つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ。

17年9月移籍、社会活動中心の記事を記していきます。

つなげ“希”動力-人生記録員、伊東勉のページ

です。 ランキング参加しています。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

伸長の期待に応えようという思い。ただし、焦らず着実に。

 今晩は。
 体調降下に荒天加わりまして、去年までできていた雪かきができず、更にネカフェでは着ている服(外での仕事対応できる防寒着)を忘れて暖房にあたっていたらやや脱水気味になり。いささか様あない状況ですが、無事に生きてだけはいます(←威張れるのそこだけか)。今日もお付き合いよろしくお願いします。

 今日の赤旗見たらビックリしました。なんと納豆「秘書50人募集」!すさまじい余波ですわこれは。今までも秘書募集はありましたがドンと50人は…。東海の本村伸子さんや北信越の藤野さんのように秘書出身の議員もいますし、国政活動の先頭でたたかうチーム共産党議員団の1人。多くの方の挑戦を望みたいところです。

 この秘書の話でもそうですが、勢力が大きくな(ろうとす)ると、先陣切る人たちだけでなく、それを支える人、支える体制が必要となります。第三極など、一時は注目集めてもあとが続かないのは、そういう組織作りを蔑ろにしてきたから。元々組織力には定評ある共産党ですが、力を増した分のバックアップ体制の構築に力を入れねば、という状況のようです。

 一方で「焦るなよ」という文字もタイトルにつけました。長年の支持者とおぼしき方が「ようやくの“好機”いう気持ちはわかるが、気を逸りすぎて拙速に動かないで」というご意見。これも確かに、と思わされました。視線が集まるだけに、行動次第ではプラスにマイナスにも働いたりします。ひとつひとつの行為を丁寧にしていこうと。それを思わされました。

 ここまで数度の躍進を止められ、反動右派に力を持たすこととなりました。今度こそ「今まで越せなかった山」を越せるように歩いていきたい所です。