つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

社会変革のイメージを漫画「TPぼん」に見る/安倍苛政の象徴−質問時間と強姦擁護。

 今晩は。今日は午前中に発熱を起こし、薬飲んで静養。ただ、そればりもしていられない状況でもあったので、午後は家事選択、部屋の模様替えをしていました。秋が深まるなか、皆様はいかがお過ごしでしょうか。タイムライン、暫しお付き合いください。

 ◇ツイッターアプリの事情もありますが、私は非公式のリツイートも使わざるを得ません。それで他者の記事を論評することもありますが、批判的な記述は他に読まれている他者への警笛として記しています。厳しい言い方になりますが、その方に丁寧に対処する気はありません。最初に石を投げたのは? 

 ◇「懇切丁寧」な差別発言は見逃されて

 ヘイト発言に対する警告込みで厳しい発言をすれば一発アウト、と。

 結果、笑うのは差別主義者。

 中国のウェイボー?笑えないよ。

◇『意見はそのとおりだが、あなたは(※仕事・属性)だ。政治は政治家がするものであなたが口出しすることではない。あなたは自分の仕事に集中しなさい』

 …この手の「口封じ」、何度やられたのか。更に苛烈度は増す危険性もある中で、えらい人以外の発言権守らないと…。

◇長年、同じ道を歩き続けるというのはしんどいし、飽きる、という思考回路も入りやすい。そこを突き抜けて違う光景見始めたら、一瞬の爽快感は味わうでしょう。

 その後は?

 その「爽快感の意味」を考えないと。

◇私のやっている社会活動は、「社会変革を伴って世の中を変える」のをスタイルに。その性格上、現状の否定というのも帯び、ぶっちゃけ言えば面白くない思いもさせることにします。そこから来るイメージもあって「今は保てる」と与党支持に目を向けられる方も多いと思います。共産党の綱領でも直ちに共産主義に持っていくわけでないと述べてますし、修正資本主義、という言葉もありますが、そこら辺でも「敷居が高」かったりするのが現状です。そこで私がいつも頭に浮かぶのは藤子不二雄氏作品(どちらかは忘れた)『TPぼん』の一節です。

 TPぼんは未来のタイムラインパトロール部隊にたまたま遭遇した少年が関わるという話。任務はその時代時代に起きたトラブルを解決するものですが、その対象は「何でもかんでも」でいいわけでないようです。それを(貧しい)図表つきで。

【社会変革 イメージを「TPぼん」に見る】

 初期のぼんの相棒によると、タイムパトロールの任務のイメージは

 ↓↓↓

□□□□□

□□■□□

□■□□□

□□□■□

□□□□□

 社会全体の中の除去可能な悲劇(■で表す)を直すのが役割、と述べます。しかし、後々に生きる物事(□で表す)まで無理矢理修正すれば世の中全体が壊れてしまう。

 ↓↓↓

これより先

 ↑破壊

□■  □ →無理矢理□□とる

□□□■□

□□□□□

 自分達の行う社会変革は前者の行為。共産党の行動というと、ロシア、中国、日本でもエセ左翼(過激派)などのそれがそうだ、と言われがちですが、イメージ図としてはこういうもの、というのをご認識いただければ、と思います。

◇国会の質問時間の件。民主政権時に「民主など与党2:自民など野党8」にしてもらって、今回は「自民など与党7:共産立憲など野党3」を求める与党勢力。整合性?とるために自民支持者が言っているのが「当時の民主の内輪揉め解消策で自民8になっただけ」だから「何も感じなくていい」、か。見下げたな。

 更には様々理屈を持ち出して正当化に走る人も。あるテレビニュースの1画面だけ持ち出して「ほら野党は森友学園の件しかやっていない」と批判する人もいたので…回答記しておけば

1)テレビ画像がいつのものかの提示がないが「審議の中で問題点の焦点があたった日もあった」のはたしか。

2)「きょうの予算委員会」の題名つきで円グラフが表示していたから「ある一日」と

3)しかし国会は約20の委員会審議を週4日。全部見れば「もりかけ」だけでないの明白。

 声高に「フェイクニュース」とはやりたくありませんが、必要なことは記して参ります。

◇一旦ぶっ壊れたタガは、そこから怒濤のように重みを増して落下の推進力になってしまいます。山口敬之氏の件も「被害者泥酔時対応」「不同意・無避妊行為」「権力者利用で不利益回避」と端的に3点重大な問題ありますが、そこを避け病身の親をも使って印象操作に努めているのが腹ただしい。

 国会質問時間についても「全国民縛る」ものを、事実上与党の審議のみで決するようにする度しがたいもの。立法府構成員の選出、与党と政権の同一性、採決時の絶対性(人数比)…法案成立過程の中で、野党・非多数派が能動的にかかれるのは質疑。それ封じられたら野党要りませんね。

 自民党の若手議員が関与、弁えの知らないサポーターと「思い通りに進んだ」経験しか持たない議員の「負の併せ技」がこれでもか、と。最近の安倍政権与党勢力は、自らのままでは頭打ち、と「衛星野党」を拵えそこに「反対票」流し込むように。総選挙希望勢力もその狙い。

 気にかかるのが彼らの余裕の無さ。今日もドラマの1シーン引っこ抜いて「安倍首相をバカにした」とお冠ですが、少し前の小学館雑誌の件といい明らかに過剰反応。「少しでもバカにされたら報復するぞ」と、逆らったら面倒な空気作りをしている。「帝王軍のモヒカン」か。

 特に気にかかったのは以上です。最近、やっこい話書けなくてご免なさいね。お付き合いいただきありがとうございました。

▽参考資料→国会質問時間 イメージ図表

◇現行→与党2、野党8

内訳□与党質問、政権答弁(与党≒政権)

  ■野党質問。

  /質問答弁(半々)の区別   1単位5%

与党→□□/□□

野党→■■■■■■■■/□□□□□□□□

□→12個(6割)■→8個(4割)

◇一部報道→与党7、野党3

与党→□□□□□□□/□□□□□□□

野党→■■■/□□□

□17個(85%)■3個(15%)

◇善意?の「与野党半々」

与党→□□□□□/□□□□□

野党→■■■■■/□□□□□

□15個(75%)■5個(25%)

◇「与党99対野党1で〜」なるざれ言

 与党□→単位5%

 与党△→単位4.5%

 与党◯→単位0.5%

 野党●→単位0.5%

与党質疑□□□□□□□□□△/□□□□□□□□□△

野党質疑●/◯

与99・50%

野0・5%

 さすがに最後のは舐めすぎですが「ふざけるな」というのはきちんと形にして表すのが正道と思い、表記しました。