか別なものまでどっかに置き忘れた模様です。タイムライン表れたらお付き合いをよろしくお願いします。

◇名護の結果が結果だから、「たたかい方」の議論そのものはあるべ、と思いましたから、その範囲内であれば交わしあえばいいと思います。ただ、そこに「変にえぐる」行為をしなければ。団体ともなりますと、発揮する力は大きい変わりに融通が簡単には利かないものがあります。性質見ての対応を願います。

◇少し前になりますが赤報隊名乗る勢力による朝日襲撃のドラマありましたね。肯定者は「義挙」と賞賛していますが、「言論の自由」を第一義に「義挙言う自由を」更に「自由のためなら遺族の前でも言い放つ」と述べている方がいます。「必要なら」と逃げを打っていますが実行できるものならやってみろ。

◇日本に住む人間の様々な権利保障は日本国憲法を基準に図られるもの。それが「憲法」でなく「時の施政者」に置き変わったら。わざと困窮状態作り出して、「施政者への服従」をマシな生活の保証条件にすることもできるわけだ。芸能人の会食と“効果”を見ての一考。

◇基地引き取り運動については語ることをタイムラインに乗せたので一旦休止。

 ただ、その現場沖縄ではオスプレイ部品落下、米軍車両の信号無視と「なにも学んでいませんね」としか言い様ない行動が。

 もっと性質悪いのが、それらを擁護するネトサポ・アンチ野党。米軍車両の信号無視に対し「沖縄県民だってしてるよな」と。ええ、一般市民は信号無視すれば相応の罰と代償払いますね。起因する事故含めて。

 米軍車両は違うのですよ。

 地位協定を盾に逃げることもできる。公務だ言ってしまえば米軍優位にされる。

 平等違うわ。

◇権力傾斜も見ないで変な平等視はやめろと思っていますが、“先方”はそうじゃない。「弱い僕らの選んだ代表が安倍政権」で、それを「権利を盾に侵しに来るやつがいる」→「安倍政権を守るのが日本人の役目」と勘違いする人が。

 安倍政権とて「社会の中の一部」でしかない。

◇オリンピック始まっていましたか。私は…開会式前のカーリングミックスダブルスと今夕のアイスホッケーしか見ていません。スウェーデンに1−2ですか。コリア連合と同組なのでどう戦うか注目します。あと、「個人参加チーム(ロシア代表だった選手で構成)」もありますが、チーム競技ではどうにも違和感が…。

◇ほんで、記事製作と考えていた時間を休養にあてていましたので、記述したかったことのさわりをいくつか。

1)震災の件を書いていましたが(ブログでは別エントリ)、「震災復興予算の流用」をふと思い出しまして。「お題目を名目にして予算を引きずり込む」の構図が批判されましたね。お題目は目立つようなことを言うが、実際の行動では利を己の支持勢力にくれてやり、あるいは支持勢力の利益は侵さない範囲でしか対応をしない。社会保障でこういう態度をとりがち。故に働き方改革も名実伴わない。「働かせ放題」の危機。厳重な警戒で臨む。

2)オリンピック。84年を機にだんだん豪華になり、開催に思い切り負担がかかっているのは皆様見ての通り。いっそ開き直って、記録追及形は競技毎のワールドカップに任せて、オリンピックは市井の施設でやってみればいい。「単独自治体」で行うのも無理あるし、負担もかかるならいっそ「〜地域(あるいは国)」にし、会場も〜市営陸上競技場とかで。メダルよりは人事交流の場にする、と。そんでいいんでねえべが?

 見ていて疲れるのが

・過剰なまでに掻き立てられる愛国心とメダル獲得熱

・思うような結果が出ないときの掌返しの早さ

・韓朝中批判

 この空気の居心地の悪さ。何度経験しても嫌ですね。 一々に愛国心や近隣国への憎悪なりを込もった記事を見るたびに心身が激しく疲弊させられ。今日で言えば産経のアイスホッケー報道。合同コリア惨敗と嬉しそうに。大会前に現場の外でチーム編成が変わった部分では「うーん」と思うものがありましたが、他人の不幸を喜ぶのはどうなのよ、と。平昌五輪参加8チーム。皆ランキング10位以内だどもコリアは20位代前半(韓国、北朝鮮とも)。苦戦するのは端から分かっていたことです。寸前で大舞台に立つ権利を阻まれた選手のしんどさは…思う部分ありますが、少なくとも嘲笑いの対象で見る輩に与した行為はしたくねえです。

 今日は多項目記してきました。お付き合いいただきありがとうございました。