つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

チビチリガマの件の反応/台風にすらヘイト持ち込む輩がいる。先週の反省も併せて。

 今晩は。今日もお付き合いください。

 昨晩のチビチリガマの記事にご意見が多くぶら下がっています。一々に反応したくないのでまとめて。

1)私は「右翼が犯人」とは述べていない。「右翼の人が予防線張っているのはなぜ」とは疑問呈しましたが。

2)「左右関係ない〜」→…わけがない。昨日の記述参照。

 意見出せば私みたいな些末な媒体にもご意見が飛んでくるものでして。まあ、それは当然としましょう。それがSNSだからよしとしましょう。

◇「純粋な日本人は」という書き出しから始まる方々の傾向で「(概略)自民等非支持者は日本から出ていけ」。

 君らだけのものと違うわ。

 こうのべる方々のモラル低下はかなり。「天気予報の表現からみる危険性」を説明した荒木氏の記事見た後に「朝鮮人は台風来たら川に行け」と述べる愛国者を見に行くと…吐き気するね。あんなんにはなりたくない。

 私自身は2回「通過後に土砂崩れ」1回「津波回避」しているが、災害は属性関係なしに襲ってくる以上この類いの言葉は慎むこと。逆の立場になっても同じこと言えるか(当人が「言えるとコメント」)。

 …しかし、土砂崩れ、どっちもギリギリだったね。津波もいたら逃げられない。そんな経験したから余計に先のように語る輩を承知できない。あえて不快振り撒いて自身は楽しんでいるのか解らんが、回りも自分も侵されるぞ。

 過日は本当に怒りを以て責めすぎてしまい、もう一歩間違えば自分の方が「過剰防衛」にとられるところだった。だが、私の場合は「居場所」がすぐに分かるから、すぐ注意を戴き、止まることができた。

 が、先方は「ツイッターはリアルでできないことができる場所」と止まることを知らない。そんなもので、「目の前にいる自分が少しでもショック与えれば目覚めるきっかけにはなるかも」と思ったけど「反応のすべてを“アカウント”が吸収してくれる(=リアルの自分には応えない)」状態では全て徒労。不評は全て私が被っておしまいになりました。

 そんなわけで過日のような態度は厳禁。それ以外の手段で対抗するとします。

◇多少意地が悪い見方ですが…

「働き方改革」一括法案。「自民党ネトサポ」から「爛れた反対者叩き」が聞こえてこないんですね。労働法制の破壊は安倍政権のお友達(経団連)が臨むものだが、積極的な賛成論が見えない。総選挙→圧勝→強行で押し通す気ですかね。

 今から備えましょ。

水原希子さんのバッシング。堪え性のない方々がひとつふたつの行動だけで噴き上がる様子に頭が…。

 さらにフィフィ氏が「生来の名前を出せば」と。

 “そっち”にしたらしたで批判しか来ないでしょう。標的定めたら「以降はすべて批判」。虐める側からの高説は要らんわ。

◇家事の時間落ち着いて…。

 楽天ブログからの記事移し替えをしようとしていますが、ただでさえ手間がかかるところを補助アプリが不調という始末。私のパソコンが未だにWindows7なのも効いてますかね(泣)

 ただ、楽天ブログ初期は「野球」と「社会活動」を混在して書いています。記事によってはその分離作業も入るので、思ったよりは時間食いそうです。インポート作業できる状態に持って行けばいいのですが。

 模索は続けることにして、今日は寝ます。お付き合いいただきありがとうございました。