つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

「造反の持ち込み」は効いてる証。共闘路線の継続を/恐怖政治は「反撃への恐怖」から。

 今晩は。今日も短文つなぎの記事を記します。

 

野党共闘。安倍政権の市民犠牲型政治を転換しようという意から市民有志が接着剤となり進めてきた2年間。それを疎ましいと思う側は、とことん綻びをひっちゃぎ(引き裂き)、亀裂は深める作業をせっせと。その姿がここ数日のネガティブな話でないですかね。愚直に進めましょ。

 

◇「税金の恩恵を受けているやつは政府批判をするな」…か。

 

 その考え通したら「ひとつの考え以外にいらない」につながるな。

 

 税金の世話にならないやつ、なんて先ずいない。

 

 コミュニティの中いれば改善の意見くらい出るでしょうに。

 

 黙らせる一手でしかない。

 

◇「安倍首相ご贔屓」と評された記者氏が、安倍夫人付職員の冷遇に諫言したら記者氏も冷遇されるようになったとか。「使えなくなった物は切り棄てる」。これを繰り返した先には何が待つ?

 切り棄てた者の復讐…知っているから「切り棄てた物は滅殺」行くんだな…。

 

◇どうしても解せぬこと。

 

 社会保障は「キヨクタダシイモノニタイスルゴホウビ」ではない。

 

 要件に合えば無差別平等に対応しなければならない基本的人権

 

 更に社会保障による「大変さの可視化」で問題点の解消も図る。

 

 自警団のような行為では対象を恐怖に曝すだけだ。

 

 

 明日からは東北クラブカップ。頑張ってきます。