つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

実習生への労組脱退工作と“雑音”/西部氏の逝去と「安倍政権絶対防御」視点/南城市と南相馬市首長選。

 今晩は。今日は近隣に紙智子さん(参院議員)弁士の演説会ありましたが、他の参加者に風邪を移す危険性を考え自宅で休んでいました。雪もちらほら降り始めました。それぞれ状況に併せて気をつけましょう。タイムラインは気まぐれに現れます。お付き合いよろしくおねがいします。

▽外国人実習生が暴力を受け、労働組合に入って問題解決を図ろうとしたら実習生受入団体から労組の脱退を求められたという報道。何重にも悪質なもので許されません。当該労働者のためにも、また各種労組破壊行為を許さないために、問題点多すぎて大変なところですが着目を。

 関し。田端信太郎氏(@tabbata)の煽り記述。さらにそれを受けて「だから野党は」につなげるちきりん氏(@InsideCHIKIRIN)。一々不快感と分断持ち込むな。この手の「賢しい人」を好きになれんわ…。

▽自民ネトサポ…ホントに「安倍政権を守る」ことが第一義になってしまいましたね。今日なくなられた西部氏は、20年前の視点で見れば「破壊的な右翼」ですよ。それが安倍政権を批判したいうだけで蔑称つけて叩き出す…何なんだ一体。籠池氏もそうだが「用無しは切り棄てる」行為も甚だしい。その西部氏、最近は体調の不良に悩まされていたという話。この点、先が見えづらいという意味では私も同じような状態なもので「何たらよ…」としか感想がありません。「破壊的な右翼」としての行動はそれ単体でモノを見ますが、生きることをやめたことに相応のしんどさがあったことを察します。

▽政治戦・選挙戦2つ。沖縄県南城市ではオール沖縄候補が当選。現職氏は立ち位置以前の誠実性のない行為もあり、転換が成ったことには安堵。ただ、議会勢力では弱味もあるので“現職氏投票者”含めた市民との共同築いていただくことを望みます。一方で、南相馬市自公政権よりの候補が当選、と。報道では「国とのパイプ」言われていますが、誰が市政担おうが、国として最低限やらなければならない施策というのはあります。地方自治体は国の下請けとは違う。震災被災地なので注視してみていきます。

 手袋必要なくらいの寒さになりまして、関東では雪ですか。38℃出しといて言うのも難ですが、お気を付けてお過ごしください。タイムラインお付き合いいただきありがとうございました。